借入審査

即日借入審査のカードローンで今すぐお金を借りるには

個人事業主の審査はアルバイトより厳しい?~自営業者の収入は不安定である


個人事業主でも借りられる?

個人事業主の場合、一般的にお金を借りるときにはとても面倒な場合もあります。
 
これは例えばローンやキャッシングなどの審査が難しかったりするのですが、実際には収入が低くてもそれなりに借りられる場合はあります。この場合、まず残念ながら、金利が低めで安定して借りられる銀行のローンは何らかの理由がなければやめたほうがいいでしょう。
 
銀行のローンは審査が厳しめになっており、個人事業主では借りられるものも借りられない場合があるのです。カーローンや住宅ローンも通りにくくなっており、収入が低ければなおのこと審査には通りにくい傾向が強くなっているのです。
 
このため、基本的には消費者金融のフリーローンを考えておいたほうがいいでしょう。消費者金融は銀行ほど厳しくありませんし、個人事業主でも借りやすくなっています、厳しくはないのですが、その分若干金利は高めです。
 
また、住宅ローンに関しては郵便局に個人事業主や自営業者向けのローンがあります。こちらも若干金利は高めですが、住宅ローンの審査に通りローンを組める可能性は銀行よりは高くなります。もしお金を借りなくてはならない時には相談してみるといいでしょう。
 
 

アルバイトのほうが個人事業主より信頼性は高い

ところで、残念なことではありますが、個人事業主に関してはアルバイトよりも信頼性が低いのが現状です。
 
これはアルバイトと個人事業主の違いです。同じような定収入でも、アルバイトはある程度収入が安定しており、将来的に返済しやすい環境が続くと見られているのです。一方、個人事業主の中には来月ですらどうなるかわからないという人もいますね。安定した収入とは縁遠いところにある個人事業主も多い以上、お金を借りる時の信頼性はアルバイトの方が高いのです。
 
また、個人事業主の場合は経費は自分で負担することになりますが、アルバイトはそうではありません。このため、出費の額も違い、滞納するリスクも少ないという風に見られるのです。
 
これは収入がほぼ同じという条件のもとでの考え方です。信用できるかどうか、ということは、その人の職業や雇用形態にも関わってくるので、そのような信用度合いについての考えを持たなくてはならない必要があります。
 
ただし、仮に個人事業主で非常に収入が高いのなら、ローンに通る可能性は高くなります。ただしこの場合でも収入が安定しているとは限らないため、金利は普通の会社員よりは高めになりがちなのです。
 
 

もし借金をしたいのなら、安定した収入を

もし個人事業主でもお金を借りたい、というのなら、実はいくつかの方法があります。
 
一つは審査がゆるいところで借りるということです。これは銀行が最も厳しく、特に大手で有名の銀行ほど厳しくなっています。その次に厳しいのが信用金庫や労働金庫などで、こちらは銀行よりも若干ゆるめになっていますが、同様に個人事業主には厳しい結果となることが多いでしょう。
 
(参考)労働金庫
http://all.rokin.or.jp/
 
消費者金融が借りやすいので、もし落選した件数をこれ以上増やさずお金を借りたいというのなら、消費者金融が確実かもしれません。
 
また、安定した収入があると証明できることも大事です。この安定した収入とは、過去五年間の収入証明を添付することで通りやすくなる、としているところもあります。実際、自営業の場合なら3年は経営した実績があるということを証明する必要があるのです。確定申告も3回は必要なので、やはり3年間は自営業・フリーランスでやってきたという実績がないと、安定したとはいえません。
 
最後に、銀行や消費者金融によっても違うということを覚えておきましょう。一般的な会社員と自営業の厳しさの違いは、その銀行や消費者金融、借りたい金額によっても違います。なので、一か所で契約できなくても他のところに行けばできる可能性があります。



スポンサーリンク

 

基本 ビジネスローン

この記事に関連する記事一覧