借入審査

即日借入審査のカードローンで今すぐお金を借りるには

リフォームローンの選び方~銀行の目的別ローンでお金を借りるのがベスト


スポンサーリンク

思ったほど審査が厳しくないリフォームローン

住宅ローンと違い、リフォームローンは目的別ローンに分類されることも多く、住宅ローンのような厳しい審査にはなっていないことが多いです。
 
目的別ローンにはブライダルローンやマイカーローン、教育ローンなど目的によって別れており、リフォームローンを選択した場合はその他のことにお金を使うことはできません。見積書は必須となりますが、場合によっては収入証明書の提出も不要なケースもあります。
 
どの程度リフォームをするかによって異なりますが、300万円以下の借入であれば収入証明が不要の銀行もあります。銀行から借り入れをする場合、総量規制の対象外となっていますので、年収の3分の1以上であっても借りることができます。
 
 

金利と営業区域で銀行を選べ

中にはローンの契約に特定の地域に住んでいなくてはならないケースもあります。全国で対応している金融機関もあります。地方銀行の場合は遠方で契約することが難しい場合もありますので、自分の住んでいる地域ではどの銀行と契約ができるのか調べておく必要があります。
 
金融機関によって金利も異なりますが、1%以下~3%程度が平均的な金利となっています。フリーローンなどと比較しても目的のあるローンは非常に金利が低いです。それは一度借入をしたら追加でキャシングをすることができないためです。
 
借りたあとは毎月計画的に返済していくことになります。随時返済のルールも金融機関によって異なりますが、契約後に一括返済を認めていないところもあります。ボーナスで返そうと思っている場合は注意しましょう。
 
 

申込と審査の流れについて

リフォームローンの申込は金融機関の窓口の他、ネット上から行なえる銀行もあります。最短で即日回答をしてもらえるところもありますので、あまり待ちたくない場合は即日回答をしてくれる銀行を選びましょう。

人気の銀行リフォームローン

・楽天銀行
・イオン銀行
・住信SBIネット銀行
・新生銀行
・三菱東京UFJ銀行
 
注意点として、あまりにたくさんの銀行に申込をしないということです。審査をするたびに申込があったことが信用情報に記録されますので、申込ブラックとなってしまう可能性あるためです。自分が契約したい金融機関にランキングをつけて、順番に申込をすると良いでしょう。3件以上落ちてしまった場合、1ヶ月は間を空けてから申込をすると良いです。
 
審査に通った場合は見積書や収入証明書、振り込み依頼書などの提出を行ないます。早い金融機関でも融資まで1週間程度かかります。



スポンサードリンク


 

基本 住宅ローン

この記事に関連する記事一覧