借入審査

即日借入審査のカードローンで今すぐお金を借りるには

18歳でもお金は借りられるの?~消費者金融や銀行カードローンは無理だが、学生ローンは借りれる?


各企業の年齢制限は20歳以上

まだ未成年の学生であっても、学業にお金を使うことは多くあります。そればかりでなく、レジャーやショッピングを楽しんだり、携帯電話の料金を支払うなど、意外にもお金が必要になるものです。
 
お金を借りるなら、消費者金融や銀行カードローンでのキャシングが適していますが、これらのサービスで18歳の未成年が借りられる例はそうありません。
 
消費者金融のモビットでは、20歳~65歳までの申し込みを受け付けています。プロミスとアコムだと20歳~69歳、レイク(新生銀行)なら20歳~70歳まで、銀行のバンクイック(三菱東京UFJ銀行)の場合では20歳~65歳未満です。
 
これらを見ればわかるように、年齢制限が20歳以上であることが原則で、18歳では申し込みができないようになっています。年齢制限は絶対ですので、18歳でも申し込めないかと、各企業に相談しても受け入れてもらえません。今すぐお金が必要な18歳の若者にとっては、大変厳しい壁が立ちふさがっているといえます。
 
 

キャシングが20歳以上である理由

融資をする消費者金融や銀行が、18歳の未成年の申し込みを断る理由には、明確なものがあります。それは法律が大きく関わってきます。
 
20歳に満たない未成年は、親の同意がない限り、法律行為ができないことがまず一点です。そして、未成年が法律行為をすると、取り消すことができるようになっているのがもう一点の理由です。
 
つまり、カードローンやキャシングといった契約を、未成年というだけで、取り消すことができるとも解釈できる法律になっています。このような不確かな契約者に対し、各企業は融資をするリスクを負うことを避けます。確実に契約を守り、返済を滞り無く行なってくれる相手を好むからです。
 
これらの理由があるために、18歳でまだ未成年という立場の学生や若者は、融資までの難易度が極めて高くなっています。ちなみに、アルバイトで収入を得ており、返済ができるほどきちんとした金銭感覚があったとしても、この立場が変わることはありません。
 
 

18歳からでも借りられるところが存在

未成年では融資を受けられないと、がっかりすることはありません。世の中には18歳の学生に対し、融資をしてくれる消費者金融がいくつか存在します。
 
俗に学生ローンと呼ばれているもので、学生の立場であることを証明できれば、これら消費者金融から借りることができます。主に中小の消費者金融がサービスを提供しており、マルイやアミーゴ、友林堂やカレッジ、アイシーローンといった業者が存在します。
 
この中でアミーゴだけは、20歳以上の年齢制限が条件に入っていますが、その他の消費者金融なら特に年齢制限の記載がありませんので、18歳でも申し込める可能性があります。
 
本人確認書類は学生証のみで可能なところが目立ちますが、運転免許証や保険証があると、融資額をアップしてくれる場合があります。
 
ですが、年齢制限が記載されていなくても、18歳では借りられないケースはありますので、事前に問い合わせることをおすすめします。トラブルを避けるためにも、必ず信頼のおける業者の利用に限定しましょう。



スポンサーリンク

 

基本 借入審査 基本 学生ローン

この記事に関連する記事一覧