借入審査

即日借入審査のカードローンで今すぐお金を借りるには

大垣共立銀行の教育ローンでお金を借りるには~専業主婦でもお金を借りれる


スポンサーリンク

無職だと教育ローンの契約は非常に厳しいが

大垣共立銀行では、教育ローンが利用できます。これから学校に通う人や子供のいる家庭にとっては、とても助かる金融サービスですが、誰もがお金を借りることができるとは限らないのが現実です。ローンは借金と同じです。必ず借りた分を、決められた日までに返さなければなりません。
 
返すには収入がないと難しいため、基本的に無職の立場の人は、大垣共立銀行の教育ローンの契約は大変厳しいといえます。仕事をしておらず、収入がないことだけが、問題になるわけではありません。仕事がない人は行方がわからなくなる可能性が高いことも、理由の一つです。仕事をしていない学生本人であっても契約するには、ややハードルが高くなります。
 
しかし、専業主婦の立場であれば、申し込みを受け付けてくれる可能性が高まります。多くの金融機関で、専業主婦への融資サービスを提供しています。条件として、配偶者に安定収入があることが必要ですが、子供や自分自身が学校で勉強をしたいのであれば、専業主婦でも可能なローンを積極的に申し込んでみましょう。
 
ただし、自分自身に収入がある人に比べると、借りられる金額が少なく抑えられるケースが多いことを覚えておいてください。
 
 

大垣共立銀行の教育向け専用ローンとフリーローン

大垣共立銀行で教育向けローンを選ぶ場合、専用のローンだけでなく、たくさんの種類が存在します。マキシマム・ミニ、ザ・マキシマムや子育て太鼓判、青春太鼓判、進学ローンにポピュラーローンなどです。
 
専用ローンは進学ローンが当てはまります。最大で500万円まで借りることができ、年利は3.225%です。ポピュラーローンはフリーローンに該当します。最大で500万円の借入れが可能で、年利は5.5%~10.5%となっています。専用ローンの進学ローンは、金利の低さが魅力的です。利息を少なくしながら、学費として借りるには、大垣共立銀行では最も優れたサービスといえます。
 
しかし、金利が低い金融サービスほど、審査が厳しくなるのが現実です。この進学ローンは専業主婦の申し込みができないことになっているのも、やや使い勝手が悪いと判断できます。フリーローンであるポピュラーローンも、専業主婦では利用できません。どちらもその都度の融資に対応しておらず、一気に契約するタイプですので、臨時で学費が必要になった場合には、即対応できない問題点を持っています。
 
これら問題点を回避するなら、カードタイプのローンを利用するのがおすすめです。
 
 

利便性の高いカードローンは4つ

急な出費に対応しやすい、大垣共立銀行のカードローンならとても使いやすくなっています。マキシマム・ミニザ・マキシマム子育て太鼓判青春太鼓判から選べます。この内で、青春太鼓判だけ専業主婦の申し込みが不可となっています。
 
マキシマム・ミニの限度額は50万円と少なくなっていますが、9.8%の低い年利が魅力的です。ザ・マキシマムであれば、最大1000万円まで対応できます。4.5%~12.0%という比較的低い年利で借入れが可能です。
 
子育て太鼓判は妊娠や不妊治療、子育て中の人が申し込めるものです。最大限度額は200万円まで、4.975%の年利です。青春太鼓判は在学中か、4月に進学する子供がいる人に限定される金融サービスになります。最大で300万円まで借りられ、3.975%という年利は、大垣共立銀行のカードローンラインナップの中では最も低金利の設定になっています。
 
マキシマム・ミニは限度額が低いため、あくまでも手元の資金に足りない分を補う意味で、使う価値があります。青春太鼓判は条件がよいですが、専業主婦では申し込めませんので、ザ・マキシマムか子育て太鼓判の2つが申し込みやすく、使い勝手がよいと判断できます。

 

基本 お金を借りる

年金暮らしの人がお金を借入れるには信用金庫のカードローンや医療福祉機構の年金担保貸付事業


スポンサーリンク

年金暮らしで借りられるのかどうか

年金は社会問題の一つとなっていて、財政問題と大きな関係があることから、給付される金額が徐々に減少していくことがすでに分かっています。ですから、年金だけで生活をするのはかなり難しいという方はたくさんいらっしゃるでしょう。
 
蓄えがたくさんある時代ならそれなりに何とかなるのですが、現在の経済状態ではなかなか蓄えもできず、経済的に苦しくなってきた高齢者方は多くいますし、今後も増えていくものだと考えられます。
 
そんなときに、突然の出費があってお金を借りることに必要性が生じれば、借金のできるところはあるのでしょうか。ここでは、年金暮らしの人がいざというときに借りられるのかどうかについて紹介していきたいと思います。結論だけ先に言っておくと、いろいろな制度を利用することによって借りられるケースもありますから、いざというときにどうしようもないと絶望的になる必要はありません。
 
絶望するよりも、借りられる方法を知っておいて、いざというときに備えておく方が有用です。なお、借りられる金融機関は民間の銀行や消費者金融だけではありません。ほかにもいろいろなところが融資を行っていますから、是非知っておきましょう。
 
 

民間の銀行や消費者金融から借りる

借入をしたいと思ったときに真っ先に思いつくのが銀行や消費者金融でしょう。民間の銀行や消費者金融は積極的に融資を行っています。それぞれの金融機関の条件を見て、借りられるのかどうか確認してみると良いです。その条件の中で最もネックになるのが収入に関する項目です。収入がないと借りられないのが原則です。
 
このときに疑問になるのが、年金は収入として認められるのかどうかと言うことです。この判断は金融機関によって異なっているようですが、年金を収入と認めてくれない金融機関の方が多いと考えられます。特に、消費者金融の場合には総量規制の影響もありますから、年金のみで生活をしている人にとっては、消費者金融はあまり適したものとは言えないようです。
 
もう一つネックになるのが年齢です。年齢の制限を65歳くらいに設定している消費者金融は多くあります。ですから、収入が認められても年齢制限で引っかかると言ったこともあり得ることだと言えるでしょう。銀行は高めに設定していることが多いですから、年齢が問題になるのなら銀行に申し込みをしてみると良いです。
 
これらの条件を満たしていれば誰でも借りられるというわけではありませんから、落ちた場合には別の方法を考えましょう。
 
 

年金暮らしでも借りられるところとは

お金を借りるというと、消費者金融と銀行が主なものだというイメージを持ってしまいがちですが、それ以外にもいくつかの種類があります。その一つが信用金庫です。信用金庫は銀行とは異なる法律によって設立されていますし、消費者金融などのように貸金業者とも異なります。
 
ですから、条件などについても別に定めています。この信用金庫の中には80歳くらいまでに上限を定めているものもありますし、シニア層を対象としたカードローを提供しているところもありますから、割と借りやすいです。近くに信用金庫があるのなら、是非相談してみましょう。
 
もう一つが、年金担保貸付です。これは公的な金融機関である独立行政法人医療福祉機構が提供しているサービスです。年金しか収入のない人向けに、年金を担保として貸付業務を行っています。民間の金融機関から借りるよりも有利な条件で借りられるケースが多いです。
 
例えば、低金利で借りられるなど、優れた点は多くあります。利用目的や利用できる条件などが厳しく定められているのですが、どうしても借りなければならないと言うときには対応してくれるでしょう。ですから、どこからも借りられなくなったのなら、相談してみましょう。
 
(参考)年金担保貸付事業・労災年金担保貸付事業

 

基本 お金を借りる

お金を借りる時、既存のカードローンの増額か?新規で他社借入か?どっちがいいの?


スポンサーリンク

もう少し借りることが必要なときの方法は二つ

キャシングやカードローンで借入をしていると、少し足りないと思って言ううちに限度額いっぱいにまで借りてしまうこともあるでしょう。このようなときに、増額申請によって解決できるケースもあります。
 
しかし、増額申請をすれば、その後は審査が行われて、その結果によって増額できない場合もあるのです。実は、増額は簡単なものではないと考えられます。最初の1回目は簡単に増額ができる場合もありますし、金融機関側から増額の案内が届くこともあるくらいですから難しくはないのですが、その後はよほどのことがない限りは増額はできないと考えておいた方が良いのです。
 
では、どうすれば良いのかというと、もちろんまず増額申請をするのは良いのですが、それでダメなら新たに契約をするのは良い方法です。
 
お金をもう少し借りたいと思ったときには、この二つの方法が基本となります。ですから、それぞれの特徴を理解しておくことは大事なことです。いざお金が必要になったときに、どちらの方法で借りるのが良いのかが分かっていると、スムーズに手続きを進めていくことができるでしょう。まずはこの二つの方法の特徴をそれぞれで解説していきたいと思います。
 
 

増額するための審査の条件について

カードローンやキャシングで増額申請をしている人もいますが、審査に誰もが通るわけではありません。通るための条件はいろいろあるからです。最初に申し込みをしたときには、その属性を元にして限度額を決めています。そのときの状況から変化があまりないのなら、限度額についても同じくらいにしかならないでしょう。
 
ですから、まず変化が必要だと考えておくべきでしょう。例えば、収入が増えたのなら、それはそれで属性の変化としてはポジティブなものですから、それによって通りやすくはなります。また、賃貸マンションに住んでいた人がマイホームを購入すれば、それも属性の変化としてはポジティブに受け取られます。このようなことがあると、増額をしやすくなるのす。
 
特に何も変化がないという状況であっても、長く使っていることで属性の変化としてはポジティブに受け取られることが多いです。例えば1年くらいずっと使い続けていて滞納がない状況や、あるいは、何度か一括返済をした場合などには、その情報がポジティブと受け取られることが多く、それによって増額しやすくなります。このようなことがない場合には、申請してもうまくいかないことが多いのです。
 
 

増額ができないときには新規の借金

増額の申請をしても意味がないだろうと、そう思う人や、あるいは増額の申請をしてみたけれど却下された人などの場合、どうすれば良いのかというと新規に申し込みをするのは良い方法です。新規に申し込みをすれば、その限度額の分だけ借りられる金額は大きくなります。この際に、審査に落ちにくい金融機関を利用するのは良い方法だと言えるでしょう。
 
例えば、消費者金融を利用するのは良い方法だと考えられます。大手の消費者金融なら、落ちる可能性も低いでしょう。例えば、アコム、アイフル、プロミスは大手の消費者金融として非常に多くの人が利用しています。すでに銀行のカードローンを利用している人の場合、それとは別に消費者金融から借入をするのは良い方法です。
 
ただ、保証関係がかぶらないようにすることは大事です。例えば、バンクイックを利用しているのなら、その時点でアコムの保証を受けていますから、新たにアコムに申し込みをすると落ちやすくなりますから注意しなければなりません。バンクイックの保証がアコムで、三井住友銀行カードローンは保証がプロミスですから、このあたりの関係を把握しておくことは必要です。銀行カードローンの保証会社の契約をすれば保証会社を知ることはできます。

 

基本 お金を借りる

担保なしでお金を借りれるプロパー融資とは?~基本は事業性資金である


スポンサーリンク

プロパー融資は保証なしで借りる方法

借金の方法はすでにたくさんありますから、事業性資金を選ぶ際には様々な手段の中から適したものを選ぶでしょう。最近ではプロパー融資が増えてきていて、現在では人気を集めています。一般的な融資とプロパー融資との比較をすることは大事なことの一つだと考えられます。
 
プロパー融資とは、分かりやすく言うと、信用保証協会の保証を受けない融資を指します。個人向けの融資ではなくて事業資金としての融資になるのが普通です。信用保証協会の保証を受けないと言うことですから、つまり保証人なしで借りられると言うことを意味します。
 
個人向けの融資を利用しようと思ったときにも保証を受けなければならないことが多いのですから、企業向けの大きな資金に対して保証が必要ないというと、少し不思議な感じがするかも知れませんが、貸す側としてはそれを見込んで貸すわけですから、それなりに理由はあるからです。
 
事業計画や財務書類などを見ることによって、融資をしても大丈夫だろうと思った企業に対してしか融資は行いませんから、プロパー融資を受けられると言うことは、有望企業だと判断されたと言っても言いすぎではないでしょう。では、ほかの融資とどう違うのでしょうか。
 
 

プロパー融資でお金を借りるときの特徴

プロパー融資が一般的な融資と異なる点について理解しておくことは、今後の経営を進めていく上で有用です。最も大きな違いは保証があるのかどうかと言うことです。
 
金融機関が保証を利用せずに融資を行いますから、リスクを負うことを認めた上で融資を行っています。これが最も大きな違いなのですが、ほかの部分では細かい部分で異なっています。プロパー融資を行う金融機関は主に銀行です。消費者金融が行う融資についてはプロパー融資とは呼ばないのが普通です。
 
一般の融資では担保を必要としないことが多いですが、プロパー融資では担保を求められることもあります。保証協会の保証がないと言うことを考えれば、金融機関のリスクは非常に大きいと言えるでしょう。いざというときに保証をしてくれるところがなければ、リスクが顕在化したときの損失はすべて抱えなければならないのです。
 
保証協会の保証がないためにリスクを丸々抱えなければならず、そのために担保を要求すると言えばわかりやすいのではないでしょうか。逆に言えば、担保を要求されないのなら、銀行という金融のプロの目から見て事業が健全だと言ってもらっているようなものだと言えるでしょう。
 
 

どちらでお金を借りれば良いのか

一般的な融資とプロパー融資は、どちらが優れているのかというと、これは一概には言えません。どちらにも利点があることは否定できないのです。ただ、経営者としては冷静に判断することが求められます。例えば、十分な金額を借りられるのかどうかと言うことは大事な判断の基準ですし、金利についてもしっかりと見極めることが必要となります。
 
銀行としてはリスク管理の上から信用保証協会を利用したいと考えるのは当然のことだと言えるでしょう。しかし、そうすると企業は保証料を支払わなければなりませんから、銀行に支払える利息の金額には制限が加えられます。銀行としては、保証協会に保証料を支払われるよりも、銀行に利息を支払ってもらいたいと考えるのは自然なことでしょう。
 
そのため、リスクがあまり高くないと判断したのであれば、信用保証協会を利用することを求めずに、プロパー融資を進めてくることもあります。プロパー融資を受けることができる企業は限られていると言えるでしょう。信用を得なければなりませんから、そのために時間がかかることもあります。
 
ただ、健全に融資を受けて健全に返済を続けていれば信用を得ることはできますから、何よりもこつこつ経営を高めていくことが大事です。

 

基本 お金を借りる コラム

結婚資金はブライダルローン(目的別ローン)でお金を借りるのがいい?


スポンサーリンク

ブライダルローンとは

結婚をするのはとても幸せなことでしょう。これまで関わってきた人たちに対してお礼をする機会でもありますし、晴れ姿でもある結婚式はぜひ行いたいもの。婚約指輪で素敵にプロポーズしたいし、結婚指輪は結婚しているのですから欠かせません。また、新婚旅行をして思い出を作ったり、結納をして婚約を公的なものにしたり、新居も必要ですし、新居に必要な家具や家電も必要でしょう。
 
とはいえ、そんなことをしていたら費用はいくらあっても足りません。貯金があってもすぐに飛んでいきますし、もしできちゃったのなら貯金をしている暇なんてありませんよね。
 
そんな時おすすめなのが、ブライダルローンです。ブライダルローンは結婚に関する様々なイベントや出費のためにお金を借りることができるローンです。特に一般的なローンと違い、多目的ローンといわれるものに該当します。出費はもちろんかさみますが、もし必要ならお金を借りて新婚の二人でしっかり返済していくこともできるでしょう。
 
このため、ブライダルローンで結婚のイベントをより豪華なものにしたり、新居を余裕のあるものにしたり、行けないと諦めていた新婚旅行に行けるかもしれませんよ。
 
 

ブライダルローンのメリット

ブライダルローンには、普通の借金とは違い様々なメリットがあります。ひとつは結婚にかかる様々な費用に使えるということです。これは新居の敷金・礼金などもそうですし、結婚式費用の足りない分に使うこともできます。
 
もちろん新婚旅行なら旅行もできますし、婚約指輪や結婚指輪、各種記念品を購入することもできます。ブライダルエステにも使えますよ。他のローンならフリーローンなどでもない限りここまで自由にお金を借りられる機会はありません。
 
また、比較的金利が低め、というのもメリットです。実はブライダルローンは他のローンよりも若干ローンの利率が低めです。比較的若い人が利用することが多いので、金利は低めになりその分長く返済することもできるとされています。
 
手元からお金を失わなくて済むメリットもありますね。もしこれから出産を控えているという人や、高齢で結婚したらすぐに不妊治療をしなくてはならないのなら、貯金があると助かります。このため、結婚に関する様々なイベントで貯金を失ってしまうのよりも、何かあった時のためにと取っておけるのは大きなメリットです。その分、不足してしまう分はお金を借りてもいいのではないでしょうか。
 
 

ブライダルローンで気をつけたいポイント

ブライダルローンを使うとき、気をつけたいポイントがあります。まず、基本的な返済プランを考えて借り入れ額を決めるということでしょう。借り入れをし過ぎると毎月の返済が辛くなり、喧嘩して離婚ということになりかねません。このため、借り入れし過ぎると今度は長期的な借金に困ってしまいますから、返済プランを考えましょう。ちなみに借り入れ前にシミュレーションをしてくれるサービスがある金融機関もありますから、活用しない手はありません。
 
次に用途についてです。いろいろなことに使えるのがブライダルローンのメリットですが、これは消費者金融やゆるい銀行などの例です。実は厳しい銀行に関してはブライダルローンのサービスはあっても、想定しているのは結婚式の費用だけとしているところもあります。
 
この場合、ブライダルエステの費用を借りたいのならフリーローンとして借りるということになるかもしれませんので、銀行ごとに違うブライダルローンの用途がどのような用途になっているかをチェックして、いいローンや使いたい用途に当てはまっているところから借りたいものです。
 
とはいえ、ブライダルローンは幸せなことですから、最初に余裕を持っていたほうが結婚生活が幸せになる場合もあります。

 

基本 お金を借りる コラム

デンタルローンは銀行、信販会社、キャッシングなど、どこでお金を借りるのがいいの?


スポンサーリンク

歯の治療を分割払いで

歯の治療費は他の医療費より高額になるケースが多いとされています。普通の虫歯治療でも義歯の種類によっては保険治療ではなく自由診療の扱いになる事も多いからです。通常の病院とは違って保険診療と自由診療が同一の治療の中で混ざり合う事が多いのです。
 
また、インプラント治療や歯の矯正となると初めから自由診療となり数十万円から百万円単位の治療費となってしまいます。この場合は一括でお金を払う事が難しくなるためにローンを組むことが一般的です。
 
大抵の歯科ではデンタルローンと言う歯科医療専門のローンを取り扱っていますが、歯科を通さずに個人で申し込む事も可能です。
 
 

デンタルローンとは何か

通常、生活費等のお金を借りる場合はキャッシング等のフリーローンを使う事が多いでしょう。目的を固定せず何に使っても自由なローンです。
 
しかし金利がそれなりに高いということもあり、歯科治療でかかる百万円単位の金額を通常のキャッシングで用立てた場合、歯科治療で多重債務者となり場合によっては自己破産まで追い込まれる可能性すらあるのです。
 
そこで銀行ではなくて信販会社が歯の治療目的に限った金利の安いローンを用意しているのです。通常は歯科治療を始める際に治療金額見積もりをローン会社に歯科より出してもらい、それに合わせて審査、認定、振り込み、治療開始という流れになります。
 
 

デンタルローンのメリット

デンタルローンのメリットは何といっても金利の安さでしょう。高額な治療費にも対応できるように年利5~10%と通常のローンよりかなり低い金利設定となっており、資金に余裕がない人でも安心して高度の医療を受ける事ができるようになっています。
 
また、普通は総量規制という決まりによって年収の三分の一以上のローンは組めないことになっています。しかしデンタルローンは歯の治療限定という事でい一般の消費行為とは分けて考えられており、この総量規制の対象外です。従ってある程度ローン支払いがある人でも申し込みができるのです。返済回数も最長84回(7年)と余裕があります。

 

基本 お金を借りる コラム

結婚費用のためにお金を借りる~ブライダルローンはどこがいいの?


スポンサーリンク

目的別ローンについて

ローンとは、要するにお金を借りることです。キャシングも同様です。ただしローンにも多目的ローンと目的別ローンがあります。多目的ローンとは、通常のカードローンのように借りるお金の使い道は原則、自由です。
 
それに対して目的別ローンは違います。借りるお金は、その目的にしか使ってはいけないのです。たとえば住宅ローンや自動車ローン、教育ローン、それにブライダルローンなどです。一般的に目的別ローンは、金利が低くて融資限度枠も大きく、有利な借り入れができます。
 
しかし、その一方で審査難易度は高いので、申し込んでも審査に落ちてしまう可能性は、多目的ローンよりも高いと考えて間違いありません。こうした特徴は事前に把握しておきましょう。
 
 

ブライダルローンの特徴

銀行をはじめとした金融機関では、最近、ブライダルローンが充実してきています。各ローン会社が特徴的な商品を提供していますので、利用者にとっては選択肢が増えたので良いことだといえるでしょう。

人気あるブライダルローン

・ジャックス プレシャンテ
・常陽ブライダルローン
・楽天銀行ブライダルローン
・北陸銀行ブライダルローン
・損保ジャパン「ブライダルローンB100」
・千葉銀行ブライダルローン
 
一般的なブライダルローンは、限度額は300万円くらいが主流です。ただし実際に幾ら融資してもらえるのかは審査結果次第です。金利は各会社によって違いはありますが、会社や商品によっては5%~7%くらいで借り入れすることも可能です。しかし、これも審査結果によってはもう少し高くなってしまうことも考えられます。
 
いずれにしても、通常のカードローンよりも少ない利息で借り入れできますので、結婚費用のためのローンなら、ブライダルローンこそが最適です。
 
 

お金を借りる際の注意点

借り入れとは借金ですので、ブライダルローンも借金であることには変わりがありません。たとえどんなに有利な借り入れでも、借りたら返済しなければならないのです。特に借入額が大きいローンは事前の返済計画は盤石にしておくべきです。
 
ブライダルローンは会社によって色々な返済方法がありますので、返済方法別に商品選びをするのも一案です。また、中には変動金利で利用できる商品もありますので、固定か変動か、金利タイプの選択にも注意しましょう。
 
とにかく、ローン商品は審査と金利と返済方法と、その他の要素を総合的に考えて判断しなければなりません。ですからブライダルローンを利用する際にも、最初から一社に絞るよりも幾つかの会社を比較検討するのが基本と言えます。

 

基本 お金を借りる

借入金額によっては収入証明不要でのキャッシングも可能である?消費者金融でもOK


スポンサーリンク

収入証明書不要でキャッシングをする

長い人生の間には、どうしてもまとまったお金が必要になることもあります。日ごろからしっかり貯金をしていればいですが、あまり貯金がないという人は、誰かに頭を下げて借金をするよりは、金融機関からキャッシングするといいでしょう。
 
最近は消費者金融だけでなく、銀行もいろんなカードローンを扱っているので、以前に比べるとお金を借りやすくなりました。
 
しかしキャッシングの申し込みをすれば、誰でもお金を借りれるわけではなく審査というものがあります。審査は貸したお金をしっかり返済する能力があるかを確認するため、収入を重要視する所が多いです。
 
特に消費者金融では総量規制があるために、年収の3分1までしか貸しだすことができません。なので高額な借入を希望する場合は収入証明書が必要になります。収入証明書は源泉徴収票や確定申告書など収入がわかるものですが、希望借入額が少額な場合は収入証明書不要でキャッシングできる所も多いです。
>>キャッシングと年収の関係には何がある?
 
キャッシングに申し込むとほとんどの金融業者では、在籍確認審査があります。申し込み用紙に書かれた職場に本当に働いているか電話で確認するものですが、金融業者名などを名乗ることはないので安心です。
 
 

キャッシング申し込みの時の必要書類

カードローンは限度額以内ならば何度でも借入ができるので便利です。ローンカードを持っていれば、いつでもどこでもお金を借りれるので最近ではいろんな世代の人が利用しています。
 
申し込みには担保や保証人も必要ないので、誰にも迷惑をかけずに借入ができます。必要書類は運転免許書や保険証などの本人確認書類で、借入金額によっては収入証明書が費用なケースと不要なケースがあるので、申し込む前によく確認するといいでしょう。
 
本人確認書類の住所と現住所が違う場合は、今住んでいる住所がわかる住民票の写しや、公共料金の領収書を提出しなければいけません。
 
即日融資を受けたい場合は、必要書類をしっかり揃えておかないと、審査が遅くなり即日融資が受けられなくなるので気をつけてください。
 
キャッシング審査に通りたいからといって、他社の借入などを嘘の申告をする人もいますが、信用情報機関ですぐに調べられるので嘘がバレてしまいます。嘘がバレるとこの人は信用できない人と思われ、審査に落とされやすくなるので、正確に申告することが大事です。
 
申し込み用紙に誤字脱字があると、嘘を書いていると思われ審査に通りにくくなります。提出する前に誤字脱字がないかしっかり確認してから提出しましょう。
 
 

キャッシング審査に通るコツ

キャッシングに申し込みをする場合は、いろんな書類を揃えなくてはいけないので、面倒くさいと感じる人も多いです。しかし最近は担保や保証人も必要なく、収入証明書も不要で申し込める金融業者も多いです。
 
収入証明書が不要になるケースは、借入額が少額な契約が多いですが、総量規制の関係で銀行と消費者金融では不要になる額が大きく違うので、よく確認することが大事です。
 
キャッシングの申し込みをすると、どこの金融業者でも審査をおこないます。審査はその人の返済能力を重視するので、勤務期間が短いと安定した収入がないとみなされ審査に落とされやすくなります。
 
たとえ収入が少ないパートやアルバイトでも、勤務期間が長ければ安定した収入があるとみなされるので、審査に通りやすくなります。できるだけ半年以上勤務してから申し込むようにしましょう。
 
どうしてもお金を借りたいからといって、複数の金融機関に同時に申し込みをする人がいますが、信用情報機関に申し込み履歴が残るので、この人は相当お金に困っていると思われ審査に落とされやすくなります。
 
一度審査に落ちた場合は最低でも3カ月以上の間隔をあけてから、他の金融業者に申し込むようにしましょう。

 

タグ :

基本 お金を借りる

即日融資で今すぐ1万円をキャッシングするには?消費者金融は1万円~借入可能である


スポンサーリンク

キャッシングやカードローンについて

キャッシングは現金を引き出すという意味であり、消費者金融などの貸金業者が行っているサービス名のほかクレジットカードの現金を借りることできるサービス名としても使われています。
 
一方でカードローンはカードを使いCDやATMなどを使って借入れや返済ができるというものです。主に銀行などが行っているサービス名ですが、近年は大手消費者金融でも同等のサービスを提供していることからカードローンのサービス名を使うようになっています。
 
いずれの場合もあらかじめ返済能力を審査し、その返済力に見合う融資枠を設定して、その枠内であれば自由にお金を借りることができるというものです。特にローンカードを利用して借入れと返済を行う場合には機械で自動で行なわれるので即日融資を受けることができるメリットがあります。
 
一方で審査でも即日で対応しているところもあり、早ければ当日中に自動契約機でローンカードが発行され、お金を借りることができます。
 
利用条件としては消費者金融であれば、一定の収入があれば、アルバイトやパートでも利用することができますが、銀行などの場合には利用条件が厳しい傾向にあり、一定の職業や勤続年数、また収入がなければ利用できません。
 
 

借入れるさいの注意点について

お金を借入れるということは借金であり、借りたお金のほかその手数料として金利を支払う必要があります。金利は年率で表現されますが、日本では法定金利が20%を上限としており、その範囲内での設定が行なわれます。
 
消費者金融であれば、大手であれば上限金利は18%ほどで、銀行の場合は15%を上限としているケースがほとんどです。消費者金融は金利が高いぶん低い信用力でも利用することができます。
 
一方で消費者金融を利用する場合には年収の3分の1以内までしか借りることができず、また借入金額が50万円を超える場合や他社と合わせて100万円を借入れる場合には所得証明の提出が義務付けられています。
 
一方で銀行は年収による制限はありませんが、カードローンなど融資枠を設定するローン商品の場合にはおおむね年収3分の1以内の設定になります。また所得証明は銀行によって対応が異なっており、最初から必要なものもあれば、100万円以上といった金額を利用するさいに提出が義務付けられるものものなどがあります。

収入証明提出の限度額

・三井住友銀行カードローン(300万円)
・ソニー銀行のカードローン(300万円)
・じぶん銀行カードローン(300万円)
・イオン銀行 カードローン BIG(300万円)
・みずほ銀行カードローンエグゼクティブプラン(200万円)
・楽天銀行 スーパーローン(300万円)
・横浜銀行カードローン(300万円)
・オリックス銀行カードローン(300万円)
・ジャパンネット銀行 ネットキャッシング(300万円)
 
なお、銀行でも即日審査、即日融資を行ってくれるところも増えてきており、審査基準という点を除けば消費者金融と変わりない利便性のあるものも多くなっています。
 
 

1万円でも借りることができるのか

即日で融資を受けられるのがキャッシングやカードローンの魅力といえます。また金利の高さについても短期の借入れであればそれほど苦にならないため、最初から短期で返済することを目的に借りれば、それほどマイナスという面はありません。
 
特に給料日前の生活費が困難になったり、ほかの有利な融資制度を利用するまでのつなぎとして利用するには、即日審査、即日融資は強い味方になります。
 
一方で借入れるさいには一定の単位で借りることになります。1万円でも借入れができるところもありますが、多くのところでは1万円を最低単位としているところがあり、もし1万円未満の借入れを希望するのであれば貸付単位が1000円単位の貸付を行っているところを選ぶ必要があります。特に必要な金額が1万円であれば、必要な金額を借りることで金利の負担を軽くすることができます。
 
また基本的に1000円以下の借入れは出来ないことになっており、この影響もあって返済時に1000円以下の融資残高があっても、金利がつかないというケースもあります。これは返済できるATMが端数に対応していないための救済措置とも言えるものです。なお、返済金額が多すぎた場合には請求することで後日、返金されるのが一般的です。

 

基本 お金を借りる

銀行の借入審査をして今すぐお金を借りるならスマホやPCでのキャッシングは便利だね


スポンサーリンク

項目の確認は簡単にできる

銀行カードローンは今の銀行はインターネットに対応している銀行が多いことからネット申込みできるところが増えています。ネット申込みするときに銀行カードローンの申し込みにおいてどのような項目を聞かれるのか気になるという人はこれは簡単に確認することができるので覚えておくとよいです。
 
まず、確認方法はどんな銀行カードローンでもよいのでネット申込みできるところを探しておき、実際に申込ページへアクセスしましょう。
 
こうして申込みページへアクセスするとその時点で申し込みを完了することになると思っている人がいますが、それは違います。申し込みページへアクセスすると、そこで様々な項目へ必要事項を入力することになり、それをすべて入力したら送信ボタンを押します。そうすると、最終確認の画面が出てそこで申し込みをするかどうかを最終決定するという流れが主流です。
 
銀行カードローンのネット申込みでどんな項目がありどんな情報を提出することになるのか気になるという人は上記のように実際にネット申込みのページへアクセスして確認してみるとよいです。この方法が一番確実であり、素早く知りたい情報を入手することができます。
 
 

銀行カードローンはどこも似たような情報

銀行カードローンへ申し込むときに提出することになる必要な個人情報はどのような銀行カードローンでも同じような内容です。名前や住所、勤務情報から借入(他社借入件数や借入総額)情報などです。基本的に申し込みをするときはあれこれ悩む必要はなく、自分の現在の情報をそのまま事実の通りに入力すればよいだけです。
 
また、これらの情報によって審査の通りやすさは当然ながら変わってきます。例えば、雇用形態が正社員なのかアルバイトなのか派遣社員などか、当然ながら収入が安定しているのは正社員であり、アルバイトのほうが審査で不利になります。
 
だからといって嘘の情報から申し込みをしてもそれは必ずばれてしまうので、必ず正しい情報から申し込みをするようにしましょう。嘘の情報から申し込みをしても審査の過程において書類確認や電話確認など、様々な確認作業が待ち受けているので、そうした作業からばれる可能性が極めて高いです。
>>お金を借りるために大切なことは?~在籍確認&信用情報
 
また、嘘がばれてしまうと単純に審査で不合格になるだけではなく、金融機関における信用情報が大きく低下してしまうので、場合によってはいわゆる信用ブラックという状態になってしまうこともあります。そうなると今後は審査に合格することが厳しくなります。
 
 

ネットの利点は手間がかからないこと

銀行カードローンは各社によって様々な申込方法が用意されていますが、一番簡単に楽に申し込みを完結することができるのは確実にネット申込みです。
 
ネットから申し込みをするメリットは夜間でも早朝でも、自分に時間があるときにすぐに申し込みを終えることができることです。仕事が忙しい人は店頭へ行く時間がありませんし、郵送を利用するにしては書類のやりとりに時間がかかるので、結果として融資を受けるのも時間がかかることが多いです。
 
ネットから申し込みをする場合は即日融資を実施している銀行カードローンなら、いつ申し込みをしてもすぐに即日融資として申し込むことができますし、基本的にネットからの申し込みは手続きの流れが早いので融資を受けるスピードも速くなってきます。
 
即日融資として申し込みをする場合はそれぞれの銀行が何時までなら即日で審査をやってくれるのかを確認するようにしましょう。
 
また、土日祝は銀行が休業日なので、そうした場合に申し込みをするときはネットから申し込みをしても翌営業日に手続が開始されることになるので、これは注意点として覚えておくことが大事です。週末にお金を借りたいなら平日の間に申し込みましょう。

 

タグ :

基本 お金を借りる