借入審査

即日借入審査のカードローンで今すぐお金を借りるには

大学生が100万円を借りる~総量規制の問題があるので消費者金融ではなく銀行カードローン


大学生のための借入先について

未成年のうちは何をするにしても親権者の同意が必要になりますから不便なのですが、20歳を超えれば法律上は自分でいろいろなことができます。お金についても同じで、親の同意がなくても問題はないのです。大学生も例外ではなくて、自分だけで借金をすることもできるのですが、多額の借入は難しいというのは実情です。
 
では、実際にはどれくらいまで借りられるのでしょうか。100万円くらい借りようと思ったときには、どこへ申し込みをすれば良いのでしょうか。その前に、大学生であることがデメリットになると言うことも知っておかなければなりません。
 
大学生ですから収入は不十分だと言わざるを得ないでしょうし、人間としてもまだ未熟だと考えられますから、多額の借入をするのは難しいと言わざるを得ないのです。高額の借入の審査をパスできるのかどうかと言うのは、なかなか難しいところです。そのためは、まずどこから借金するのかを考えることも必要となります。基準が厳しいところなら借りられない可能性もありますから注意しなければなりません。
 
そもそも学生はお断りというところもあります空、このあたりのこともよく考えた上で申し込まなければならないのです。
 
 

大手の消費者金融での借入とその限界

サラリーマンや公務員ではないと信用力の面ではやや劣ります。信用力があまりなくても貸してくれる代表的な金融機関が消費者金融だと言えるでしょう。ですから、大学生が借りようと思ったときにも、消費者金融なら大丈夫だろうと考えるのは自然なことです。
 
大学生が消費者金融から借りられることを知らない人も多くいるようですが、大手でも大学生に対して融資を行っています。「大学生歓迎」などと書かれているわけではありませんから気づかないかも知れませんが、プロミスやアコムなどの大手消費者金融では対応しています。正社員でなくても借りられるというのなら、大学生でも借りられると考えて問題はないのです。
 
ただ、この場合には20歳以上であることは必須の条件の一つだと言えるでしょう。そして、アルバイトなり何なり収入があることも条件となりますから注意が必要です。アルバイトをしていれば一応のところは収入として認められますから、それによって借りることも無理ではありません。
 
ただ、総量規制があることについては是非知っておかなければなりません。総量規制がありますから、借りられたとしてもその金額は大きくはないと言うことも知っておくべきでしょう。
 
 

学生が借りるのなら専門的な業者を利用

アコムやプロミスなど、大手の消費者金融から借り借りることはできなくはありませんが、元々大手の消費者金融はサラリーマンを主な顧客として商品設計をしていますから、大学生は申し込みができるとは言っても、それほど有利にはならないと言わざるを得ません。それならば、大学生に対して積極的な融資を行っている業者を選ぶのは良い方法でしょう。
 
いわゆる学生ローンと呼ばれる業者が会って、有名なところではベル、アミーゴ、カレッジ、アイシーローンなどがあります。借り入れできる金額の上限は50万円となっていて、金利もやや高めに設定されていますが、学生向けのサービスを提供していると言うことから利用しやすいと考えられます。
 
学生と言っても総量規制は守らなければなりませんから、100万円を借りるためには年収が300万円必要になります。それなら総量規制のかからない銀行から借りる方が良いと考えるのは自然なことでしょう。
 
例えば三菱東京UFJ銀行のバンクイックは使いやすいカードローンとして人気を集めているようです。大学生が利用できるのかどうかと言うと、これは特に問題はありません。ただ、総量規制がないと言っても数十万円くらいが限界でしょう。
 
参考:
18歳でもお金は借りられるの?~消費者金融や銀行カードローンは無理だが、学生ローンは借りれる?

 

基本 学生ローン

浪人生でもキャッシングはできるのか?アルバイトをしてて20歳以上であれば借入OK


利用をする為の条件は

浪人生であっても、条件を満たせば、キャッシングを利用する事が出来ます。
 
条件となるのが、20歳を超えている事、そしてアルバイト等による定期的な収入があるという事です。この条件を満たせば、キャッシングの利用が可能となり、いつでも必要な現金を手軽に借りる事が出来る状態を作る事が出来ます。
>>18歳でもお金は借りられるの?
 
浪人中の生活は人によって異なります。お金の心配をしなくて良い人の場合、お金を借りる事を考える必要自体ない事になります。それに対して、一定のお金の中でやりくりをしていかなければいけないという状態の人も少なくありません。
 
お金の心配がない人は、浪人期間中、しっかりと勉強に集中できるのに対し、お金のやりくりが必要な場合、お金の事ばかりが気になり、勉強に集中出来ないという悪循環に陥ってしまう事も少なくありません。更に、浪人中であっても、友人からの誘いがあれば参加したいという人もいるでしょう。
 
その時に、お金がなく参加できなければ、その事がストレスになり、勉強に影響が出る可能性もあります。そんな時、キャッシングを利用する事が出来れば、安心して参加し、また勉強を頑張れる状態を作れます。ですから、条件を満たしていれば、利用を考えてみる事がお勧めです。
 
 

借入できる金額について

キャッシングを利用して借入できる金額は、銀行か消費者金融に変わります。銀行は、銀行が独自に設定している上限額まで借入が可能となっており、500万円以上の高額融資も可能となります。
 
それに対して、消費者金融は、総量規制の対象となり、借入の上限は年収の1/3となります。ですから、年収150万円であれば、上限は50万円となりますが、最初はそれよりも低い金額が限度額として設定され、その範囲内でやりくりをしていく事になります。一般的に消費者金融の方が、審査が甘く通りやすいとされています。
>>消費者金融は総量規制で銀行カードローンは総量規制対象外
 
その為、浪人生の場合、消費者金融の方が良いと考える人も少なくありませんが、銀行でも利用可能という事は珍しくありません。浪人生といえば、とても不安定な立場と考えてしまう人もいますが、学校を卒業し、アルバイトをして収入を得ているのであれば、銀行や消費者金融から見た場合、その立場はフリーターとなります。ですから、意外と問題なく、審査に通るという事も珍しくありません。
 
アルバイトでの収入が少ない等、審査を受ける為の条件に不安がある場合、情報収集をして、少しでも審査に通りやすい業者を探すようにする事がお勧めです。
 
 

実際に利用を始めたら

浪人生の間に、キャッシングの利用を始めた場合に、注意をしておきたいのが、使い過ぎです。浪人生であっても借りたお金はしっかりと返済をしていく必要があります。借入金額が大きくなると、返済期間が長くなるだけでなく、支払う利息も増える事になります。
 
20歳を超えた学生の場合、1年から2年の間に就職をする事が殆どで、就職をすれば初任給やボーナス等まとまったお金で一括返済も可能となります。
 
それに対して、浪人生の場合、志望校に受かった後、更に4年以上の期間、学生であるという事になります。キャッシングを利用し過ぎていると、志望校に受かった後、返済に追われる状態になるという可能性もあります。
 
この状態を回避したいと考えた場合、20万円以内等、使い過ぎても無理なく返済が可能な限度額にしておく事がお勧めです。限度額は大きい方が良いと考える人も少なくありませんが、確実な返済の目処が立たない場合、少額にしておく事で、使い過ぎを防ぐ事が出来るようになります。
 
浪人生でアルバイトをしてれば、フリーターとみなされ、キャッシングの利用が可能となりますが、使い過ぎは注意が必要です。その為には、低めの限度額を心がける事がお勧めです。

 

基本 学生ローン

留学資金を借入をクレジットカードのキャッシング枠やキャッシングでするのは可能?


留学のためにはどれくらいのお金を用意するべき?

留学は多くの若者にとって憧れのこととなりますし、またある程度年を重ねた人であっても新しいことを学びたいということで留学を志す人は少なくありません。
 
しかしながら海外で学ぶということが無料でできるはずもなく、留学の際には事前にある程度の資金を用意しておく必要があります。ではどれくらいの金額を用意しておくのが良いのかというと、これは留学の期間や行き先の国によって大きく変わってくるため何とも言えません。
 
ですが仮にカナダに3ヶ月間留学するということで言うのであれば、この場合最低でも50万円、可能なのであれば90万円ほどは用意しておくべきだとされています。
 
もし1年間の留学をしたいということであれば最低でも180万円、余裕を持つのであれば260万円ほどは用意しておかなくてはなりません。
 
こうした金額を見るとなかなか気軽に海外留学をすることも出来ないということになるのですが、その中で時折候補に挙がってくるのが「お金を借りる」ということです。業者から借金をすることで一時的に資金を手に入れれば、自分で用意する資金は少なくてもなんとか留学はできるようになります。
 
ただこの方法にはメリットもデメリットもありますので、慎重に検討を重ねる必要があります。
 
 

留学資金を借り入れるメリットとは

それではまず留学資金を借入という形で調達することのメリットは何かというと、まず大きいのは急いで資金を調達しなくてはならない場合に対応しやすいということです。
 
仮に50万円を来月までに調達しなくてはならないというような場合を考えてみますと、これは独力で何とかするというのがかなり困難です。持っている財産を売り払ったりすれば調達することはできるでしょうが、留学のために財産を売り払うというのはあまり賢い選択であるとは言えません。
 
ですが業者から借りるのであれば審査さえ通過しておけばすぐに借入をすることが出来ますので、急ぎの資金調達手段としては非常に強力であると言えます。全額借りるとなると流石に後の返済がかなり厳しいものになるでしょうが、自分で調達できる部分は自分で調達し、不足する部分だけを借り入れると言うような使い方をすれば後の返済負担もある程度軽減できることになるでしょう。
 
またクレジットカードのキャッシング枠や自動融資タイプのカードローンであれば自分が海外にいても利用することが出来ますので、「とりあえず留学のための資金は調達できた」と言う人であっても後の資金不足に備えて契約しておくと安心できるようになります。
 
 

留学資金を借り入れるデメリットとは

それでは続いてデメリットは何かというと、まず当然出てくるのが返済の際の負担です。
 
特に留学となると一回の借入額が大きくなるわけですから返済時の金額も大きくなりがちですし、一般的なカードローンだと自分が海外にいようがどこにいようが毎月返していかなくてはならないことになります。
 
しかし海外から日本国内の銀行口座に対して送金をするとなるとかなり手間がかかりますから、家族などに頼んで一時的に日本国内の口座の管理をしてもらう必要が出てくることになってしまいます。もしそれが出来ないというようであれば、事前に自分が留学から帰ってくるまでの間にどれくらいの返済をしなくてはならないのかということを計算し、お金を払って行かなくてはなりません。
 
またもう一つ大きなデメリットとなるのが、必要資金の借入をするということ自体が簡単ではないということです。特に一般的なカードローンはどこも契約したばかりの頃はかなり少額の融資し貸してくれません。
 
先ほど資金が必要になった時に素早く調達できるのがメリットだと述べましたが、これは事前に審査をクリアしていて、ある程度の融資枠があった場合に限定されます。そのため借入の形で留学資金を用意するのであれば、かなり早い段階から用意しておき、かつ海外に行く前に万全の状態にしておかなくてはならないのです。

 

基本 学生ローン

18歳でもお金は借りられるの?~消費者金融や銀行カードローンは無理だが、学生ローンは借りれる?


各企業の年齢制限は20歳以上

まだ未成年の学生であっても、学業にお金を使うことは多くあります。そればかりでなく、レジャーやショッピングを楽しんだり、携帯電話の料金を支払うなど、意外にもお金が必要になるものです。
 
お金を借りるなら、消費者金融や銀行カードローンでのキャシングが適していますが、これらのサービスで18歳の未成年が借りられる例はそうありません。
 
消費者金融のモビットでは、20歳~65歳までの申し込みを受け付けています。プロミスとアコムだと20歳~69歳、レイク(新生銀行)なら20歳~70歳まで、銀行のバンクイック(三菱東京UFJ銀行)の場合では20歳~65歳未満です。
 
これらを見ればわかるように、年齢制限が20歳以上であることが原則で、18歳では申し込みができないようになっています。年齢制限は絶対ですので、18歳でも申し込めないかと、各企業に相談しても受け入れてもらえません。今すぐお金が必要な18歳の若者にとっては、大変厳しい壁が立ちふさがっているといえます。
 
 

キャシングが20歳以上である理由

融資をする消費者金融や銀行が、18歳の未成年の申し込みを断る理由には、明確なものがあります。それは法律が大きく関わってきます。
 
20歳に満たない未成年は、親の同意がない限り、法律行為ができないことがまず一点です。そして、未成年が法律行為をすると、取り消すことができるようになっているのがもう一点の理由です。
 
つまり、カードローンやキャシングといった契約を、未成年というだけで、取り消すことができるとも解釈できる法律になっています。このような不確かな契約者に対し、各企業は融資をするリスクを負うことを避けます。確実に契約を守り、返済を滞り無く行なってくれる相手を好むからです。
 
これらの理由があるために、18歳でまだ未成年という立場の学生や若者は、融資までの難易度が極めて高くなっています。ちなみに、アルバイトで収入を得ており、返済ができるほどきちんとした金銭感覚があったとしても、この立場が変わることはありません。
 
 

18歳からでも借りられるところが存在

未成年では融資を受けられないと、がっかりすることはありません。世の中には18歳の学生に対し、融資をしてくれる消費者金融がいくつか存在します。
 
俗に学生ローンと呼ばれているもので、学生の立場であることを証明できれば、これら消費者金融から借りることができます。主に中小の消費者金融がサービスを提供しており、マルイやアミーゴ、友林堂やカレッジ、アイシーローンといった業者が存在します。
 
この中でアミーゴだけは、20歳以上の年齢制限が条件に入っていますが、その他の消費者金融なら特に年齢制限の記載がありませんので、18歳でも申し込める可能性があります。
 
本人確認書類は学生証のみで可能なところが目立ちますが、運転免許証や保険証があると、融資額をアップしてくれる場合があります。
 
ですが、年齢制限が記載されていなくても、18歳では借りられないケースはありますので、事前に問い合わせることをおすすめします。トラブルを避けるためにも、必ず信頼のおける業者の利用に限定しましょう。

 

基本 借入審査 基本 学生ローン