借入審査

即日借入審査のカードローンで今すぐお金を借りるには

残高不足時にお金の融資が受けられる自動融資とは?


スポンサーリンク

お金の借り入れができるサービスの利便性について

昔と比較して現在では借金を手軽に行える世の中となっていて、様々な金融業者がカードローンのサービスを提供しています。お金を借りる必要があるときに、簡単な手続きのみで融資が受けられるものも多く、それぞれの業者ごとに設定されているサービスの内容が異なっています。
 
そのためにカードローンを選ぶときには、金利や融資までのスピード、使いやすさなど利用者ごとのニーズによって選択するものに違いが出てくるものと考えられます。
 
消費者金融が行っているサービスの利便性はますます向上しており、すぐに融資を受けたいときには24時間いつでも申込みができる業者や、審査のスピードが早いところを選択しておけば即日融資にも対応してくれます。
 
低金利で借りることを目的としているときには、無利息期間のサービスが行われている業者を選択することや、金利そのものが安いところ、ATMを使って借り入れや返済をするときに手数料が無料になるところを選ぶとお得です。便利さを重視したときには、インターネット上で振込み融資が行える業者であれば店舗やATMまで来店する必要がなくなりますし、ATMを使うことを考えているときには、提携先に大手のコンビニATMがあれば全国の様々な地域で使うことが可能です。
 
 

銀行口座の残高不足に対応してくれるサービス

このように消費者金融の行っているサービスは、利便性の側面においての向上が目覚ましいですが、その中でも注目するべき機能として残高不足のときに融資が受けられるサービスとなります。
 
お金を借りることを考える時期は、一般的には給料日前になることが多く、色々な人からの誘いや飲み会、突発的な出費が必要になったときに、預貯金を使い切ってしまって残高が不足してしまう事態があると思います。
 
金融業者のサービスによっては、銀行口座を指定しておくことによって、光熱費やクレジットカードの支払いについて、その口座から自動的に支払われるように設定しておけば、残高不足のときに連動して融資を行ってくれるサービスをしているところがあります。銀行口座の残高不足と連動して、光熱費などの支払い時において残高が足りなくなってしまったときに、自動的に融資を行ってくれるカードローンの機能があれば、万が一お金が無くなったときに便利です。
 
消費者金融のキャッシングの場合には、指定の銀行口座に振込み融資の依頼をすることで対応する形となりますが、それだと手続きが必要になりますし、融資が実行されるまでに時間がかかってしまうことも考えられます。
 
 

自動融資サービスのメリットについて

カードローンの種類には消費者金融が行っているものの他に、銀行が提供している融資サービスも存在しています。ほとんどの人が特定の銀行口座から、電気代や水道代などの光熱費を引き落とす形にしているものと思います。銀行のカードローンを選択しておけば、その銀行の口座を振込み先に指定しておくことで、残高不足時における自動融資のサービスを行っているところもあります。
 
また、大手銀行であれば借り入れ用のカードを作らなくても、元々保有しているキャッシュカードに借り入れ機能を付けることで、ATMを使って現金の融資が受けられるサービスが提供されています。
 
この方法を利用できる銀行であれば、新規に手続きを行わなくても、元々持っている口座からキャッシングが行えるようになります。自動融資サービスの大きなメリットというものは、引落日を万が一忘れていても支払いをすることができる点や、今まで使用しているキャッシュカードをそのまま使えるということ、新規の借り入れの手続きをしなくても良いことなどが挙げられます。
 
借り入れをすることで利息を付けて返済することになりますが、利便性が高いことから自動融資サービスのある銀行を選択しておくことがおすすめです。

 

コラム

担保なしでお金を借りれるプロパー融資とは?~基本は事業性資金である


スポンサーリンク

プロパー融資は保証なしで借りる方法

借金の方法はすでにたくさんありますから、事業性資金を選ぶ際には様々な手段の中から適したものを選ぶでしょう。最近ではプロパー融資が増えてきていて、現在では人気を集めています。一般的な融資とプロパー融資との比較をすることは大事なことの一つだと考えられます。
 
プロパー融資とは、分かりやすく言うと、信用保証協会の保証を受けない融資を指します。個人向けの融資ではなくて事業資金としての融資になるのが普通です。信用保証協会の保証を受けないと言うことですから、つまり保証人なしで借りられると言うことを意味します。
 
個人向けの融資を利用しようと思ったときにも保証を受けなければならないことが多いのですから、企業向けの大きな資金に対して保証が必要ないというと、少し不思議な感じがするかも知れませんが、貸す側としてはそれを見込んで貸すわけですから、それなりに理由はあるからです。
 
事業計画や財務書類などを見ることによって、融資をしても大丈夫だろうと思った企業に対してしか融資は行いませんから、プロパー融資を受けられると言うことは、有望企業だと判断されたと言っても言いすぎではないでしょう。では、ほかの融資とどう違うのでしょうか。
 
 

プロパー融資でお金を借りるときの特徴

プロパー融資が一般的な融資と異なる点について理解しておくことは、今後の経営を進めていく上で有用です。最も大きな違いは保証があるのかどうかと言うことです。
 
金融機関が保証を利用せずに融資を行いますから、リスクを負うことを認めた上で融資を行っています。これが最も大きな違いなのですが、ほかの部分では細かい部分で異なっています。プロパー融資を行う金融機関は主に銀行です。消費者金融が行う融資についてはプロパー融資とは呼ばないのが普通です。
 
一般の融資では担保を必要としないことが多いですが、プロパー融資では担保を求められることもあります。保証協会の保証がないと言うことを考えれば、金融機関のリスクは非常に大きいと言えるでしょう。いざというときに保証をしてくれるところがなければ、リスクが顕在化したときの損失はすべて抱えなければならないのです。
 
保証協会の保証がないためにリスクを丸々抱えなければならず、そのために担保を要求すると言えばわかりやすいのではないでしょうか。逆に言えば、担保を要求されないのなら、銀行という金融のプロの目から見て事業が健全だと言ってもらっているようなものだと言えるでしょう。
 
 

どちらでお金を借りれば良いのか

一般的な融資とプロパー融資は、どちらが優れているのかというと、これは一概には言えません。どちらにも利点があることは否定できないのです。ただ、経営者としては冷静に判断することが求められます。例えば、十分な金額を借りられるのかどうかと言うことは大事な判断の基準ですし、金利についてもしっかりと見極めることが必要となります。
 
銀行としてはリスク管理の上から信用保証協会を利用したいと考えるのは当然のことだと言えるでしょう。しかし、そうすると企業は保証料を支払わなければなりませんから、銀行に支払える利息の金額には制限が加えられます。銀行としては、保証協会に保証料を支払われるよりも、銀行に利息を支払ってもらいたいと考えるのは自然なことでしょう。
 
そのため、リスクがあまり高くないと判断したのであれば、信用保証協会を利用することを求めずに、プロパー融資を進めてくることもあります。プロパー融資を受けることができる企業は限られていると言えるでしょう。信用を得なければなりませんから、そのために時間がかかることもあります。
 
ただ、健全に融資を受けて健全に返済を続けていれば信用を得ることはできますから、何よりもこつこつ経営を高めていくことが大事です。

 

基本 お金を借りる コラム

結婚資金はブライダルローン(目的別ローン)でお金を借りるのがいい?


スポンサーリンク

ブライダルローンとは

結婚をするのはとても幸せなことでしょう。これまで関わってきた人たちに対してお礼をする機会でもありますし、晴れ姿でもある結婚式はぜひ行いたいもの。婚約指輪で素敵にプロポーズしたいし、結婚指輪は結婚しているのですから欠かせません。また、新婚旅行をして思い出を作ったり、結納をして婚約を公的なものにしたり、新居も必要ですし、新居に必要な家具や家電も必要でしょう。
 
とはいえ、そんなことをしていたら費用はいくらあっても足りません。貯金があってもすぐに飛んでいきますし、もしできちゃったのなら貯金をしている暇なんてありませんよね。
 
そんな時おすすめなのが、ブライダルローンです。ブライダルローンは結婚に関する様々なイベントや出費のためにお金を借りることができるローンです。特に一般的なローンと違い、多目的ローンといわれるものに該当します。出費はもちろんかさみますが、もし必要ならお金を借りて新婚の二人でしっかり返済していくこともできるでしょう。
 
このため、ブライダルローンで結婚のイベントをより豪華なものにしたり、新居を余裕のあるものにしたり、行けないと諦めていた新婚旅行に行けるかもしれませんよ。
 
 

ブライダルローンのメリット

ブライダルローンには、普通の借金とは違い様々なメリットがあります。ひとつは結婚にかかる様々な費用に使えるということです。これは新居の敷金・礼金などもそうですし、結婚式費用の足りない分に使うこともできます。
 
もちろん新婚旅行なら旅行もできますし、婚約指輪や結婚指輪、各種記念品を購入することもできます。ブライダルエステにも使えますよ。他のローンならフリーローンなどでもない限りここまで自由にお金を借りられる機会はありません。
 
また、比較的金利が低め、というのもメリットです。実はブライダルローンは他のローンよりも若干ローンの利率が低めです。比較的若い人が利用することが多いので、金利は低めになりその分長く返済することもできるとされています。
 
手元からお金を失わなくて済むメリットもありますね。もしこれから出産を控えているという人や、高齢で結婚したらすぐに不妊治療をしなくてはならないのなら、貯金があると助かります。このため、結婚に関する様々なイベントで貯金を失ってしまうのよりも、何かあった時のためにと取っておけるのは大きなメリットです。その分、不足してしまう分はお金を借りてもいいのではないでしょうか。
 
 

ブライダルローンで気をつけたいポイント

ブライダルローンを使うとき、気をつけたいポイントがあります。まず、基本的な返済プランを考えて借り入れ額を決めるということでしょう。借り入れをし過ぎると毎月の返済が辛くなり、喧嘩して離婚ということになりかねません。このため、借り入れし過ぎると今度は長期的な借金に困ってしまいますから、返済プランを考えましょう。ちなみに借り入れ前にシミュレーションをしてくれるサービスがある金融機関もありますから、活用しない手はありません。
 
次に用途についてです。いろいろなことに使えるのがブライダルローンのメリットですが、これは消費者金融やゆるい銀行などの例です。実は厳しい銀行に関してはブライダルローンのサービスはあっても、想定しているのは結婚式の費用だけとしているところもあります。
 
この場合、ブライダルエステの費用を借りたいのならフリーローンとして借りるということになるかもしれませんので、銀行ごとに違うブライダルローンの用途がどのような用途になっているかをチェックして、いいローンや使いたい用途に当てはまっているところから借りたいものです。
 
とはいえ、ブライダルローンは幸せなことですから、最初に余裕を持っていたほうが結婚生活が幸せになる場合もあります。

 

基本 お金を借りる コラム

長期延滞や債務整理などで金融事故を起した場合、今持ってるカードは強制解約になるの?


スポンサーリンク

金融事故情報とはどのようなものか

銀行や消費者金融から借りたお金を期日までに返済出来ない場合、そのことが信用情報機関に登録されます。これを事故情報と呼びます。
 
事故情報は、その信用情報機関に登録されている金融業者が閲覧することが可能なので、ローンの申し込みがあり、その申込者の名前と住所で検索して、西暦何年の何月からローンの返済が滞っているという情報が登録されていた場合、当然、申込者は審査に落ちる可能性が高くなります。
 
ただ、返済が遅れたら必ず情報が登録されるというわけではありません。たとえば、数日間返済が遅れただけで、金融事故扱いされるということはないのです。
 
 

多少の遅れであれば記録されることはない

では、キャッシングの返済が一週間以上遅れて、督促の電話が何度もかかってきたという場合はどうでしょうか。この場合も、事故として登録されることは避けられるでしょう。登録される可能性が高いのは、一ヶ月以上遅らせてしまい、カードの契約が解除されてしまった段階です。
 
この状況になってしまうと、お金を返そうと、他社に申し込んでお金を借りるということも出来なくなってしまいます。ただ、最終的に全額返した場合は、情報はいずれ消えるので、その後に別の貸金業者にキャッシングの申し込みを行うことは可能ですし、条件がクリア出来ればクレジットカードも作れるでしょう。
 
 

債務整理をしたら所持しているクレジットカードはどうなるか

では、たとえば特定の貸金業者の債務のみを整理して、クレジットカードなどはそのまま残した場合、いずれカードが解約されてしまうことはあるでしょうか。
 
こういったケースでは、カードの審査担当者が、どのタイミングで信用情報機関のデータにアクセスするかによって変わってきます。債務整理後、すぐにクレジットカードの更新があった場合、カード会社の審査担当者は、このまま更新していいかどうかの審査を行うので、もしそこで信用情報機関に記載されている債務整理をしたという記録を見た場合は、更新を見送る、つまり今のカードの有効期限が切れたら解約扱いにする可能性があります。

 

コラム

デンタルローンは銀行、信販会社、キャッシングなど、どこでお金を借りるのがいいの?


スポンサーリンク

歯の治療を分割払いで

歯の治療費は他の医療費より高額になるケースが多いとされています。普通の虫歯治療でも義歯の種類によっては保険治療ではなく自由診療の扱いになる事も多いからです。通常の病院とは違って保険診療と自由診療が同一の治療の中で混ざり合う事が多いのです。
 
また、インプラント治療や歯の矯正となると初めから自由診療となり数十万円から百万円単位の治療費となってしまいます。この場合は一括でお金を払う事が難しくなるためにローンを組むことが一般的です。
 
大抵の歯科ではデンタルローンと言う歯科医療専門のローンを取り扱っていますが、歯科を通さずに個人で申し込む事も可能です。
 
 

デンタルローンとは何か

通常、生活費等のお金を借りる場合はキャッシング等のフリーローンを使う事が多いでしょう。目的を固定せず何に使っても自由なローンです。
 
しかし金利がそれなりに高いということもあり、歯科治療でかかる百万円単位の金額を通常のキャッシングで用立てた場合、歯科治療で多重債務者となり場合によっては自己破産まで追い込まれる可能性すらあるのです。
 
そこで銀行ではなくて信販会社が歯の治療目的に限った金利の安いローンを用意しているのです。通常は歯科治療を始める際に治療金額見積もりをローン会社に歯科より出してもらい、それに合わせて審査、認定、振り込み、治療開始という流れになります。
 
 

デンタルローンのメリット

デンタルローンのメリットは何といっても金利の安さでしょう。高額な治療費にも対応できるように年利5~10%と通常のローンよりかなり低い金利設定となっており、資金に余裕がない人でも安心して高度の医療を受ける事ができるようになっています。
 
また、普通は総量規制という決まりによって年収の三分の一以上のローンは組めないことになっています。しかしデンタルローンは歯の治療限定という事でい一般の消費行為とは分けて考えられており、この総量規制の対象外です。従ってある程度ローン支払いがある人でも申し込みができるのです。返済回数も最長84回(7年)と余裕があります。

 

基本 お金を借りる コラム

国民年金の延滞に注意しよう~延滞金を考慮すると銀行カードローンで借りて払った方がいい


スポンサーリンク

国民年金の仕組みは税金と似ている

国民年金は税金と似た性質があり、債務整理をして延滞分を解消することはできません。ローン返済よりも年金納付のほうが優先順位が高いと言えます。もし延滞した場合は、年率14.6%の延滞金が発生します。
 
これは銀行カードローンと同程度の金利であり、延滞するほど納付額が増えて生活を圧迫します。国民年金の納付が難しい方は、免除制度を利用するのも手です。収入に応じて免除額が設定され、最高では全額免除となります。
 
ただし、将来もらえる年金は少なくなるため、納付している状態と同じではありません。将来満額の年金を受け取るためにも、なるべく全額納付を心がけたいものです。
 
 

多目的ローンで支払いをする

カードローンなどの多目的ローンは、用途の幅が広いのがメリットです。他社借入金の返済は不可とするローンも多いですが、納税資金は不可と記載されているローンはほとんどないため、国民年金の納付にも使えます。
 
お金を借りるときに注意したいのは、延滞金よりも低金利で貸付を受けることです。14.6%の延滞金を支払うために18.0%のローンを利用しても損をするだけです。低金利で借りるためには、銀行や信用金庫のカードローンをおすすめします。年金納付が目的ならば、初回にまとめて融資を受けたほうがいいでしょう。
 
ローンカード発行なしで借りられるフリーローンは、カードローンと比べて金利が低いです。
 
 

延滞が続くとどうなるのか?

国民年金の延滞が続くと、納付請求をされることになります。貸金業者ほどは厳しくありませんが、最近は民間企業に回収作業が委託されつつあり、以前と比べると厳しくなってきています。何より納付を延滞するほど、後からまとめて納付する必要があるので大変です。
 
一般的に3ヶ月延滞してしまうと、納付ペースを月1回に戻すのは難しいのです。
 
納付ができない場合はカードローンで借りて納めるのも手ですが、根本的に家計の見直しをしないと厳しいです。節約をして余剰金を増やす、または単発バイトをして収入を増やすなどの対策が必要でしょう。借りたお金には利息がつきますが、稼いだお金にはつきません。
 
(参考)単発のアルバイト・バイト-マイナビバイト
http://baito.mynavi.jp/kodawari/tanpatsu/

 

コラム

貧乏であっても結婚式や結婚生活はできる?控除やキャッシングを上手に活用するといいね


スポンサーリンク

お金がないから結婚できないと考える若者

お金がないから結婚できないと考えているカップルは年々増加傾向にあり、また恋人がいない人でも「経済的にもう少し楽になってからでないと考えられない」と思い込んでしまっている人の割合も少なくありません。
 
「養うことができない」「彼の収入じゃ生活できない」といったことを考えてのことでしょう。しかし実際には結婚することでカップルが得るメリットも多いものです。今は少子化が深刻化し、国や地方自治も積極的に取り組むべき問題となっています。
 
そのため若い夫婦には住居の支援などを行っている地方自治も多く、都会のみならず、過疎化を食い止めて、子育てのしやすさをアピールしていと考えている地方は、更にその支援が充実しています。また夫婦となれば今までそれぞれが支払っていた税金で控除が得られます。そのことによってかなりの額の税金が減ります。
 
もちろんどちらかが扶養でいられるだけの年収に抑えなければならないのですが、その額は年間で110万円もあります。減った税金と照らし合わせると、かなり有利になったという人も多く見られます。子供ができればそれに対する助成や支援も大きく、これから先ももっと充実することは期待できます。
 
 

お金がなくても結婚式はしたいから

結婚式のための貯金ができていないことで結婚できないと考えているカップルもいます。
 
しかし御祝儀があります。近頃では御祝儀の範囲で挙げられる結婚式もありますし、御祝儀の全国平均は226.3万円。最も多いのは200万円から250万円の範囲です。結婚式の費用は300万円から450万円が最も多いということですから、かなりの額は相殺できることになります。
 
また日にちを検討すると、安くあげられる日もあります。あまりに御祝儀ばかりを当てにしているような結婚式だと顰蹙を浴びてしまいます。その後の人間関係も関わってきますので、けちけちしているところが目立つような式は避けたいところです。
 
ナイトウエディングのように、時間で格安の結婚式を提供しているものもあります。完全会費制も広く選ばれています。調べる労を惜しまなければ、有益な情報は転がっています。手作りを増やせば、こだわりと見せながらコスト削減が可能です。カード払いができるものはカードで支払い、ポイント還元を狙うのもお得でしょう。
 
あえてウエディング資金や新生活にかかる資金をローンにして、現金を守りながら計画的に返済してゆく方法もあります。
 
 

お金を残してウエディングを

かかる資金をすべて現金で支払うと、なにか合った時の蓄えに不安が生まれてしまいます。お金を手元に残し、ウエディング資金や新生活にかかる資金をローンにする方法は有益です。
 
このように用途がはっきりしているものに関しては、銀行やその他の貸金業者も金利が低めに設定されています。審査についても無担保保証人不要は同じでも、フリーローンではないことから柔軟な審査を行う傾向にあります。
 
特に銀行のウエディングローンは給与振り込みをその銀行口座で行ったり、公共料金の引き落とし口座にしていることで、金利が優遇されることも多々見られます。銀行にしてみれば、新婚の時からお付き合いすると、将来的に家取得のためのマイホームローンなども、同じ銀行で検討することも期待できます。
>>結婚費用のためにお金を借りる~ブライダルローンはどこがいいの?
 
様々なライフスタイルの変化やライフスタイルで頼りにしてもらえるような、優良顧客に成長する可能性が大です。積極的に貸し付けを行いたい属性の一つです。
 
お互いが良い方向で付き合えるようになりますので、有益なのです。若い二人であれば更に長く付き合える顧客に成長します。お金がないから無理だと考える前に、そういったことまで含めて検討すると、決してマイナスばかりでないということに気がつくでしょう。

 

コラム

引越し費用の節約方法する方法はある?お金が不足した時はキャッシングに頼る


スポンサーリンク

引越しは費用がかかるもの

引越しというのは、一人暮らしであっても様々な費用がかかり、大きな出費となるものです。新居を契約する為に必要な敷金や礼金で、大きな出費となるだけでなく、引越し自体にも高額な費用がかかる事が少なくありません。
 
一人暮らしの荷物であっても、家具や家電が多ければ、10万円近い費用が必要になってしまう事も珍しくありません。その他、不用品が多く出てくれば、処分の為の費用がかかる他、住んでいた家の近所の人への挨拶、新居の周辺の人への挨拶等の為の手土産、そして引越し後の生活が落ち着くまでの生活費等、想像以上の出費となる事が少なくありません。
 
引越し業者に依頼をする引越し費用だけでも、10万円近くかかり、それ以外にも様々な出費が必要という状態は、金銭的な不安を感じてしまう事も少なくありません。
 
そんな時は、キャッシングの契約をしておく事がお勧めです。いつでも、必要な現金を手軽に借りる事が出来るキャッシングは、お金が必要な状態になって契約をするものというイメージを持つ人もいるでしょう。
 
ですが、借りる予定がなくても契約は可能です。契約をしておけば、いつでも必要な現金をすぐに借りられる為、引越し費用が足りない時に頼りになります。
 
 

引越しを少しでも安く

キャッシングを極力利用したくないと考えるのであれば、出来る節約をしていく事がお勧めです。引越し費用の節約をしたいと考えた時に、有効になってくるのが、引越しをするタイミングを意識する事です。引越し費用というのは、引越しをする時期によって大きく変わってくる事になります。
 
最も高くなるのは、新生活を始める人が多い3月から4月となります。引越しをする時期を自由に選べる状態であれば、3月から4月は避け、1月から2月等、比較的安い時期を選ぶようにする事がお勧めです。引越しをする時期を選ぶだけで、2万円から5万円程度の節約に繋がる事も少なくありません。
 
さらに、業者を選ぶ際には有名な業者に直接見積もりを依頼するのではなく、一括見積もりを依頼して、複数の業者の査定額を確認しておく事がお勧めです。それにより、現在の相場が分かり、本当に引越し費用が安い業者を選ぶ事が出来るようになります。
 
(参考)引っ越し一括見積りサイト
ズバット
http://www.zba.jp/hikkoshi/
 
SUUMO
http://hikkoshi.suumo.jp/
 
ただ、一括見積もりの時点ではとても安い査定額を提示し、実際の査定では高い査定額を出す業者がないとは言い切れません。ですから、実際の査定を受ける前には、業者の下調べをしておく事で、よりよい業者を選ぶ事が出来ます。
 
 

それでもお金が足りない時は

この他、引越し費用の節約には、引越しの片付けの際に出てきた様々な不用品の中で使える物があれば、リサイクル業者に買い取りを依頼するという事も有効です。その中に、高額買取になるものがあれば、引越し費用がかかる中で、意外な臨時収入に繋がる事があります。
 
(参考)サカイ引越センター 不用品買取サービス
http://www.hikkoshi-sakai.co.jp/kaitori/
 
ただ、様々な引越し費用の節約方法を実現しても、お金が足りなくなってしまうという事は少なくありません。そんな時は、キャッシングの利用を考えてみる事がお勧めです。
 
キャッシングを利用すると、その後は借りたお金の返済だけでなく利息の支払い義務も発生し、新生活が大変になってしまうのではないかと考える人もいるでしょう。ですが、返済は月々無理のない金額の、リボ払いが主流となっており、引越し後の生活の大きな負担になる事はありません。
 
少しでも支払う利息を減らしたいと考えたら、引越し後の生活が落ち着いたら、それ以降は新たに借入をせずに少しでも早めの完済を目指す事がお勧めです。
 
キャッシングの金利というのは、1年未満であれば日割り計算となり、支払う利息も少額で済む事になります。安心して引越しをしたいなら、キャッシングの利用も視野に入れておく事がお勧めです。

 

コラム

生活保護でお金を貰うための条件とは?~保険や年金、NHKの支払は免除される?


スポンサーリンク

生活保護の受給条件とは

日本国民は、最低限の生活を営む権利があります。それと同時に働いて、それに見合った税金を納める義務もあります。
 
それでももし自分が持っている資産や能力を使っても文化的といえる最低限の生活を営むことができない場合には、最低限の際活が営め、なおかつ自立できるように国が支援しなけれなりません。それが生活保護の基本的な考え方です。
 
この判断は個人単位で行われるものではなく、「世帯」単位で判断します。一人がお金を稼ぐことができなくても、同居しているものが最低限の生活を営むお金があれば、生活保護受給の対象にはなりません。親兄弟や子供だけでなく、同居者で判断される場合も多く見られます。
 
その上で預貯金がなく、保険を含む全ての資産や財産も売却してもなお、生活ができないことが必要です。また働く意欲があっても病気などで働けない、もしくは働いていても最低限の生活を営む金額に満たないことも条件です。
 
「働く気がない」「働きたくない」という人は、この制度の趣旨に反します。ほかの制度が利用できる時にはそちらを優先します。そういったことをクリアして生活保護を申請すれば、家族やご親族に「申請者の方に援助のお願い」が福祉課から届きます。その可能性がない時にようやく受給条件を満たしたと判断されます。
 
 

生活保護の支給金額は

支給金額はその土地の物価なども加味されるべきですので、生活保護基準は全国一律ではなく、各地域で若干違います。また家族構成や年齢も考慮されます。
 
生活扶助、住宅扶助、教育扶助、医療扶助の基本的なものと、ある意味イレギュラーな介護扶助、出産扶助、生業扶助、葬祭扶助の8種類の扶助で構成されます。この人が、もしくはこの家族が生活するのに必要な金額を割り出し、実際に稼げる金額を引いた額を支給金額とします。
 
そのほか地方税や国民健康保険や国民年金の保険料の免除に始まり、水道基本料金の免除やNHKの受信料は免除。医療費負担が発生しても支払いは免除されます。公共交通機関の割引が行われている地域もあります。所得ではありませんので、支給金額への所得税は免除ではなくもともと課税されません。
 
受給条件を満たして受給された金額と、受給されずにその金額を手取りとして働いている人と比べてときに、生活のしやすさは全く違います。そういった点で国民の中に不満の声も上がっています。
 
しかし働くことが日本国民の権利であり義務でもありますので、働ける人は働くのが当たり前と考えられています。また生活保護受給者には受給することで一定の制限が課せられます。
 
 

生活保護受給者でもキャッシングは可能か

受給条件を満たし、実際に受給を受けている時点で、生活に必要不可欠なお金しかこの人、もしくはその家族に入っていないのです。もし仮に働いていたとしても、それは「収入」とは言えません。
 
同じ金額であって受給条件を満たすような人でも受給していなければ収入、1銭でも受給していれば収入ではありません。最低限の生活であることが必要ですので、贅沢品を購入するような資金がその中から捻出されることがあってはなりません。
 
貯金ができたり、車が購入できたり維持したり、泊りがけで旅行ができるようなお金があれば、それは「支給しすぎている」と判断されて減額対象となります。毎日の生活とちょっとでも違うようなことをする時には、ケースワーカーに相談の上行動に移すのが、支給額を減らさない上で安全ということになってしまいます。病院を利用する際にも相談しなければなりません。
 
キャッシングやローンなどの借金も、支給額が減額されたり取り消しの理由になります。最低限の生活ができるお金は支給しているのになんで借金の必要があるのかという点と、返済できるお金があるなら最低限の生活を営む以上のお金を支給していたと判断できる点においてです。

 

コラム

賃貸物件では退去費用に注意する~お金が不足した場合の選択肢はキャッシング?


スポンサーリンク

賃貸物件を解約する際にかかる費用

人が生きていくためにはさまざまなものが必要になってきますが、その中でも特に重要になるのが住居です。
 
大学進学や就職を機に一人暮らしを始めると言う際には賃貸物件と契約をすることが多く、そこではさまざまな楽しみが待っていることでしょう。ですがしかし、こうした賃貸物件と契約する際には退去時にかかる退去費用のことも事前に考えなくてはなりません。
 
退去費用とはその賃貸物件と契約している人が契約を解除して退去する際にかかる費用のことで、一般的には敷金からハウスクリーニング費用や破損個所の修繕費を差し引き、マイナスが出た場合にその分を支払うことになります。
 
例えば敷金が5万円でハウスクリーニングが2万5千円、修繕費が3万円の場合は5万円-2万5千円-3万円=-5千円となり、退去費用として5千円が請求されるということになってくるのです。
 
最近若い人向けに敷金・礼金なしのゼロゼロ物件などが多く見られるようになっているのですが、ゼロゼロ物件は入居費用が安いかわりに退去費用が高いという傾向があります。契約を満了して退去しようとした時にいきなり多額の請求が来たというケースもありますから、こういった負担があることは事前に確認しておきましょう。
 
 

退去費用を安くする方法

賃貸物件で生活をする際にはあとあとのトラブルを避けるためにも退去費用のことを考える必要がありますが、その金額を安くする方法としてあるのは主に二つです。
 
まず一つ目が敷金を多く支払うという方法です。敷金は契約者が勝手に決められるというようなものではありませんが、先ほど触れたゼロゼロ物件は敷金がゼロになるために退去時に持ち出し費用が必要になります。先に払うか後に払うかの違いではあるのですが、金額を想定しやすいということで言えば先に支払った方が良いでしょう。
 
次に方法としてあるのが大切に使うことです。例えば先ほどの例では5千円の持ち出しが必要でしたが、もし修繕費がゼロ円で済んでいたのであれば5万円-2万5千円-0円=2万5千円で、5千円を支払うどころか敷金から2万5千円を返してもらうことができました。
 
具体的な修繕費として多いのが壁紙の張り替えで、例えば室内でタバコを吸ってしまっていたりすると部屋の全ての壁紙を張り替えなくてはならないということになりかねません
 
物件のサイズにもよりますがある程度のサイズの部屋だと10万円を超えることもありますので、部屋の状態を悪くしないように注意しましょう。
 
 

退去費用が支払えない時の対処法

基本的にこうした費用は荷物を全て搬出した後で請求がきます。そのため「退去費用が高額だから引越すのをやめてもう少しお金を貯める」などのことができないのです。従って請求された金額をどうにかして工面する必要があるわけですが、ここで一つの方法として上がってくるのがキャッシングやカードローンの借入です。
 
最近だと即日融資などの形で非常に素早くお金を融資してくれる業者が増えてきていますから、退去時の費用が支払えなくて困ってしまったという段階になってからでも十分間に合わせることができます。
 
もし自分にしっかりとした収入があり、かつこれまで借金にまつわるトラブルを起こしたことが無いというようであれば融資してもらえる可能性が非常に高いということになります。
 
利息が発生するとは言えカードローンであれば分割で返済していくことができますし、業者によっては最初の借り入れは30日間無利息で貸してくれるというところもあります30日間無利息ということであれば翌月の給与で返済するということもできるのですから、利用しない手はありません。
 
最もやってはいけないことは支払わずに放置をすることですから、もしすぐに支払うことができない場合にはまずそのことを連絡してからお金を工面するようにしましょう。

 

コラム