借入審査

即日借入審査のカードローンで今すぐお金を借りるには

バイクローン審査で、低金利でお金を借りる~30万円や50万円ならばキャッシングでもいい


バイクローンについて

バイクの価格はその排気量によって変わってきますが、新車の値段としては125ccまでの原付きでは15万円から30万円程度。250ccまでの軽自動二輪では、30万円から50万円ほど。400ccまでの普通自動二輪では50万円から80万円で、400ccを超える大型自動二輪ともなると80万円を超えて軽自動車と変わらない値段になります。
 
このため購入するさいにローンを組む人も少なくありません。しかし借金であることには変わらず、そのお金を借りた手数料として金利を支払う必要があります。金利は高ければ高いほど、また返済期間が長ければ長いほど多くの金利を支払う必要があり、負担が大きくなります。このため、低金利の商品を選ぶ必要があります。
 
バイク販売店で取り扱っているものは、手続きの一切を行ってくれるので購入が楽というメリットがありますが、信販系の商品であるため金利が高めです。そのため少しでも金利負担を減らしたければ銀行などで扱っている目的ローンを利用するのがおすすめです。
 
また場合によっては消費者金融などのキャッシングサービスの方が金利が低くなる可能性もあり、そのあたりを見極めて利用するのが良いでしょう。
 
 

バイクローン審査に通るには

バイクローン審査はその商品によって条件が異なってきますが、第一に成人であることが条件というところがほとんどです。これは未成年の場合にはあらゆる契約には保護者の同意が必要であるためで、未成年が無条件で使えるものはありません。
 
また上限年齢も65歳未満であるのがほとんどですが、一部では70歳未満と設定しているところもあります。いずれにしても現役で働ける人が対象になります。また継続して安定した収入がある必要があり、一部の金融機関では勤続年数や年収に関する条件を細かく規定しているものもあります。

人気あるバイクローン

・JAマイカーローン
・マイカーローン「愛車ライフ ネクスト」(八千代銀行)
・マイカーローンASUMO[アスモ](北日本銀行)
・<18>カーライフローン車快人(十八銀行)
・ちば興銀マイカーローン(千葉興業銀行)
・さいきょうマイカーローン(西京銀行)
・しずぎんマイカーローン(静岡銀行)
・マイカーローン(ニューオートローンDX)福岡銀行
・あしぎんマイカーローン「アポインと」(足利銀行)
・とちぎんマイカーローン(栃木銀行)
 
パートやアルバイトといった雇用形態が不安定な場合には利用できないケースもありますが、バイクローン審査で対象としている商品もあります。ただし金利が高めになる傾向があるので注意が必要です。
 
また過去の借入れにおいて信用情報に傷がないことも重要なポイントです。信用情報とはその人の過去の借入れに関する情報のことで、返済の滞納や債務整理などを行った問題のある行動を起こしたさいに登録されるものです。ここに情報が登録されると高い確率で審査に通らないとされます。特に低金利のバイクローン審査であればその確率は高くなります。
 
 

低金利の商品について

低金利のバイクローン審査の基準は目的ローンとはいえ、その性質上、簡単に通るというものではありませんが、試してみるだけの価値はあるものです。理由としては金利が4%以下と低金利に設定されているところであり、そのほかの手段でお金を調達することを思えば金利負担が大幅に低いためです。
 
ただし自動車の購入と異なりバイクは趣味という色合いが強く、審査が厳しくなりがちで、審査に通らないことも多々あります。
 
バイクローン審査に通らなかった場合の購入資金調達の方法としては金利が高くなりますが消費者金融のキャッシングや銀行のカードローンを利用する方法があります。これらのサービスではバイクローン審査に比べて審査基準がゆるやかな傾向にありバイクローン審査に通らなくても通る可能性があります。またいつでもお金を借りられるので、借りやすいといったメリットがあります。
 
また継続的に利用し契約にもとづく返済をしっかりと行っていれば、金利の引き下げも期待できます。特に高額所得者で信用度がもっとも高い人であれば、バイクローン審査を受けるよりも、これらの商品を利用して資金を調達する方が金利負担も低く、またバイクローン審査にかかる時間も節約することができるメリットがあります。



スポンサーリンク

 

基本 自動車ローン

この記事に関連する記事一覧