借入審査

即日借入審査のカードローンで今すぐお金を借りるには

他社借入が2件、3件ある状態で銀行のカードローンの審査に可決する


スポンサーリンク

複数借入が審査に及ぼす影響

銀行にしろ消費者金融や街金(零細の消費者金融)にしろ、キャッシングやカードローンを利用する際には必ず審査を受けなくてはなりません。そこではさまざまな情報を伝えることが必要とされるのですが、その中でも特に重要な部分となっているのが「現在の借り入れ状況」(他社借入件数や借入総額)です。
 
ここには契約を申し込んでいる人が現在他の業者からどれくらいのお金を借りているのかということを書きこむのですが、ここは基本的に既に契約している業者の借入件数や借入額が少ないほど有利になります。
 
ではどうしてこういった影響が出てくるのかというと、基本的にどのような業者であっても多重債務者には警戒心を持つからです。例えば現在一円も借金をしていない人と、他社三社から合計100万円を借りているという人が申込みをした場合、間違いなく前者の方が有利になります。
 
これは現状一円も借りていないと言う人であれば自社の貸し付けだけでリスク判断が出来ますから、自社が多く貸しつけなければ返済不能になるリスクは無いとして判断できるからです。対して後者の場合は既に三社と契約している以上かなり借金を重ねやすい状況にありますし、そこに自社が貸し付けると多重債務がさらに悪化して返済が出来なくなるリスクが増えるでしょう。
 
こうした判断は特に銀行系業者で厳しく行われているのです。
 
 

銀行の審査で他行からの借入がバレる理由とは

さて、では銀行が実際にどれくらい厳しいかと言うと、これは銀行にもよりますが、厳しいところだと他行と契約しているようであればその人には融資をしないと判断するとこもあります。多少基準が緩めに設定されている銀行であっても、既に二つの銀行(他社借入2件)から借りているということになるとかなり厳しい結果になりやすいでしょう。
 
ですがここで少し気になるのが「自分が黙っていれば相手は気付かないのでは」ということです。確かに審査の際に自分は今一円も借金をしていませんと伝えて、相手がそれを信じれば自分の信用はかなり優れているとして思いこませることが出来るでしょう。ただ現実にこれが可能かと言うと、まず間違いなく不可能です。
 
と言うのも銀行も消費者金融も、申込みがあった場合には必ずその人の個人信用情報を確認するからです。個人信用情報は信用情報機関という団体が管理する情報で、ここにはそれぞれの個人がこれまでどういった業者でいくら借り、返済をどのようにしてきたのかといった情報が掲載されています。
 
これがある以上は情報を偽っても必ずそれがバレてしまいますし、むしろ情報を偽ったということで信用はほぼゼロとして扱われてしまいます。そのため嘘をつくのは全く意味が無く、自分に利益の無いことなのです。
 
 

お金を借りる時に嘘をついてしまうとどうなるの?

しかしながら絶対に嘘をつくなというのもかなり厳しいと言えるでしょう。特に他社からの借入額ということになると、完全に把握できていないということもあり得ます。例えば本当は11万円の借入があるのに10万円と申し込み用紙に書いてしまったなどの場合ですが、これはあまり問題にならず、単なる誤差として処理される可能性が高いです。
 
ですから病的に気にする必要は無いとして考えて良いわけです。ただこれが10万円単位で記録と違うということになると流石に銀行側も怪しいとして見ざるを得ませんし、そうなれば虚偽記載として扱うことになってしまいます。もし自分の借入額が分からなくなってしまったということであれば、この際には必ずこれまでの返済時の明細をチェックするようにしましょう。
 
明細には貸付残高もしっかり記載されていますから、明細を揃えて合算していけば自分の現在の借入総額は明らかになります。もし明細を無くしてしまった場合であっても各業者に対して問い合わせをかければ答えてくれますから、残りの返済額が分からないという際にはすぐに確認を取りましょう
 
お金の貸し借りでは個人でも業者でも誠実さが重要視されます。嘘をついてしまった場合、それが故意かそうではないかによらず悪い影響が出る可能性がありますので、常に誠実に向き合うように心がけましょう。



スポンサードリンク


 

基本 借入審査

この記事に関連する記事一覧