借入審査

即日借入審査のカードローンで今すぐお金を借りるには

キャッシングと年収の関係には何がある?消費者金融は総量規制で銀行カードローンは総量規制対象外




スポンサーリンク

キャッシングにおける年収の重要性

キャッシングでは最初の申し込みの際、必ず自身の年収の額を申告することが求められるようになっています。自分が毎年どのくらいの収入があるのかということについては個人情報であるため、あまり伝えたくないというような人もいるのですが、これを伝えないということになると融資はしてもらえなくなるでしょう。
 
ではキャッシングにおいてどうして年収を伝える必要があるのかと言うと、端的に述べてしまえば「申し込み者の返済能力を判断するため」という目的があるからです。
 
この金額がたった数万円しかないという人にはお金を貸しても返済してくれない可能性が高いということになってしまいますし、逆に多くの収入がある人であれば大量に貸し付けをしても返済してくれる可能性が高いとして判断することが出来ます。
 
ただここで勘違いしないようにしたいのが「年収が少ないから融資をしない」というような単純な判断は早々行われないということです。そんな事情は鑑みるまでもなく、アルバイトやパート、派遣社員などの低収入の方でもお金を借りられます。
 
もちろんその年収がゼロ円になってしまっている(無職・無収入)のであれば特別なプランなどを利用しない限り融資をしてもらえる可能性もほぼゼロですが、そうではなく多少でも収入があれば認めてもらえる可能性はあるのです。このことはまずしっかり覚えておきましょう。
>>キャッシング審査が通らない原因は勤続年数の問題はある?
 
 

消費者金融キャッシングと年収の関係

さて、ではそうしたことが基本であるとして述べた上で、まずは消費者金融系業者との関係をチェックしましょう。
 
消費者金融や街金とは貸金業者、ざっくり言ってしまえば経営母体が銀行ではない消費融資をしている業者のことです。この業者において年収は返済能力の判断のほか、総量規制に引っ掛からないかどうかということでもチェックされるようになっています。
 
総量規制とは現在試行されている改正貸金業法の中で設けられた融資額の制限のことであり、貸金業者は融資申し込みをした人に対して年間収入額の三分の一までしか融資を出来ないというようになっています。
 
返済能力を判断することにはもちろん利用されるのですが、この制限を超えてしまうとその業者は貸金業法違反とされてしまいますから、他社との借入額を合算し、今回の申し込みでその上限を超えることがないかどうかということをチェックするのです。
 
もしその確認の中で上限額を超えるというようになったのであれば、当然その契約は受け付けてもらえないということになります。後述する銀行系業者と比べると借りやすい点がメリットではありますが、消費者金融系業者とはこういった関係があるとして覚えておきましょう。
 
 

銀行系業者のキャッシングとの関係

では次に銀行系業者、つまり経営母体が銀行であるキャッシングと年収の関係について見ていきましょう。
 
先ほど総量規制について触れましたが、これは貸金業法と言う法律によって設けられているものです。しかし銀行系業者が守るべき法律は貸金業法ではなく、銀行法という法律になっています。銀行法では総量規制を設けているということがありませんから、年間収入額によって融資額に上限が設定されるというようなことがありません。
 
ただしかし、この三分の一というボーダーラインについては事前に確認しておく必要があるでしょう。というのも、こういった融資の判断では「毎年の収入の三分の一が返済できる限界である」というような考え方が一般的だからです。
 
もちろん銀行系業者は総量規制を考慮する必要はないために三分の一以上の融資が出来ないわけではないのですが、例えば毎年300万円の収入がある人に対して300万円を貸し付けてしまうと、返済をしてもらえる可能性はかなり低くなってきます。
 
半額の150万円程度であれば信用次第で可能性が無いわけでもないのですが、やはり一般的な上限は100万円と言うことになるでしょう。そのため銀行系業者のキャッシングを利用する際も、この三分の一のボーダーラインは覚えておいた方が良いのです。



スポンサーリンク

 

基本 借入審査

この記事に関連する記事一覧