借入審査

即日借入審査のカードローンで今すぐお金を借りるには

長期延滞や債務整理などで金融事故を起した場合、今持ってるカードは強制解約になるの?


スポンサーリンク

金融事故情報とはどのようなものか

銀行や消費者金融から借りたお金を期日までに返済出来ない場合、そのことが信用情報機関に登録されます。これを事故情報と呼びます。
 
事故情報は、その信用情報機関に登録されている金融業者が閲覧することが可能なので、ローンの申し込みがあり、その申込者の名前と住所で検索して、西暦何年の何月からローンの返済が滞っているという情報が登録されていた場合、当然、申込者は審査に落ちる可能性が高くなります。
 
ただ、返済が遅れたら必ず情報が登録されるというわけではありません。たとえば、数日間返済が遅れただけで、金融事故扱いされるということはないのです。
 
 

多少の遅れであれば記録されることはない

では、キャッシングの返済が一週間以上遅れて、督促の電話が何度もかかってきたという場合はどうでしょうか。この場合も、事故として登録されることは避けられるでしょう。登録される可能性が高いのは、一ヶ月以上遅らせてしまい、カードの契約が解除されてしまった段階です。
 
この状況になってしまうと、お金を返そうと、他社に申し込んでお金を借りるということも出来なくなってしまいます。ただ、最終的に全額返した場合は、情報はいずれ消えるので、その後に別の貸金業者にキャッシングの申し込みを行うことは可能ですし、条件がクリア出来ればクレジットカードも作れるでしょう。
 
 

債務整理をしたら所持しているクレジットカードはどうなるか

では、たとえば特定の貸金業者の債務のみを整理して、クレジットカードなどはそのまま残した場合、いずれカードが解約されてしまうことはあるでしょうか。
 
こういったケースでは、カードの審査担当者が、どのタイミングで信用情報機関のデータにアクセスするかによって変わってきます。債務整理後、すぐにクレジットカードの更新があった場合、カード会社の審査担当者は、このまま更新していいかどうかの審査を行うので、もしそこで信用情報機関に記載されている債務整理をしたという記録を見た場合は、更新を見送る、つまり今のカードの有効期限が切れたら解約扱いにする可能性があります。



スポンサーリンク

 

コラム

この記事に関連する記事一覧