借入審査

即日借入審査のカードローンで今すぐお金を借りるには

内定の決まった学生は消費者金融でキャッシングできるの?


スポンサーリンク

新卒でも借入ができるのか

銀行や消費者金融でお金を借りるには、安定した収入が必要です。たとえ学生であっても、20歳を過ぎていて、アルバイトで安定収入があれば、借りられる場合があります。社会人よりは厳しいですが、貸してくれる会社はゼロではありません。
 
では新卒はどうでしょうか。まだ学生だが、新卒採用(内定)が決まっている、という場合です。就職活動にあたってアルバイトは辞めてしまって無収入、しかし近い正社員で働くことが決まっている、という人は、意外と入用です。新社会人の準備をするため、背広や靴を揃えなくてはなりません。就職にあたって引越しをする人もいるでしょう。まとまった出費になります。
 
普通なら親に借りるところですが、半分社会人という意識も働き、親に借金というのも気が引ける人が多いでしょう。そんな時に便利なのがカードローンやキャッシングです。多少の利子はつくものの、きちんと返済すれば、誰にも頭を下げる必要はなく、気兼ねすることもありません。
 
新卒採用が決まっている人の借入ですが、正直簡単ではありません。いくら就職が決まっているとはいえ、まだ内定の段階です。内定は取り消される可能性もゼロではありません。今現在は無収入ということであれば、銀行や消費者金融などで融資を受けることは難しいでしょう。
 
 

学生ローンや学生専用クレジットなどで借入が可能

では、新卒採用の内定が出ている学生は、お金を借りる方法がないかといえば、決してそうではありません。一番良いのは親に借りて就職後に返すことですが、どうしてもそれが嫌という人は、学生ローンを検討してみると良いでしょう。
 
学生ローン(学ロン)とは、学生を対象にしているローンのことです。もともと学生が対象ですので、学生という理由で断られることはありません。安定収入があることが条件ですが、少額でも大丈夫です。もしも就職活動にあたってアルバイトは辞めてしまった、というなら、また短期のアルバイトでも始めるという方法があります。
 
人気の学生ローン、マルイは、金利15.0%~17.0%、インターネットで申し込みが可能です。ほかにも学生ローンはいろいろあります。金利や返済方法などを比較して決めると良いでしょう。
 
しかしやはり学生ローンでも、アルバイトもしていない人は厳しいです。借入のためにアルバイトを始めるといっても、就職も決まっている状態で、またアルバイトという気にもなれない人が多いでしょう。そもそもアルバイトが出来るなら、借入などしないのではないでしょうか。
 
もう1つの方法としては、学生専用のクレジットカードをつくり、キャッシング枠を利用することです。学生専用のものは、比較的ハードルも低いです。
 
 

借入は就職してからが無難

新卒採用の内定が出ている状態の学生でも、借入する方法がないわけではないことがお分かりいただけたことでしょう。
 
しかし、借入が難しいことは確かです。就職して、安定収入を得られるようになってから借入するほうがずっと良いでしょう。新生活を始めるにあたって、どうしても必要なものを購入する、などの出費であれば、親に貸してもらうのが一番です。就職して、初任給で倍返しすれば、親もきっと喜ぶでしょう。
 
それ以外の理由なら、就職するまで待つのが賢明です。新しいスマホは社会人になってからでも十分です。ただ、就職してすぐに借入ができるかといえば、それも難しいです。勤続年数も審査基準の1つとなっているため、1ヶ月やそこらではなかなか貸してもらえません。
 
ただ、大手ではなく中小の消費者金融なら、大手に比べて審査も緩いので、貸してもらえる可能性はあります。京都にあるキャネットは、審査が通りやすく、申し込みが楽ということで人気を集めている消費者金融です。金利は15.0%~20.0%とごく一般的です。来店不要でインターネットから24時間いつでも申し込みが可能です。即日融資も可能ですので、急いでいる人にもありがたい会社です。借入金額に応じて毎月一定額以上を返済する仕組みです。

 

基本 借入審査

お金の借入は銀行や大手消費者金融でなく中堅や零細の消費者金融だと審査基準は違ってお金を借りやすい


スポンサーリンク

メガバンクや大手消費者金融を選ぶ理由

お金を借りるのなら大手の方が良いと考える人も多いようです。何をするにしても大手なら安心だと考える人は多く、何かを買うのなら百貨店だという人もいるようですし、車なら業界ナンバーワンのメーカーで、ブランドが大好きという人もいるでしょう。
 
このような人なら、借金をするにしてもメガバンクを利用しようと考えるのは自然なことです。有名であれば安心感もありますから、気持ちよく使うことができます。
 
しかし、銀行ではなく大手の消費者金融でもない貸金業者の中にも、使えるところもあります。百貨店でブランド品を買うと馬鹿高いのが普通で、同じようなものが安く売られている店を見つけることができる場合もあるでしょう。金融機関についても同じで、メガバンクなら安心感はありますが、同じサービスをより有利な条件で利用できる中小の業者を見つけられることもあります。
 
また、大手では提供できないようなサービスを提供している中堅の貸金業者もあります。ですから、大手では利用できない、あるいは大手では満足ができないという人なら、中堅の貸金業者を選択肢の一つとして考えてみるのも良い方法です。そこまでメジャーでなくても優れたサービスを提供している業者もあるのです。
 
 

大手になるとサービスは横並び

銀行や大手消費者金融ではなく、中堅の貸金業者を利用するメリットはいくつかあります。銀行や大手の消費者金融の方が優れている面もありますから、普通の人はそちらを利用する方が良いでしょう。
 
例えば、中堅の貸金業者は金利が高く設定されていることが多いですし、借入限度額も小さい場合が多いです。店舗数があまりなくて、手続きをするのに遠くまで行かなければならないか、あるいは郵送で時間をかけなければならない場合が多いです。このように考えれば、利用するデメリットも多くあります。
 
ただ、唯一のメリットは、審査に違いがあることです。一方的に審査が有利だと言うことではなく、違うと言うことが大事なことなのです。すでにご存じの方もたくさんいらっしゃると思いますが、銀行からの借り入れでは消費者金融が保証をすることが多いです。そのため、銀行のカードローンの審査は、大手の消費者金融が大部分を行っています。
 
また、大手になればだいたい横並びのサービスになってきますから、審査の基準などもだいたい同じようなものとなってくるのです。つまり、ある銀行で借りられない人なら、別の銀行でも借りにくいですし、大手の消費者金融からも借りにくいという状況になることがあります。それとは違うシステムを持っていることが重要なのです。

中堅の消費者金融

・キャネット
・日本ファイナンス
・エイワ
・ライフティ
・セントラル
・ライオンズリース
・関東信販
・フクホー
・スペース
・キャスコ
 
 

銀行や大手で借りられない人に最適

審査の基準が銀行や大手消費者金融と異なるのが中堅の貸金業者の特徴の一つだと言えるでしょう。ですから、銀行や大手消費者金融で借りられない人であっても借りられる可能性があります。
 
ただ、中堅の業者の中には、闇金まがいのものがある可能性もありますから注意が必要です。闇金に引っかかってしまうとその後は何かと面倒なことになりますから、できるだけ避けた方が良いのです。そのためにはどうすれば良いのかというと、最低でも貸金業者の登録をしているかどうか確認しておくべきでしょう。
 
また、口コミなどを調べてみるのも良い方法です。そこまで慎重になるべきなのかどうかと考えるかも知れませんが、闇金に引っかかると本当に面倒ですから、メジャーじゃないところから借りようと考えているのならここまで慎重になった方が良いのです。闇金でないことが分かれば利用するメリットは大きいです。銀行や大手とは違って融通が利くというのは非常に魅力的な点でしょう。
 
例えば、あと少しだけ何とか枠を増やして欲しいと言ったときに、それに応じてくれることもあるでしょう。そのためには信頼関係を築いておくことは大事なことですが、長く付き合えば困ったときに助けてくれるかも知れません。

 

タグ :

基本 借入審査

他社借入が2件、3件ある状態で銀行のカードローンの審査に可決する


スポンサーリンク

複数借入が審査に及ぼす影響

銀行にしろ消費者金融や街金(零細の消費者金融)にしろ、キャッシングやカードローンを利用する際には必ず審査を受けなくてはなりません。そこではさまざまな情報を伝えることが必要とされるのですが、その中でも特に重要な部分となっているのが「現在の借り入れ状況」(他社借入件数や借入総額)です。
 
ここには契約を申し込んでいる人が現在他の業者からどれくらいのお金を借りているのかということを書きこむのですが、ここは基本的に既に契約している業者の借入件数や借入額が少ないほど有利になります。
 
ではどうしてこういった影響が出てくるのかというと、基本的にどのような業者であっても多重債務者には警戒心を持つからです。例えば現在一円も借金をしていない人と、他社三社から合計100万円を借りているという人が申込みをした場合、間違いなく前者の方が有利になります。
 
これは現状一円も借りていないと言う人であれば自社の貸し付けだけでリスク判断が出来ますから、自社が多く貸しつけなければ返済不能になるリスクは無いとして判断できるからです。対して後者の場合は既に三社と契約している以上かなり借金を重ねやすい状況にありますし、そこに自社が貸し付けると多重債務がさらに悪化して返済が出来なくなるリスクが増えるでしょう。
 
こうした判断は特に銀行系業者で厳しく行われているのです。
 
 

銀行の審査で他行からの借入がバレる理由とは

さて、では銀行が実際にどれくらい厳しいかと言うと、これは銀行にもよりますが、厳しいところだと他行と契約しているようであればその人には融資をしないと判断するとこもあります。多少基準が緩めに設定されている銀行であっても、既に二つの銀行(他社借入2件)から借りているということになるとかなり厳しい結果になりやすいでしょう。
 
ですがここで少し気になるのが「自分が黙っていれば相手は気付かないのでは」ということです。確かに審査の際に自分は今一円も借金をしていませんと伝えて、相手がそれを信じれば自分の信用はかなり優れているとして思いこませることが出来るでしょう。ただ現実にこれが可能かと言うと、まず間違いなく不可能です。
 
と言うのも銀行も消費者金融も、申込みがあった場合には必ずその人の個人信用情報を確認するからです。個人信用情報は信用情報機関という団体が管理する情報で、ここにはそれぞれの個人がこれまでどういった業者でいくら借り、返済をどのようにしてきたのかといった情報が掲載されています。
 
これがある以上は情報を偽っても必ずそれがバレてしまいますし、むしろ情報を偽ったということで信用はほぼゼロとして扱われてしまいます。そのため嘘をつくのは全く意味が無く、自分に利益の無いことなのです。
 
 

お金を借りる時に嘘をついてしまうとどうなるの?

しかしながら絶対に嘘をつくなというのもかなり厳しいと言えるでしょう。特に他社からの借入額ということになると、完全に把握できていないということもあり得ます。例えば本当は11万円の借入があるのに10万円と申し込み用紙に書いてしまったなどの場合ですが、これはあまり問題にならず、単なる誤差として処理される可能性が高いです。
 
ですから病的に気にする必要は無いとして考えて良いわけです。ただこれが10万円単位で記録と違うということになると流石に銀行側も怪しいとして見ざるを得ませんし、そうなれば虚偽記載として扱うことになってしまいます。もし自分の借入額が分からなくなってしまったということであれば、この際には必ずこれまでの返済時の明細をチェックするようにしましょう。
 
明細には貸付残高もしっかり記載されていますから、明細を揃えて合算していけば自分の現在の借入総額は明らかになります。もし明細を無くしてしまった場合であっても各業者に対して問い合わせをかければ答えてくれますから、残りの返済額が分からないという際にはすぐに確認を取りましょう
 
お金の貸し借りでは個人でも業者でも誠実さが重要視されます。嘘をついてしまった場合、それが故意かそうではないかによらず悪い影響が出る可能性がありますので、常に誠実に向き合うように心がけましょう。

 

基本 借入審査

お金を借りやすい消費者金融はあるの?在籍確認なしの消費者金融はあるの?


スポンサーリンク

借りやすいキャッシングの見つけ方

カードローンを利用するときは、「審査が緩かったらいいなあ」とは誰しもが思うことではないでしょうか。消費者金融なら、多重債務者や過去に延滞を繰り返しているような人でない限りはお金を借りられる可能性は高いです。しかし、50万円が必要なのに、30万円までしか借りることができなかったら、あと20万円を借りるために他の会社もあたらなければなりません。できることなら、一発で希望限度額が借りられたらいいですよね。
 
しかし、借りやすいキャッシング業者を見つけようにも、審査基準などはいっさい公開されていません。インターネットや本屋に並べられている書籍をいくら探しても、銀行や消費者金融の審査の基準が書かれた本は見つかりません(笑)
 
こういった情報は内部秘密であり、勤めている時はもちろん、退職した後も口外禁止なのです。消費者金融などでは、入社の時に誓約書を書かれることもあるくらいです。
 
そもそも、「借りやすい」とはどういうことでしょうか?「入社して間もないので勤続年数が不安」、「アルバイトなんだよなあ」、「他社からも借金がある」など、悩みは人それぞれです。つまりは、人によって「借りやすさ」の基準は異なってくるということです。
 
 

借りやすいカードローンとは

借りやすいカードローンとは、「年収が低い」、「不安定な職業に就いている」、「過去に延滞をしている」など、人それぞれの悩みを解消してくれる商品のことを言います。
 
例えば、「年収が低い」というだけで他の項目に問題がないなら、銀行でも借りることができます。「過去に延滞をしている」という悩みを持っているなら、銀行は難しいので消費者金融を選ぶことを勧められます。それぞれの悩みに応じて、使い分けることが大切です。
 
年収を問題視する場合、法的規制も重要になってきます。銀行と消費者金融では適用される法律が異なってきます。前者では銀行法、後者では貸金業法が適用されます。後者では、「年収の3分の1を超える貸付ができない」という規制がかかります。それでは、年収の3分の1を超える融資を受けたいなら銀行を選ぶということになりますが、年収が低い人やアルバイト・パートの人などは銀行でも年収の1割~2割程度の融資しか受けられません。
 
公務員などの安定職に就いている人、年収が高い人などは年収の半分程度まで融資を受けられることも多いです。希望する貸付条件と、自分の属性とを照らし合わせて決めることが大切です。
 
 

電話確認や在籍確認を避けたい方

さて、キャッシングを受ける人の悩みは、属性の問題だけではありません。「自宅に電話をしてほしくない」、「職場への在籍確認を避けたい」という悩みをお持ちの方もいます。最近では審査内容も進化しており、これらの要望に応えてくれる金融機関も増えてきています。
 
職場への在籍確認については、原則としてどこの金融機関でも必ずあります。お金を貸すには、相手が働いていて収入があるということがとても大切だからです。申告された会社に働いていることの証明は必ずとらなければいけません。
 
しかし、職場に電話をしてほしくないという気持ちもわかりますから、最近では給与明細や社会保険の健康保険証を提出すれば相談次第で職場への在籍確認をなしで契約してもらえる場合もあります。給与明細は退職した後も先月の分が発行されますので、断られる可能性も高いですが、社会保険の健康保険証は退職すると返却しなければならないので、その会社に勤めているという証明になります。
 
自宅に電話をして欲しくない場合には、自宅の電話番号を書かずに、携帯電話の番号を書くとよいでしょう。今の時代は固定電話を持っていなくてもそれほど不利にはなりません。

 

基本 借入審査

消費者金融、街金、銀行カードローンなど、審査の緩いカードローンはあるの?


スポンサーリンク

審査内容は絶対にわからない

消費者金融や街金(中小の消費者金融)、銀行では、お金を借りることのできるキャシングやカードローンを提供しています。正社員から主婦まで借りられる、割と柔軟な対応になっているサービスですが、気になるのが審査基準です。
 
この基準について、口コミで緩い、厳しいなどの意見が飛び交っていますが、厳密にいえば、その基準内容は知ることができません。消費者金融や銀行が融資する際の基準は、絶対に口外しないことになっています。これは住宅ローンやクレジットカードの申し込みであっても同じです。
 
内容については、退職をした者であっても、口外できないようになっています。よくサイトやブログで、元職員などといい、融資の審査内容をいかにも知っているかのように記載している人物がいますが、そのようなサイトやブログの内容を鵜呑みにしないように注意してください。
 
ですが、ある程度の決まりなどを確認すれば、基準が緩い、もしくは厳しい消費者金融や銀行のサービスを予想すること自体は可能です。
 
 

意外にも厳しい消費者金融

基本的に消費者金融よりも銀行のサービスのほうが、金利が低く設定されていることが多くあります。そのため、消費者金融のほうが緩いと判断されがちですが、実際には厳しいと判断される要素が存在します。
 
消費者金融には、総量規制という法律を守る義務があります。総量規制では年収の3分の1までの融資に限られるという明確な決まりがあります。つまり、年収300万円の人であれば、100万円までの借入れしかできません。これは消費者金融だけでなく、貸金業法に則って融資をしている信販会社にも当てはまります。
 
この点を見れば、年収300万円の人が150万円や200万円を借りたいと願っても、絶対に許可されないため、消費者金融は厳しいと判断できます。
 
ですが、明確な基準があるために、年収の3分の1さえ超えなければ、融資を受けられる緩さを持っているとも解釈が可能です。但し、総量規制は他社の借入れも合算される点に、注意が必要です。
 
 

総量規制のない銀行なら緩い?

消費者金融や街金とは違い、銀行のカードローンであれば、総量規制の対象外です。現実として、収入のない専業主婦でも借りられる銀行があるくらいですから、審査は緩めだといえる部分があります。
>>専業主婦は消費者金融系での借入は無理?
 
ですが、銀行はまた独自の基準を設けていますので、必ずしも緩いとは言い切れません。明確な収入の条件が記載されていないと判断が難しいですが、ハードルの高めの融資サービスを参考にすると、おおよそ年収の半分くらいの金額が、条件になると予想できます。
 
ちなみに銀行のカードローンは申し込みの際に、希望額の記入欄がないことがよくあります。このような例では銀行側が独自に判断して、限度額を設定することがほとんどです。限度額が高いほど、難易度が上がると判断できますので、難易度を下げるためにも限度額が低いサービスに申し込むのがおすすめです。
 
例として、10万円~50万円までに限られた、少額の借入れに便利な銀行のサービスが狙い目になります。

 

基本 借入審査

消費者金融で初めてお金を借りるときの注意点とは?


スポンサーリンク

消費者金融の審査で確認される事項について

金銭的に困ってくるとお金を借りるために、消費者金融のキャシングに申込みをしたいと考えることがあると思います。
 
申込んだはいいけれど、金融業者の審査に通らなかったときには借り入れができなくなってしまいますので、問題が解決することはありません。消費者金融のキャシングを利用するときには、申込みの仕方や利用者の状況によっては借り入れができなくなることがあります。
 
申込書に記載しなければならない事項としては、勤務先の情報や年収などが挙げられますが、これらの事項については事実を書くべきで変えることはできません。近年の消費者金融の審査では、コンピューターを導入しているところが多く、利用者の個人情報を元にして返済能力があるかどうかが確認されます。
 
確認される事項としては、利用者本人に関する情報や、家族の構成、居住関係、他の金融業者から借り入れ(他社借入件数、借入総額)している金額などがあります。金融業者によっては利用できる年齢条件が設定されていますので、借り入れが可能な年齢の範囲内の人でなければなりません。
 
 

融資が実行されるかどうか大切なポイントについて

キャシングの申込みをしたときに行われる審査では、融資の可否のために利用されるものではなく、どの程度の金額であれば返済能力があるかを調べるために使われる情報が多いですが、その中でも直接的に融資の可否に影響を与える項目も含まれています。
 
融資を受けられるかどうかについて、不利になる内容であったり、虚偽の申請をしたときには融資が実行されなくなることが考えられます。時間の間隔を空けることなく、連続的に申込みを行っていることや、法律で制限されている総量規制の範囲を超えた融資を希望しているときなどは、審査に通過できないことがあります。(俗に申込ブラックと言われる)
 
重要なポイントになりやすい点としては、1度落ちてから6か月以内に再び同じ消費者金融に借り入れの申込みをすることや、同時に複数の金融業者に対して借り入れの申込みをすることが挙げられます。
 
消費者金融はお互いに信用情報機関に問い合わせをして情報を共有していて、他社に対して借り入れの申込みをしている情報を得ることができるので注意しましょう。
 
 

総量規制を意識して借り入れの申込みをしよう

借り入れをしたいと考えたときに、融資が実行されるかどうかで大切になってくる点は収入と年齢になります。
 
年齢については業者が設定している借り入れ可能な条件の範囲内であれば、融資を受けることはできません。収入に関しては、消費者金融の場合には貸金業法に基づいて融資を行う事業となりますので、法律で規定されている総量規制の適用を受けます。
 
総量規制とは、年収3分の1を超えて融資を行ってはいけないという制限ですので、無職の人であったり、年収が少ない人の場合には、得ている金額の3分の1以上の融資を希望したときには借り入れができません。そのために借り入れの申込みをするときには、総量規制のことを意識して利用したい金額を記載することが重要です。
 
また、現在において借り入れが無かったとしても、過去の取引において問題が生じているときには不利になります。滞納の問題については3か月間以上に渡って返済が滞ったときには、ブラック扱いになることが考えられますし、債務整理などの金融事故を起こしているときにも、借り入れができない理由になります。

 

基本 借入審査

キャッシングでお金を借りる時、他社借入件数や借金総額、勤続年数などの嘘はダメ


スポンサーリンク

嘘は信用を著しく落とす

日本にはいろいろなことわざがあって「嘘も方便」などと言うこともあります。嘘をついたとしても、その結果として良い方向へ向かうのなら方便として使っても良いという意味で用いられます。それは日本の文化として大事にしていけば良いのですが、キャシングの審査の時には、嘘が致命的な原因になることもありますから注意しなければなりません。
 
バレなければ良いと考える人もいるようですが、そう考えるべきではありません。また、不安があって嘘をついてしまう人もいるようなのですが、絶対にするべきではないでしょう。
 
お金を借りるときに最も大事なものが「信用」です。信用がないと借りることはできません、嘘をつくことによって、信用を著しく落としてしまうことになるでしょう。それによって二度と借りられなくなることもありますから注意しなければなりません。嘘はバレるものだと考えておいた方が良いです。バレる仕組みをここでいくつか紹介したいと思います。
 
 

勤続年数の嘘がばれるケース

勤続年数が短いと審査で不利になります。そのために、実際よりも長く書いて申し込みを使用と考える人もいるようです。今まで金融関連のサービスを一切利用したことのない人なら、それがバレない可能性はありますが、金融業界というのは互いに情報を共有し合っていますから、それによってバレる可能性があります。
 
転職をすると、金融機関に対して変更の届けをしなければならないのが普通です。例えばクレジットカードを作るときには、会社の情報を記入します。転職をすればもちろんそれを届け出なければなりません。
 
その情報は、信用情報として共有されるという点に注意が必要です。ですから、キャシングやカードローンの申し込みをするときに、勤続年数を実際よりも長く記入して申し込んだ場合に、信用情報の調査の段階でバレてしまうことがあるという点に注意しなければならないのです。これが原因で落ちたとしても、原因は教えてくれませんから、知らない人も多くいるようです。
 
 

書類からバレるケース

貸金業法が改正されたことによって、消費者金融などから50万円を超える融資を受けようと思えば、収入証明書類の提出が義務づけられました。そのために源泉徴収票の提出をするケースが多くなってきたのです。
>>収入証明不要でのキャッシングも可能である?
 
源泉徴収票を提出することによって、年収を偽ってもすぐにバレてしまうことが分かるでしょう。貸金業法では50万円を超える融資の際には提出しなければならないと定められいます。それとともに、複数社から借入をする際には、その合計金額が100万円を超えるときにも提出しなければならないと定められていますから注意しなければなりません。提出しなくて良いと思っていたのに提出を求められるケースもあるのです。
 
法的な理由だけではなく、業者側が独自に提出を求めるケースもありますから、これも注意が必要です。また、源泉徴収票には年収だけではなくて、入社した、あるいは退社した情報なども記載されますから、それによって勤続年数がバレてしまうこともあります。

 

基本 借入審査

給与を毎月もらう人は自営業者やフリーランスと違い、返済能力が高いのでお金を借りやすい


スポンサーリンク

給与を確保することのメリット

キャッシングやカードローンなどお金を借りるときでは、審査用紙に職業を記入する必要が出てきます。銀行や消費者金融は、相手の職業とそのタイプを確認して融資における判断をしていくのです。
 
正社員においては、企業からもらえる給与が存在しているので返済金の確保という意味合いが出てきます。他方で、アルバイトやパート、派遣社員などの非正規でも会社から毎月お金をもらえることになっています。そのため、そのような人々が申し込んでも返済のための資金を期待することが可能です。このように、会社から給与を得ている人はお金を借りるときにおいては利得があると指摘できます。
 
 

返済の確実性を求める

資金を貸す側は、貸した金を返してもらう必要があるため借り手が職業に就いているかどうかについて詳しく知っていきます。企業などに勤務していれば、雇用形態に関係なく給料が支払われるという点が存在しています。
 
また、非正規状態でもある程度まとまった期間を働く状態となっています。そのため、給料をもらえる期間については資金を返してもらうことができるのです。さらに、非正規でも雇用継続の更新をすることで給与をもらい続けることが可能となります。そのため、貸し手はその期間中においても借金の返済を期待することができるようになるのです。
 
 

日雇い労働者が資金を得る手段

日雇い労働者が仕事がない日においては、別の形でお金を稼ぐ方法が存在しているのです。それは、別のアルバイトサイトで仕事を見つけてそこで給与を確保するというやり方です。それらに加えて、複数の副業サイトを活用して資金を獲得するという手法があります。
 
(参考)稼げる副業
>>アフィリエイトとは?
>>せどりとは?
 
別の方法によるお金の稼ぎ方を知ることによって、獲得方法の視野を拡大することが可能になります。その上、毎月続けることによって別の場所から資金を手にするという状態になっていきます。すると、借金をしなくても安定して収入を確保していくことが可能な状況を成立させることができるのです。

 

基本 借入審査

18歳でもお金は借りられるの?~消費者金融や銀行カードローンは無理だが、学生ローンは借りれる?


スポンサーリンク

各企業の年齢制限は20歳以上

まだ未成年の学生であっても、学業にお金を使うことは多くあります。そればかりでなく、レジャーやショッピングを楽しんだり、携帯電話の料金を支払うなど、意外にもお金が必要になるものです。
 
お金を借りるなら、消費者金融や銀行カードローンでのキャシングが適していますが、これらのサービスで18歳の未成年が借りられる例はそうありません。
 
消費者金融のモビットでは、20歳~65歳までの申し込みを受け付けています。プロミスとアコムだと20歳~69歳、レイク(新生銀行)なら20歳~70歳まで、銀行のバンクイック(三菱東京UFJ銀行)の場合では20歳~65歳未満です。
 
これらを見ればわかるように、年齢制限が20歳以上であることが原則で、18歳では申し込みができないようになっています。年齢制限は絶対ですので、18歳でも申し込めないかと、各企業に相談しても受け入れてもらえません。今すぐお金が必要な18歳の若者にとっては、大変厳しい壁が立ちふさがっているといえます。
 
 

キャシングが20歳以上である理由

融資をする消費者金融や銀行が、18歳の未成年の申し込みを断る理由には、明確なものがあります。それは法律が大きく関わってきます。
 
20歳に満たない未成年は、親の同意がない限り、法律行為ができないことがまず一点です。そして、未成年が法律行為をすると、取り消すことができるようになっているのがもう一点の理由です。
 
つまり、カードローンやキャシングといった契約を、未成年というだけで、取り消すことができるとも解釈できる法律になっています。このような不確かな契約者に対し、各企業は融資をするリスクを負うことを避けます。確実に契約を守り、返済を滞り無く行なってくれる相手を好むからです。
 
これらの理由があるために、18歳でまだ未成年という立場の学生や若者は、融資までの難易度が極めて高くなっています。ちなみに、アルバイトで収入を得ており、返済ができるほどきちんとした金銭感覚があったとしても、この立場が変わることはありません。
 
 

18歳からでも借りられるところが存在

未成年では融資を受けられないと、がっかりすることはありません。世の中には18歳の学生に対し、融資をしてくれる消費者金融がいくつか存在します。
 
俗に学生ローンと呼ばれているもので、学生の立場であることを証明できれば、これら消費者金融から借りることができます。主に中小の消費者金融がサービスを提供しており、マルイやアミーゴ、友林堂やカレッジ、アイシーローンといった業者が存在します。
 
この中でアミーゴだけは、20歳以上の年齢制限が条件に入っていますが、その他の消費者金融なら特に年齢制限の記載がありませんので、18歳でも申し込める可能性があります。
 
本人確認書類は学生証のみで可能なところが目立ちますが、運転免許証や保険証があると、融資額をアップしてくれる場合があります。
 
ですが、年齢制限が記載されていなくても、18歳では借りられないケースはありますので、事前に問い合わせることをおすすめします。トラブルを避けるためにも、必ず信頼のおける業者の利用に限定しましょう。

 

基本 借入審査 基本 学生ローン

即日借入して今すぐお金を借りるためには?大手消費者金融かメガバンクのカードローンに限る


スポンサーリンク

金融機関によって異なる審査時間

金融機関からお金を借りる場合、キャシングやカードローンがあります。キャシングは原則翌支払い月にまとめて返済するタイプの借り入れですが、現在ではリボ払いもできるようになっているため、ほとんどカードローンとの違いはありません。
 
(参考)リボルビング払いってなに?
 
一般的に消費者金融のほうが審査時間は早く、最短では即日で契約することも可能です。銀行の中にも即日で審査が完了するようなところも増えています。メガバンクであるみずほ銀行、三菱東京UFJ銀行やりそな銀行などは即日融資も可能である。それは審査をグループ銀行内の消費者金融に任せることによって、消費者金融が持つ無担保融資(無担保・無保証人)の審査ノウハウを利用することができているためです。
 
店頭でも申し込みはできますが、CD機(自動契約機)やネットからの申し込みのほうが早く対応してもらえる傾向があります。
 
 

カードの受け取り方法の注意点

無事に契約できた場合でも、即日借り入れができないケースがあります。それは発行されるカードを郵送で受取にしている場合です。郵送には数日かかってしまいますので、どうしても即日で借り入れをしたい場合は、自動契約機などのカードがすぐに発効される方法を取るしかありません。
 
中には契約が完了していれば電話による振込融資をしてくれる金融機関もあります。申し込みをする前に、振り込み融資に対応しているかどうかも確認しておくと良いでしょう。カードを利用したATMからの引き出しは手数料がかかることもありますが、電話での振込依頼では手数料がかからないものも多くあります。
 
手数料は借り入れコストの中で金利の次に高いものですので、できるだけ抑えるようにすると良いでしょう。
 
 

自分の信用情報を確認しよう

契約前には必ず申込者の信用情報が確認されます。信用情報にはその人の保有している他のカードの利用履歴や、申し込み状況、支払い状況などが記録されています。他社で延滞をしている場合、貸し出しをしても返済してもらえないというリスクが大幅に高まります。
>>キャッシングで即日融資でお金を借りるために大切なことは?~在籍確認&信用情報
 
そのため他社に借り入れがあって滞納がある場合、ほとんどのケースで落ちてしまいます。信用情報は1000円程度の手数料を払えば、個人でも確認することができます。
 
自分の信用情報がクリアになっているかどうかチェックしてから申込をするのも良いでしょう。申し込みは月に多くても3件までにしましょう。たくさん申し込みをしても「申し込みブラック」という状態になってしまい、拒否されてしまうためです。

 

基本 借入審査