借入審査

即日借入審査のカードローンで今すぐお金を借りるには

主婦や専業主婦の人はキャッシングできないのは本当?嘘?専業主婦は消費者金融系での借入は無理?


スポンサーリンク

即日融資にまつわるウワサ

現在ではコンピュータを利用した迅速な審査ができるようになったことで「即日融資」が広く行われるようになりました。
 
顧客が伝えた情報をコンピュータに入力して審査を行うことで機械的に融資の可否を判断する(スコアリング)ということで多くの人が素早く融資を受けられるようになったのです。ただしかし、この即日融資は誰でも必ず受けられるというわけではありません。
 
そこでは審査が行われるわけですから、もし審査の中で融資ができないとして判断がされてしまったり、詳細をもっと確認しなくてはならないと判断がされてしまったのであれば即日融資には至りません。
>>即日融資も可能なアコムの口コミとは?
 
さて、そうした中ではさまざまなウワサが飛び交うようになっています。そこでよく見受けられるのが「主婦は即日融資を利用できない」と言うようなものなのですが、これについてはウソだ、ホントだというようにさまざまなことが言われています。
 
こうしたウワサが立つようになったのは2010年ごろのことで、このころには貸金業法が改正されたことで消費者向け融資のあり方が大きく変わりました。そして結論から言えば、主婦が即日融資を受けられないというのはウソにもホントにもなるのです。
 
ではそれはどういうことなのか見ていきましょう。
 
 

主婦が融資を受けられないのはウソ

さて、まず最初に「主婦が即日融資を利用できない」ということについてですが、これは言葉だけを受け取るのであれば完全にウソだと言ってしまえます。
 
基本的にどのような業者でも主婦だからという理由だけで融資を断るということはありません。業者からすれば融資をできる相手にはなるべく融資をして利息を払ってもらいたいわけですから、そこで融資相手を減らすようなルールは作りたくないのです。
 
実際金融機関などではパートとして働いている女性や、そうではなく家事に専念しているという女性であっても顧客としてみなしてくれます。
 
前者(パート主婦)の場合はそのパートで得ている収入を本人の収入として判断してくれますし、後者(専業主婦)の場合は残念ながら本人の収入はゼロとなるものの、働いている夫の年収を適用して融資の可否を判断する配偶者貸付の制度を利用すれば問題なく融資を受けることができます。
 
こうしたことを考えておけばあとは通常通りの審査を受け、それをクリアすることができたのであれば借りることができるのです。つまり絶対に借りられないと言われたのであれば、そんなことはないということになります。
 
もし「パートもしてないから…」という理由で諦めていたのであれば、こうしたことを覚えておくようにしましょう。
 
 

「主婦が融資を受けられない」がホントになるケース

さて、しかしながらもし完全にウソだというのであれば、そもそもこんなウワサは立ちませんでした。「火のない所に煙は立たない」と古くから言いますが、実は見方によっては主婦は融資を受けられないというのがホントになることもあるのです。
 
これはどういうことかと言うと、最も分かりやすい例になるのが「結婚後パートに出ずに家事に専念している人が消費者金融に融資を申し込んだ」と言う場合です。
 
これがなぜ融資を受けられないのか、その説明のためには総量規制という制限について触れる必要があります。この制限は改正貸金業法によって施行されている制度で、ここでは「消費目的融資は本人の年収の1/3以下までとする」という制限が存在しています。
 
重要なのは「本人の年収の」の部分です。先ほどの例ではパートに出て働いている人と夫の収入を参照する配偶者貸付の制度について触れましたが、この「年収がゼロ円の人が夫の収入などを使用せずに消費者金融に融資を申し込む」というパターンはどちらにも当てはまりません。こうなると消費者金融がどれだけ融資をしたくとも、総量規制があるために融資は不可能と言うことになるのです。
 
ここまでで触れてきたウワサはこのことが間違って広まった結果出てきたものだと考えられます。

 

基本 主婦、専業主婦キャッシング

パート主婦は消費者金融も銀行カードローンも借入可能だが、無収入の専業主婦は銀行カードローン


スポンサーリンク

主婦とカードローンの法律上の問題

主婦がカードローンを利用する際に関係がある法律は、総量規制です。
 
これは年収の3分の1を超える貸付をおこなってはならないという内容の法律で、金融業者のうち貸金業者と言われる業者に科せられています。貸金業者は消費者金融やクレジットカード会社が含まれます。キャッシングのみについてのことですから、クレジットやローンのショッピングについては関係ありません。
 
この法律に違反することで、貸金業者は刑事罰や行政処分を受ける可能性があります。そのため正規業者で健全な経営を目指しているのであれば、この法律を厳守します。収入がないと総量規制の範囲がそもそも存在していないのですから、無収入では貸金業者のキャッシングは利用できないことになります。
>>キャッシングと年収の関係には何がある?
 
しかし収入を得ている方法がパートやアルバイト、契約社員、自営業などでも構いません(日雇い労働者の借入は基本無理)。その点、この法律が施行する前よりも緩やかに審査している業者が多くなった印象です。
 
これを機に年収条件などを外した業者も多く、収入があるのであれば、貸金業者のカードローンは更に利用しやすくなっています。全体的にその傾向がありますので、業者が選べるという選択肢も増えたことになります。
 
 

パートをしている主婦にお薦めのカードローンは

カードローンのキャッシングで総量規制が関係ない金融業者の代表は銀行です。銀行も消費者金融との提携によって、無担保保証人不要の個人向け融資での審査ノウハウ(スコアリング)などを手に入れ、積極的に行っています。
 
以前と比べて格段に審査スピードや融資実行までの期間も早くなり(バンクイックは1時間ほど)、利用しやすくなっています。パートをしている主婦であれば、どちらも利用できます。一般的に即日融資を希望するならば消費者金融を申込のターゲットにし、低金利や印象を重視するなら銀行の選択がお薦めです。
 
ただし低金利に関しては銀行ごとに提供している商品が違い、消費者金融並みの金利になっているものも見られます。その反対に長く付き合っているうちに、優良顧客となれば銀行並みの金利の優遇が期待できる消費者金融もあります。融資限度額の設定が大きなのは銀行と言われていますが、審査は金額の応じて慎重になります。
 
50万円までの金額であれば、他社借り入れがなく総量規制にも問題がないのであれば、消費者金融の方が借りやすかったという感想も多く持たれています。自分がどういった融資を受けたいかによって、審査で重視する優先順位を決めて、申し込む業者を選択すると良いでしょう。
 
 

専業主婦の場合、利用できるカードローンは

パートやアルバイトをして定期的な収入がある場合に比べ、専業主婦の場合には、カードローンが申し込める金融業者は限られてきます。
 
まず消費者金融やクレジットカード会社のキャッシングは無理です。銀行のカードローンを狙うことになります。申込条件に収入条件が盛り込まれていたり、その他自分が申し込めないようなものが条件に入っている可能性もありますので必ず確認は必要ですが、積極的にターゲットとしている銀行であれば、「専業主婦でも申し込めます」といったことを明らかにしています。

専業主婦(主夫)でも借入可能

・みずほ銀行カードローン
・新生銀行カードローン レイク
・三菱東京UFJ銀行 バンクイック
・イオン銀行カードローンBIG
・ソニー銀行のカードローン
・楽天銀行スーパーローン
・東京スター銀行スターカードローン
・じぶん銀行カードローン
 
そのように書かれているものを利用するのがおすすめです。その際に、配偶者の同意などは必要としない銀行が多く、そういった銀行であれば単独での計画になります。返済口座が必要な場合は、自分名義の口座を作らなくてはならないでしょう。
 
ただし申込には家庭の収入のおおよその額を記入する欄があることも見られ、返済義務は借主がもちろん負うことになりますが、貸付限度枠などの決定において参考にされることは考えられます。
 
それでも無職ということで、貸し付け限度額は全体的に低めの設定になっていることが多い傾向です。金利も借主本人が収入がある人と比べて、保証会社との関係もあって、若干高めになってしまったケースも見られます。

 

基本 主婦、専業主婦キャッシング

専業主婦は銀行カードローンなら内緒でお金を借りれますが、基本消費者金融での借入は無理


スポンサーリンク

専業主婦が内緒で借りれる会社は銀行だけ

専業主婦が家族に内緒でカードローンを利用するには審査が緩い会社を選ぶことが重要となってきますが、根本的に申し込める会社がかなり限定されてくるので、その範囲において審査の緩いところを探すことになります。
 
まず、カードローンは銀行か消費者金融(や街金)かどちらかの会社へ申し込むことが多いですが、専業主婦は収入が全くないので消費者金融へ申し込むことは総量規制の問題から不可能となります。
 
これを知らずに申し込みをしてしまうと、不合格になってしまい、次から次へいろんな会社へ一定の期間で申し込んでしまうことがあるので、それは信用を落とす(申込ブラック)ことに繋がることがあることを注意点として覚えておくことが大事です。
 
銀行のカードローンなら総量規制が適用されないので収入がない人でも申し込むことが出来ます。上記の内容が基本となるので、専業主婦が家族に内緒でカードローンを申し込むのであれば銀行から申込先を探していくようにしましょう。

専業主婦に人気あるカードローン

・みずほ銀行カードローン
・三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック
・新生銀行カードローン レイク
・じぶん銀行カードローン
・住信SBIネット銀行カードローン
・イオン銀行カードローン BIG
・静岡銀行カードローンセレカ
・東京スター銀行スターカードローン
・ジャパンネット銀行ネットキャッシング
・りそなクイックカードローン
・楽天銀行スーパーローン
 
また、配偶者の貸し付けを活用する場合ならば家族にしっかりと相談することになりますが、申し込むことが出来る選択肢は銀行だけではなく、消費者金融でも申し込むことが出来るようになってきます。

配偶者貸付可能な消費者金融

・レディースフタバ
・プロミス
・ベルーナノーティス
 
 

銀行へ申し込む条件は収入証明不要

専業主婦が家族に内緒で銀行へ申し込む時に絶対条件となることが2つあります。
 
1つはカードローンの申込条件において家庭に専念している主婦(専業主婦や専業主夫)も申し込みの対象となっているかどうか、もう1つは収入証明なしで申込むことができるかどうかです。
 
審査が緩いところを利用して審査に合格することを目指すというよりも、基本的に上記で紹介した2つのポイントをクリアすることが出来る会社であれば、後は信用などに問題がなければ借りれることが多いです。
 
カードローンの申込条件は本当にそれぞれの会社によって違います。学生はダメ、主婦でも仕事をしているか、配偶者貸付ならOKというところが多いですし、しっかりと自分が申し込むことが出来る条件となっている銀行(又は消費者金融)を探すようにしなければなりません。
 
収入証明については収入証明無しから申し込むことが出来る銀行カードローンは色々と見つけることが出来ます。この内容は身分証明だけを用意しておけば申し込むことが出来るという内容なので、収入を持っていない人でもこの内容から申し込みを探せばしっかりと申込むことが出来ます。上記の内容は重要ポイントとなるのでしっかりと覚えておくようにしましょう。
 
 

返済をどうするかは根本的な問題点

専業主婦でも銀行から自分が申し込める会社を探せば、全く収入が無い状態でもカードローンを利用することは出来ます。イメージとしては専業主婦が家族に内緒でお金を借りるなんて難しいというイメージが強いですが、実際は申し込めるところを見つけることが出来ると、かなり簡単に借りることが出来ます。
 
しかしながら、根本的な問題点として収入がないのにどうやって返済をしていくのかは考えておく必要があります。人によっては家計のやりくりにおいて、内緒で家計の収入からこっそりと返済をしていく計画を考える人もいますが、とにかく注意をしなければならないことは返済日に遅れないようにすることです。
 
返済日に遅れてしまうと、遅延損害金が発生しますと、自分の信用情報も低下してしまうことがあるので、本当に返済だけは慎重に計画を考えておく必要があります。
>>遅延すると家族にバレることもある?
 
なるべく、毎日の生活で働く時間を持つことが出来るのであればアルバイトやパートなどから仕事を見つけておき、安全に返済出来る状況を作っておきたいところです。収入が少しでもあるかどうかは非常に大きなポイントになってきます。やはり収入が有る方が返済をスムーズにしやすくなります。

 

タグ :

基本 主婦、専業主婦キャッシング