借入審査

即日借入審査のカードローンで今すぐお金を借りるには

内定の決まった学生は消費者金融でキャッシングできるの?


新卒でも借入ができるのか

銀行や消費者金融でお金を借りるには、安定した収入が必要です。たとえ学生であっても、20歳を過ぎていて、アルバイトで安定収入があれば、借りられる場合があります。社会人よりは厳しいですが、貸してくれる会社はゼロではありません。
 
では新卒はどうでしょうか。まだ学生だが、新卒採用(内定)が決まっている、という場合です。就職活動にあたってアルバイトは辞めてしまって無収入、しかし近い正社員で働くことが決まっている、という人は、意外と入用です。新社会人の準備をするため、背広や靴を揃えなくてはなりません。就職にあたって引越しをする人もいるでしょう。まとまった出費になります。
 
普通なら親に借りるところですが、半分社会人という意識も働き、親に借金というのも気が引ける人が多いでしょう。そんな時に便利なのがカードローンやキャッシングです。多少の利子はつくものの、きちんと返済すれば、誰にも頭を下げる必要はなく、気兼ねすることもありません。
 
新卒採用が決まっている人の借入ですが、正直簡単ではありません。いくら就職が決まっているとはいえ、まだ内定の段階です。内定は取り消される可能性もゼロではありません。今現在は無収入ということであれば、銀行や消費者金融などで融資を受けることは難しいでしょう。
 
 

学生ローンや学生専用クレジットなどで借入が可能

では、新卒採用の内定が出ている学生は、お金を借りる方法がないかといえば、決してそうではありません。一番良いのは親に借りて就職後に返すことですが、どうしてもそれが嫌という人は、学生ローンを検討してみると良いでしょう。
 
学生ローン(学ロン)とは、学生を対象にしているローンのことです。もともと学生が対象ですので、学生という理由で断られることはありません。安定収入があることが条件ですが、少額でも大丈夫です。もしも就職活動にあたってアルバイトは辞めてしまった、というなら、また短期のアルバイトでも始めるという方法があります。
 
人気の学生ローン、マルイは、金利15.0%~17.0%、インターネットで申し込みが可能です。ほかにも学生ローンはいろいろあります。金利や返済方法などを比較して決めると良いでしょう。
 
しかしやはり学生ローンでも、アルバイトもしていない人は厳しいです。借入のためにアルバイトを始めるといっても、就職も決まっている状態で、またアルバイトという気にもなれない人が多いでしょう。そもそもアルバイトが出来るなら、借入などしないのではないでしょうか。
 
もう1つの方法としては、学生専用のクレジットカードをつくり、キャッシング枠を利用することです。学生専用のものは、比較的ハードルも低いです。
 
 

借入は就職してからが無難

新卒採用の内定が出ている状態の学生でも、借入する方法がないわけではないことがお分かりいただけたことでしょう。
 
しかし、借入が難しいことは確かです。就職して、安定収入を得られるようになってから借入するほうがずっと良いでしょう。新生活を始めるにあたって、どうしても必要なものを購入する、などの出費であれば、親に貸してもらうのが一番です。就職して、初任給で倍返しすれば、親もきっと喜ぶでしょう。
 
それ以外の理由なら、就職するまで待つのが賢明です。新しいスマホは社会人になってからでも十分です。ただ、就職してすぐに借入ができるかといえば、それも難しいです。勤続年数も審査基準の1つとなっているため、1ヶ月やそこらではなかなか貸してもらえません。
 
ただ、大手ではなく中小の消費者金融なら、大手に比べて審査も緩いので、貸してもらえる可能性はあります。京都にあるキャネットは、審査が通りやすく、申し込みが楽ということで人気を集めている消費者金融です。金利は15.0%~20.0%とごく一般的です。来店不要でインターネットから24時間いつでも申し込みが可能です。即日融資も可能ですので、急いでいる人にもありがたい会社です。借入金額に応じて毎月一定額以上を返済する仕組みです。

 

基本 借入審査

お金の借入は銀行や大手消費者金融でなく中堅や零細の消費者金融だと審査基準は違ってお金を借りやすい


メガバンクや大手消費者金融を選ぶ理由

お金を借りるのなら大手の方が良いと考える人も多いようです。何をするにしても大手なら安心だと考える人は多く、何かを買うのなら百貨店だという人もいるようですし、車なら業界ナンバーワンのメーカーで、ブランドが大好きという人もいるでしょう。
 
このような人なら、借金をするにしてもメガバンクを利用しようと考えるのは自然なことです。有名であれば安心感もありますから、気持ちよく使うことができます。
 
しかし、銀行ではなく大手の消費者金融でもない貸金業者の中にも、使えるところもあります。百貨店でブランド品を買うと馬鹿高いのが普通で、同じようなものが安く売られている店を見つけることができる場合もあるでしょう。金融機関についても同じで、メガバンクなら安心感はありますが、同じサービスをより有利な条件で利用できる中小の業者を見つけられることもあります。
 
また、大手では提供できないようなサービスを提供している中堅の貸金業者もあります。ですから、大手では利用できない、あるいは大手では満足ができないという人なら、中堅の貸金業者を選択肢の一つとして考えてみるのも良い方法です。そこまでメジャーでなくても優れたサービスを提供している業者もあるのです。
 
 

大手になるとサービスは横並び

銀行や大手消費者金融ではなく、中堅の貸金業者を利用するメリットはいくつかあります。銀行や大手の消費者金融の方が優れている面もありますから、普通の人はそちらを利用する方が良いでしょう。
 
例えば、中堅の貸金業者は金利が高く設定されていることが多いですし、借入限度額も小さい場合が多いです。店舗数があまりなくて、手続きをするのに遠くまで行かなければならないか、あるいは郵送で時間をかけなければならない場合が多いです。このように考えれば、利用するデメリットも多くあります。
 
ただ、唯一のメリットは、審査に違いがあることです。一方的に審査が有利だと言うことではなく、違うと言うことが大事なことなのです。すでにご存じの方もたくさんいらっしゃると思いますが、銀行からの借り入れでは消費者金融が保証をすることが多いです。そのため、銀行のカードローンの審査は、大手の消費者金融が大部分を行っています。
 
また、大手になればだいたい横並びのサービスになってきますから、審査の基準などもだいたい同じようなものとなってくるのです。つまり、ある銀行で借りられない人なら、別の銀行でも借りにくいですし、大手の消費者金融からも借りにくいという状況になることがあります。それとは違うシステムを持っていることが重要なのです。

中堅の消費者金融

・キャネット
・日本ファイナンス
・エイワ
・ライフティ
・セントラル
・ライオンズリース
・関東信販
・フクホー
・スペース
・キャスコ
 
 

銀行や大手で借りられない人に最適

審査の基準が銀行や大手消費者金融と異なるのが中堅の貸金業者の特徴の一つだと言えるでしょう。ですから、銀行や大手消費者金融で借りられない人であっても借りられる可能性があります。
 
ただ、中堅の業者の中には、闇金まがいのものがある可能性もありますから注意が必要です。闇金に引っかかってしまうとその後は何かと面倒なことになりますから、できるだけ避けた方が良いのです。そのためにはどうすれば良いのかというと、最低でも貸金業者の登録をしているかどうか確認しておくべきでしょう。
 
また、口コミなどを調べてみるのも良い方法です。そこまで慎重になるべきなのかどうかと考えるかも知れませんが、闇金に引っかかると本当に面倒ですから、メジャーじゃないところから借りようと考えているのならここまで慎重になった方が良いのです。闇金でないことが分かれば利用するメリットは大きいです。銀行や大手とは違って融通が利くというのは非常に魅力的な点でしょう。
 
例えば、あと少しだけ何とか枠を増やして欲しいと言ったときに、それに応じてくれることもあるでしょう。そのためには信頼関係を築いておくことは大事なことですが、長く付き合えば困ったときに助けてくれるかも知れません。

 

タグ :

基本 借入審査

他社借入が2件、3件ある状態で銀行のカードローンの審査に可決する


複数借入が審査に及ぼす影響

銀行にしろ消費者金融や街金(零細の消費者金融)にしろ、キャッシングやカードローンを利用する際には必ず審査を受けなくてはなりません。そこではさまざまな情報を伝えることが必要とされるのですが、その中でも特に重要な部分となっているのが「現在の借り入れ状況」(他社借入件数や借入総額)です。
 
ここには契約を申し込んでいる人が現在他の業者からどれくらいのお金を借りているのかということを書きこむのですが、ここは基本的に既に契約している業者の借入件数や借入額が少ないほど有利になります。
 
ではどうしてこういった影響が出てくるのかというと、基本的にどのような業者であっても多重債務者には警戒心を持つからです。例えば現在一円も借金をしていない人と、他社三社から合計100万円を借りているという人が申込みをした場合、間違いなく前者の方が有利になります。
 
これは現状一円も借りていないと言う人であれば自社の貸し付けだけでリスク判断が出来ますから、自社が多く貸しつけなければ返済不能になるリスクは無いとして判断できるからです。対して後者の場合は既に三社と契約している以上かなり借金を重ねやすい状況にありますし、そこに自社が貸し付けると多重債務がさらに悪化して返済が出来なくなるリスクが増えるでしょう。
 
こうした判断は特に銀行系業者で厳しく行われているのです。
 
 

銀行の審査で他行からの借入がバレる理由とは

さて、では銀行が実際にどれくらい厳しいかと言うと、これは銀行にもよりますが、厳しいところだと他行と契約しているようであればその人には融資をしないと判断するとこもあります。多少基準が緩めに設定されている銀行であっても、既に二つの銀行(他社借入2件)から借りているということになるとかなり厳しい結果になりやすいでしょう。
 
ですがここで少し気になるのが「自分が黙っていれば相手は気付かないのでは」ということです。確かに審査の際に自分は今一円も借金をしていませんと伝えて、相手がそれを信じれば自分の信用はかなり優れているとして思いこませることが出来るでしょう。ただ現実にこれが可能かと言うと、まず間違いなく不可能です。
 
と言うのも銀行も消費者金融も、申込みがあった場合には必ずその人の個人信用情報を確認するからです。個人信用情報は信用情報機関という団体が管理する情報で、ここにはそれぞれの個人がこれまでどういった業者でいくら借り、返済をどのようにしてきたのかといった情報が掲載されています。
 
これがある以上は情報を偽っても必ずそれがバレてしまいますし、むしろ情報を偽ったということで信用はほぼゼロとして扱われてしまいます。そのため嘘をつくのは全く意味が無く、自分に利益の無いことなのです。
 
 

お金を借りる時に嘘をついてしまうとどうなるの?

しかしながら絶対に嘘をつくなというのもかなり厳しいと言えるでしょう。特に他社からの借入額ということになると、完全に把握できていないということもあり得ます。例えば本当は11万円の借入があるのに10万円と申し込み用紙に書いてしまったなどの場合ですが、これはあまり問題にならず、単なる誤差として処理される可能性が高いです。
 
ですから病的に気にする必要は無いとして考えて良いわけです。ただこれが10万円単位で記録と違うということになると流石に銀行側も怪しいとして見ざるを得ませんし、そうなれば虚偽記載として扱うことになってしまいます。もし自分の借入額が分からなくなってしまったということであれば、この際には必ずこれまでの返済時の明細をチェックするようにしましょう。
 
明細には貸付残高もしっかり記載されていますから、明細を揃えて合算していけば自分の現在の借入総額は明らかになります。もし明細を無くしてしまった場合であっても各業者に対して問い合わせをかければ答えてくれますから、残りの返済額が分からないという際にはすぐに確認を取りましょう
 
お金の貸し借りでは個人でも業者でも誠実さが重要視されます。嘘をついてしまった場合、それが故意かそうではないかによらず悪い影響が出る可能性がありますので、常に誠実に向き合うように心がけましょう。

 

基本 借入審査

大学生が100万円を借りる~総量規制の問題があるので消費者金融ではなく銀行カードローン


大学生のための借入先について

未成年のうちは何をするにしても親権者の同意が必要になりますから不便なのですが、20歳を超えれば法律上は自分でいろいろなことができます。お金についても同じで、親の同意がなくても問題はないのです。大学生も例外ではなくて、自分だけで借金をすることもできるのですが、多額の借入は難しいというのは実情です。
 
では、実際にはどれくらいまで借りられるのでしょうか。100万円くらい借りようと思ったときには、どこへ申し込みをすれば良いのでしょうか。その前に、大学生であることがデメリットになると言うことも知っておかなければなりません。
 
大学生ですから収入は不十分だと言わざるを得ないでしょうし、人間としてもまだ未熟だと考えられますから、多額の借入をするのは難しいと言わざるを得ないのです。高額の借入の審査をパスできるのかどうかと言うのは、なかなか難しいところです。そのためは、まずどこから借金するのかを考えることも必要となります。基準が厳しいところなら借りられない可能性もありますから注意しなければなりません。
 
そもそも学生はお断りというところもあります空、このあたりのこともよく考えた上で申し込まなければならないのです。
 
 

大手の消費者金融での借入とその限界

サラリーマンや公務員ではないと信用力の面ではやや劣ります。信用力があまりなくても貸してくれる代表的な金融機関が消費者金融だと言えるでしょう。ですから、大学生が借りようと思ったときにも、消費者金融なら大丈夫だろうと考えるのは自然なことです。
 
大学生が消費者金融から借りられることを知らない人も多くいるようですが、大手でも大学生に対して融資を行っています。「大学生歓迎」などと書かれているわけではありませんから気づかないかも知れませんが、プロミスやアコムなどの大手消費者金融では対応しています。正社員でなくても借りられるというのなら、大学生でも借りられると考えて問題はないのです。
 
ただ、この場合には20歳以上であることは必須の条件の一つだと言えるでしょう。そして、アルバイトなり何なり収入があることも条件となりますから注意が必要です。アルバイトをしていれば一応のところは収入として認められますから、それによって借りることも無理ではありません。
 
ただ、総量規制があることについては是非知っておかなければなりません。総量規制がありますから、借りられたとしてもその金額は大きくはないと言うことも知っておくべきでしょう。
 
 

学生が借りるのなら専門的な業者を利用

アコムやプロミスなど、大手の消費者金融から借り借りることはできなくはありませんが、元々大手の消費者金融はサラリーマンを主な顧客として商品設計をしていますから、大学生は申し込みができるとは言っても、それほど有利にはならないと言わざるを得ません。それならば、大学生に対して積極的な融資を行っている業者を選ぶのは良い方法でしょう。
 
いわゆる学生ローンと呼ばれる業者が会って、有名なところではベル、アミーゴ、カレッジ、アイシーローンなどがあります。借り入れできる金額の上限は50万円となっていて、金利もやや高めに設定されていますが、学生向けのサービスを提供していると言うことから利用しやすいと考えられます。
 
学生と言っても総量規制は守らなければなりませんから、100万円を借りるためには年収が300万円必要になります。それなら総量規制のかからない銀行から借りる方が良いと考えるのは自然なことでしょう。
 
例えば三菱東京UFJ銀行のバンクイックは使いやすいカードローンとして人気を集めているようです。大学生が利用できるのかどうかと言うと、これは特に問題はありません。ただ、総量規制がないと言っても数十万円くらいが限界でしょう。
 
参考:
18歳でもお金は借りられるの?~消費者金融や銀行カードローンは無理だが、学生ローンは借りれる?

 

基本 学生ローン

大垣共立銀行の教育ローンでお金を借りるには~専業主婦でもお金を借りれる


無職だと教育ローンの契約は非常に厳しいが

大垣共立銀行では、教育ローンが利用できます。これから学校に通う人や子供のいる家庭にとっては、とても助かる金融サービスですが、誰もがお金を借りることができるとは限らないのが現実です。ローンは借金と同じです。必ず借りた分を、決められた日までに返さなければなりません。
 
返すには収入がないと難しいため、基本的に無職の立場の人は、大垣共立銀行の教育ローンの契約は大変厳しいといえます。仕事をしておらず、収入がないことだけが、問題になるわけではありません。仕事がない人は行方がわからなくなる可能性が高いことも、理由の一つです。仕事をしていない学生本人であっても契約するには、ややハードルが高くなります。
 
しかし、専業主婦の立場であれば、申し込みを受け付けてくれる可能性が高まります。多くの金融機関で、専業主婦への融資サービスを提供しています。条件として、配偶者に安定収入があることが必要ですが、子供や自分自身が学校で勉強をしたいのであれば、専業主婦でも可能なローンを積極的に申し込んでみましょう。
 
ただし、自分自身に収入がある人に比べると、借りられる金額が少なく抑えられるケースが多いことを覚えておいてください。
 
 

大垣共立銀行の教育向け専用ローンとフリーローン

大垣共立銀行で教育向けローンを選ぶ場合、専用のローンだけでなく、たくさんの種類が存在します。マキシマム・ミニ、ザ・マキシマムや子育て太鼓判、青春太鼓判、進学ローンにポピュラーローンなどです。
 
専用ローンは進学ローンが当てはまります。最大で500万円まで借りることができ、年利は3.225%です。ポピュラーローンはフリーローンに該当します。最大で500万円の借入れが可能で、年利は5.5%~10.5%となっています。専用ローンの進学ローンは、金利の低さが魅力的です。利息を少なくしながら、学費として借りるには、大垣共立銀行では最も優れたサービスといえます。
 
しかし、金利が低い金融サービスほど、審査が厳しくなるのが現実です。この進学ローンは専業主婦の申し込みができないことになっているのも、やや使い勝手が悪いと判断できます。フリーローンであるポピュラーローンも、専業主婦では利用できません。どちらもその都度の融資に対応しておらず、一気に契約するタイプですので、臨時で学費が必要になった場合には、即対応できない問題点を持っています。
 
これら問題点を回避するなら、カードタイプのローンを利用するのがおすすめです。
 
 

利便性の高いカードローンは4つ

急な出費に対応しやすい、大垣共立銀行のカードローンならとても使いやすくなっています。マキシマム・ミニザ・マキシマム子育て太鼓判青春太鼓判から選べます。この内で、青春太鼓判だけ専業主婦の申し込みが不可となっています。
 
マキシマム・ミニの限度額は50万円と少なくなっていますが、9.8%の低い年利が魅力的です。ザ・マキシマムであれば、最大1000万円まで対応できます。4.5%~12.0%という比較的低い年利で借入れが可能です。
 
子育て太鼓判は妊娠や不妊治療、子育て中の人が申し込めるものです。最大限度額は200万円まで、4.975%の年利です。青春太鼓判は在学中か、4月に進学する子供がいる人に限定される金融サービスになります。最大で300万円まで借りられ、3.975%という年利は、大垣共立銀行のカードローンラインナップの中では最も低金利の設定になっています。
 
マキシマム・ミニは限度額が低いため、あくまでも手元の資金に足りない分を補う意味で、使う価値があります。青春太鼓判は条件がよいですが、専業主婦では申し込めませんので、ザ・マキシマムか子育て太鼓判の2つが申し込みやすく、使い勝手がよいと判断できます。

 

基本 お金を借りる

年金暮らしの人がお金を借入れるには信用金庫のカードローンや医療福祉機構の年金担保貸付事業


年金暮らしで借りられるのかどうか

年金は社会問題の一つとなっていて、財政問題と大きな関係があることから、給付される金額が徐々に減少していくことがすでに分かっています。ですから、年金だけで生活をするのはかなり難しいという方はたくさんいらっしゃるでしょう。
 
蓄えがたくさんある時代ならそれなりに何とかなるのですが、現在の経済状態ではなかなか蓄えもできず、経済的に苦しくなってきた高齢者方は多くいますし、今後も増えていくものだと考えられます。
 
そんなときに、突然の出費があってお金を借りることに必要性が生じれば、借金のできるところはあるのでしょうか。ここでは、年金暮らしの人がいざというときに借りられるのかどうかについて紹介していきたいと思います。結論だけ先に言っておくと、いろいろな制度を利用することによって借りられるケースもありますから、いざというときにどうしようもないと絶望的になる必要はありません。
 
絶望するよりも、借りられる方法を知っておいて、いざというときに備えておく方が有用です。なお、借りられる金融機関は民間の銀行や消費者金融だけではありません。ほかにもいろいろなところが融資を行っていますから、是非知っておきましょう。
 
 

民間の銀行や消費者金融から借りる

借入をしたいと思ったときに真っ先に思いつくのが銀行や消費者金融でしょう。民間の銀行や消費者金融は積極的に融資を行っています。それぞれの金融機関の条件を見て、借りられるのかどうか確認してみると良いです。その条件の中で最もネックになるのが収入に関する項目です。収入がないと借りられないのが原則です。
 
このときに疑問になるのが、年金は収入として認められるのかどうかと言うことです。この判断は金融機関によって異なっているようですが、年金を収入と認めてくれない金融機関の方が多いと考えられます。特に、消費者金融の場合には総量規制の影響もありますから、年金のみで生活をしている人にとっては、消費者金融はあまり適したものとは言えないようです。
 
もう一つネックになるのが年齢です。年齢の制限を65歳くらいに設定している消費者金融は多くあります。ですから、収入が認められても年齢制限で引っかかると言ったこともあり得ることだと言えるでしょう。銀行は高めに設定していることが多いですから、年齢が問題になるのなら銀行に申し込みをしてみると良いです。
 
これらの条件を満たしていれば誰でも借りられるというわけではありませんから、落ちた場合には別の方法を考えましょう。
 
 

年金暮らしでも借りられるところとは

お金を借りるというと、消費者金融と銀行が主なものだというイメージを持ってしまいがちですが、それ以外にもいくつかの種類があります。その一つが信用金庫です。信用金庫は銀行とは異なる法律によって設立されていますし、消費者金融などのように貸金業者とも異なります。
 
ですから、条件などについても別に定めています。この信用金庫の中には80歳くらいまでに上限を定めているものもありますし、シニア層を対象としたカードローを提供しているところもありますから、割と借りやすいです。近くに信用金庫があるのなら、是非相談してみましょう。
 
もう一つが、年金担保貸付です。これは公的な金融機関である独立行政法人医療福祉機構が提供しているサービスです。年金しか収入のない人向けに、年金を担保として貸付業務を行っています。民間の金融機関から借りるよりも有利な条件で借りられるケースが多いです。
 
例えば、低金利で借りられるなど、優れた点は多くあります。利用目的や利用できる条件などが厳しく定められているのですが、どうしても借りなければならないと言うときには対応してくれるでしょう。ですから、どこからも借りられなくなったのなら、相談してみましょう。
 
(参考)年金担保貸付事業・労災年金担保貸付事業

 

基本 お金を借りる

起業して1年未満の自営業者がビジネスローンでお金を借りるのは難しい?


事業立ち上げの際はしっかりと予算を用意する必要がある

かつての社会においても現代の社会においても、起業というのは一つの目標になる部分です。自分が売れると信じた事業を興す人、これまで勤め人として培ってきたスキルをさらに活かすために会社を興す人、また失業してやむなく起業する人など様々なパターンがありますが、どのような場合においても最初に必要になるのはお金です。
 
お金が無くてはそもそもの手続きすらできませんし、事業が軌道に乗るまではかなり厳しい生活をせざるを得ないケースがほとんどです。そうした事態になるのを避けるために、起業を考える人は最低でも半年ほどの生活費は確保しておかなくてはならないとされています。ただ事前に用意したお金で足りたというケースはかなり少ないのが現実ですから、起業直後に借金をすることになったという人は多いものです。
 
しかしここで注意しなくてはならないのは「起業直後の人に対してお金を貸してくれる業者は極めて少ない」ということです。特にカードローンなどの消費者向け融資事業となると自営業の人に対してかなり厳しい基準で審査にあたる傾向があります。
 
ではどうして自営業者はお金を借りることが難しいのか、今回はこのことについてピックアップしていきます。
 
 

自営業者の審査が厳しいのは収入が原因

まずは自営業者に対する審査が厳しい理由ですが、最も大きいのは自営業だと収入が非常に不安定になりやすいということです。カードローンなどで最も融資を受けやすいのは公務員、次いで会社員とされているのが基本なのですが、これはどちらも収入が非常に安定しているということがプラスに働いています。
 
特に公務員ともなれば何らかのミスを犯さない限り解雇されることもほとんどありませんから、ほぼ間違いなく安定した収入がある人として銀行や消費者金融から大歓迎を受けることになるでしょう。
 
しかしこれが自営業者となると、その人の収入は毎月の売上に大きく左右されることになります。売上が多い月は借金返済も苦になりませんが、もし売上が少ない月が何ヶ月も続いたということになると返済が滞る可能性が出てきてしまうでしょう。このリスクは自営業である以上避けては通れないものなのですが、この点が融資審査の際にはかなりマイナスに働いてしまうのです。
 
特に事業を立ち上げたばかりとなると今後どれだけ利益が出るかも未知数、それどころか一年後に生き残っているかすらわからないとして見られてしまいますから、融資してもらえる可能性もかなり低くなってしまうのです。
 
 

自営業者の借金は目的ローンがおすすめ

では自営業をしている人はもう生活費を融資してもらうことはできないのか、苦しくなっても助けてもらえないのかというと、実はそうでもありません。確かに使途が自由なカードローンなどになると厳しい判断を下されやすいのは事実として受け止めなくてはなりませんが、その代わりに自営業者は「ビジネスローン」が利用できます。
 
ビジネスローンは事業者向けの融資商品として用意されており、事業を行っているということが証明できる、収入証明書も用意できるといった条件を満たしているのであれば自営業者でもかなり融資を受けやすい目的ローンとなっています。

人気あるビジネスローン

・ビジネスローンエール500(日本保証)
・ビジネクスト(アイフルグループ)
・ORIX CLUB CARD(オリックスクラブカード)
・CREST for Biz(オリコ)
・アップス(ups)
・商工ビジネス(SBC)
・三鷹産業株式会社
 
使途が事業用資金に限定される可能性が高いのはネックですが、自営業者であれば事業費を一旦自身の生活費に充て、生活費に充てて減ってしまった事業費をビジネスローンで補てんするといった工夫をすれば問題なく生活費の調達も出来るようになります。
 
ただこうした便利なビジネスローンであっても、ほとんどの業者が「起業後一年が経過している」ということを最低条件としています。一年未満であっても交渉次第では利用できる可能性がありますが、やはり最初の一年間は無収入でもやっていけるくらいの蓄えは持っておき、一年間乗り切った後でビジネスローンの利用を検討しましょう。

 

基本 ビジネスローン

お金を借りやすい消費者金融はあるの?在籍確認なしの消費者金融はあるの?


借りやすいキャッシングの見つけ方

カードローンを利用するときは、「審査が緩かったらいいなあ」とは誰しもが思うことではないでしょうか。消費者金融なら、多重債務者や過去に延滞を繰り返しているような人でない限りはお金を借りられる可能性は高いです。しかし、50万円が必要なのに、30万円までしか借りることができなかったら、あと20万円を借りるために他の会社もあたらなければなりません。できることなら、一発で希望限度額が借りられたらいいですよね。
 
しかし、借りやすいキャッシング業者を見つけようにも、審査基準などはいっさい公開されていません。インターネットや本屋に並べられている書籍をいくら探しても、銀行や消費者金融の審査の基準が書かれた本は見つかりません(笑)
 
こういった情報は内部秘密であり、勤めている時はもちろん、退職した後も口外禁止なのです。消費者金融などでは、入社の時に誓約書を書かれることもあるくらいです。
 
そもそも、「借りやすい」とはどういうことでしょうか?「入社して間もないので勤続年数が不安」、「アルバイトなんだよなあ」、「他社からも借金がある」など、悩みは人それぞれです。つまりは、人によって「借りやすさ」の基準は異なってくるということです。
 
 

借りやすいカードローンとは

借りやすいカードローンとは、「年収が低い」、「不安定な職業に就いている」、「過去に延滞をしている」など、人それぞれの悩みを解消してくれる商品のことを言います。
 
例えば、「年収が低い」というだけで他の項目に問題がないなら、銀行でも借りることができます。「過去に延滞をしている」という悩みを持っているなら、銀行は難しいので消費者金融を選ぶことを勧められます。それぞれの悩みに応じて、使い分けることが大切です。
 
年収を問題視する場合、法的規制も重要になってきます。銀行と消費者金融では適用される法律が異なってきます。前者では銀行法、後者では貸金業法が適用されます。後者では、「年収の3分の1を超える貸付ができない」という規制がかかります。それでは、年収の3分の1を超える融資を受けたいなら銀行を選ぶということになりますが、年収が低い人やアルバイト・パートの人などは銀行でも年収の1割~2割程度の融資しか受けられません。
 
公務員などの安定職に就いている人、年収が高い人などは年収の半分程度まで融資を受けられることも多いです。希望する貸付条件と、自分の属性とを照らし合わせて決めることが大切です。
 
 

電話確認や在籍確認を避けたい方

さて、キャッシングを受ける人の悩みは、属性の問題だけではありません。「自宅に電話をしてほしくない」、「職場への在籍確認を避けたい」という悩みをお持ちの方もいます。最近では審査内容も進化しており、これらの要望に応えてくれる金融機関も増えてきています。
 
職場への在籍確認については、原則としてどこの金融機関でも必ずあります。お金を貸すには、相手が働いていて収入があるということがとても大切だからです。申告された会社に働いていることの証明は必ずとらなければいけません。
 
しかし、職場に電話をしてほしくないという気持ちもわかりますから、最近では給与明細や社会保険の健康保険証を提出すれば相談次第で職場への在籍確認をなしで契約してもらえる場合もあります。給与明細は退職した後も先月の分が発行されますので、断られる可能性も高いですが、社会保険の健康保険証は退職すると返却しなければならないので、その会社に勤めているという証明になります。
 
自宅に電話をして欲しくない場合には、自宅の電話番号を書かずに、携帯電話の番号を書くとよいでしょう。今の時代は固定電話を持っていなくてもそれほど不利にはなりません。

 

基本 借入審査

お金を借りる時、既存のカードローンの増額か?新規で他社借入か?どっちがいいの?


もう少し借りることが必要なときの方法は二つ

キャシングやカードローンで借入をしていると、少し足りないと思って言ううちに限度額いっぱいにまで借りてしまうこともあるでしょう。このようなときに、増額申請によって解決できるケースもあります。
 
しかし、増額申請をすれば、その後は審査が行われて、その結果によって増額できない場合もあるのです。実は、増額は簡単なものではないと考えられます。最初の1回目は簡単に増額ができる場合もありますし、金融機関側から増額の案内が届くこともあるくらいですから難しくはないのですが、その後はよほどのことがない限りは増額はできないと考えておいた方が良いのです。
 
では、どうすれば良いのかというと、もちろんまず増額申請をするのは良いのですが、それでダメなら新たに契約をするのは良い方法です。
 
お金をもう少し借りたいと思ったときには、この二つの方法が基本となります。ですから、それぞれの特徴を理解しておくことは大事なことです。いざお金が必要になったときに、どちらの方法で借りるのが良いのかが分かっていると、スムーズに手続きを進めていくことができるでしょう。まずはこの二つの方法の特徴をそれぞれで解説していきたいと思います。
 
 

増額するための審査の条件について

カードローンやキャシングで増額申請をしている人もいますが、審査に誰もが通るわけではありません。通るための条件はいろいろあるからです。最初に申し込みをしたときには、その属性を元にして限度額を決めています。そのときの状況から変化があまりないのなら、限度額についても同じくらいにしかならないでしょう。
 
ですから、まず変化が必要だと考えておくべきでしょう。例えば、収入が増えたのなら、それはそれで属性の変化としてはポジティブなものですから、それによって通りやすくはなります。また、賃貸マンションに住んでいた人がマイホームを購入すれば、それも属性の変化としてはポジティブに受け取られます。このようなことがあると、増額をしやすくなるのす。
 
特に何も変化がないという状況であっても、長く使っていることで属性の変化としてはポジティブに受け取られることが多いです。例えば1年くらいずっと使い続けていて滞納がない状況や、あるいは、何度か一括返済をした場合などには、その情報がポジティブと受け取られることが多く、それによって増額しやすくなります。このようなことがない場合には、申請してもうまくいかないことが多いのです。
 
 

増額ができないときには新規の借金

増額の申請をしても意味がないだろうと、そう思う人や、あるいは増額の申請をしてみたけれど却下された人などの場合、どうすれば良いのかというと新規に申し込みをするのは良い方法です。新規に申し込みをすれば、その限度額の分だけ借りられる金額は大きくなります。この際に、審査に落ちにくい金融機関を利用するのは良い方法だと言えるでしょう。
 
例えば、消費者金融を利用するのは良い方法だと考えられます。大手の消費者金融なら、落ちる可能性も低いでしょう。例えば、アコム、アイフル、プロミスは大手の消費者金融として非常に多くの人が利用しています。すでに銀行のカードローンを利用している人の場合、それとは別に消費者金融から借入をするのは良い方法です。
 
ただ、保証関係がかぶらないようにすることは大事です。例えば、バンクイックを利用しているのなら、その時点でアコムの保証を受けていますから、新たにアコムに申し込みをすると落ちやすくなりますから注意しなければなりません。バンクイックの保証がアコムで、三井住友銀行カードローンは保証がプロミスですから、このあたりの関係を把握しておくことは必要です。銀行カードローンの保証会社の契約をすれば保証会社を知ることはできます。

 

基本 お金を借りる

担保なしでお金を借りれるプロパー融資とは?~基本は事業性資金である


プロパー融資は保証なしで借りる方法

借金の方法はすでにたくさんありますから、事業性資金を選ぶ際には様々な手段の中から適したものを選ぶでしょう。最近ではプロパー融資が増えてきていて、現在では人気を集めています。一般的な融資とプロパー融資との比較をすることは大事なことの一つだと考えられます。
 
プロパー融資とは、分かりやすく言うと、信用保証協会の保証を受けない融資を指します。個人向けの融資ではなくて事業資金としての融資になるのが普通です。信用保証協会の保証を受けないと言うことですから、つまり保証人なしで借りられると言うことを意味します。
 
個人向けの融資を利用しようと思ったときにも保証を受けなければならないことが多いのですから、企業向けの大きな資金に対して保証が必要ないというと、少し不思議な感じがするかも知れませんが、貸す側としてはそれを見込んで貸すわけですから、それなりに理由はあるからです。
 
事業計画や財務書類などを見ることによって、融資をしても大丈夫だろうと思った企業に対してしか融資は行いませんから、プロパー融資を受けられると言うことは、有望企業だと判断されたと言っても言いすぎではないでしょう。では、ほかの融資とどう違うのでしょうか。
 
 

プロパー融資でお金を借りるときの特徴

プロパー融資が一般的な融資と異なる点について理解しておくことは、今後の経営を進めていく上で有用です。最も大きな違いは保証があるのかどうかと言うことです。
 
金融機関が保証を利用せずに融資を行いますから、リスクを負うことを認めた上で融資を行っています。これが最も大きな違いなのですが、ほかの部分では細かい部分で異なっています。プロパー融資を行う金融機関は主に銀行です。消費者金融が行う融資についてはプロパー融資とは呼ばないのが普通です。
 
一般の融資では担保を必要としないことが多いですが、プロパー融資では担保を求められることもあります。保証協会の保証がないと言うことを考えれば、金融機関のリスクは非常に大きいと言えるでしょう。いざというときに保証をしてくれるところがなければ、リスクが顕在化したときの損失はすべて抱えなければならないのです。
 
保証協会の保証がないためにリスクを丸々抱えなければならず、そのために担保を要求すると言えばわかりやすいのではないでしょうか。逆に言えば、担保を要求されないのなら、銀行という金融のプロの目から見て事業が健全だと言ってもらっているようなものだと言えるでしょう。
 
 

どちらでお金を借りれば良いのか

一般的な融資とプロパー融資は、どちらが優れているのかというと、これは一概には言えません。どちらにも利点があることは否定できないのです。ただ、経営者としては冷静に判断することが求められます。例えば、十分な金額を借りられるのかどうかと言うことは大事な判断の基準ですし、金利についてもしっかりと見極めることが必要となります。
 
銀行としてはリスク管理の上から信用保証協会を利用したいと考えるのは当然のことだと言えるでしょう。しかし、そうすると企業は保証料を支払わなければなりませんから、銀行に支払える利息の金額には制限が加えられます。銀行としては、保証協会に保証料を支払われるよりも、銀行に利息を支払ってもらいたいと考えるのは自然なことでしょう。
 
そのため、リスクがあまり高くないと判断したのであれば、信用保証協会を利用することを求めずに、プロパー融資を進めてくることもあります。プロパー融資を受けることができる企業は限られていると言えるでしょう。信用を得なければなりませんから、そのために時間がかかることもあります。
 
ただ、健全に融資を受けて健全に返済を続けていれば信用を得ることはできますから、何よりもこつこつ経営を高めていくことが大事です。

 

基本 お金を借りる コラム

1 2 3 5