借入審査

即日借入審査のカードローンで今すぐお金を借りるには

キャッシングでお金を借りる時、他社借入件数や借金総額、勤続年数などの嘘はダメ


スポンサーリンク

嘘は信用を著しく落とす

日本にはいろいろなことわざがあって「嘘も方便」などと言うこともあります。嘘をついたとしても、その結果として良い方向へ向かうのなら方便として使っても良いという意味で用いられます。それは日本の文化として大事にしていけば良いのですが、キャシングの審査の時には、嘘が致命的な原因になることもありますから注意しなければなりません。
 
バレなければ良いと考える人もいるようですが、そう考えるべきではありません。また、不安があって嘘をついてしまう人もいるようなのですが、絶対にするべきではないでしょう。
 
お金を借りるときに最も大事なものが「信用」です。信用がないと借りることはできません、嘘をつくことによって、信用を著しく落としてしまうことになるでしょう。それによって二度と借りられなくなることもありますから注意しなければなりません。嘘はバレるものだと考えておいた方が良いです。バレる仕組みをここでいくつか紹介したいと思います。
 
 

勤続年数の嘘がばれるケース

勤続年数が短いと審査で不利になります。そのために、実際よりも長く書いて申し込みを使用と考える人もいるようです。今まで金融関連のサービスを一切利用したことのない人なら、それがバレない可能性はありますが、金融業界というのは互いに情報を共有し合っていますから、それによってバレる可能性があります。
 
転職をすると、金融機関に対して変更の届けをしなければならないのが普通です。例えばクレジットカードを作るときには、会社の情報を記入します。転職をすればもちろんそれを届け出なければなりません。
 
その情報は、信用情報として共有されるという点に注意が必要です。ですから、キャシングやカードローンの申し込みをするときに、勤続年数を実際よりも長く記入して申し込んだ場合に、信用情報の調査の段階でバレてしまうことがあるという点に注意しなければならないのです。これが原因で落ちたとしても、原因は教えてくれませんから、知らない人も多くいるようです。
 
 

書類からバレるケース

貸金業法が改正されたことによって、消費者金融などから50万円を超える融資を受けようと思えば、収入証明書類の提出が義務づけられました。そのために源泉徴収票の提出をするケースが多くなってきたのです。
>>収入証明不要でのキャッシングも可能である?
 
源泉徴収票を提出することによって、年収を偽ってもすぐにバレてしまうことが分かるでしょう。貸金業法では50万円を超える融資の際には提出しなければならないと定められいます。それとともに、複数社から借入をする際には、その合計金額が100万円を超えるときにも提出しなければならないと定められていますから注意しなければなりません。提出しなくて良いと思っていたのに提出を求められるケースもあるのです。
 
法的な理由だけではなく、業者側が独自に提出を求めるケースもありますから、これも注意が必要です。また、源泉徴収票には年収だけではなくて、入社した、あるいは退社した情報なども記載されますから、それによって勤続年数がバレてしまうこともあります。



スポンサーリンク

 

基本 借入審査

この記事に関連する記事一覧