借入審査

即日借入審査のカードローンで今すぐお金を借りるには

キャッシングで借りたお金を返済できなくなった場合はどうする?


スポンサーリンク

お金を借りるということは

借り入れは手元にはないものの将来に返済できるだけの収入があるということを担保にしてお金を借りるということになります。このさいに借りたもののほか、借りた手数料として金利を支払う必要があり、一般的には毎月の給料から少しずつ返済していくことになります。
 
お金を借りることができるサービスとしては、銀行などが提供しているカードローンや消費者金融やクレジットカードのキャシングなどがありますが、いずれにしても利用するさいには本人の信用力に関する審査を受けて、それに通る必要があります。
 
審査内容として個人情報の確認、収入の確認、借り入れの有無の確認などで、サービスを提供する側が、この人なら問題なく返済してくれると判断された人のみ契約を結ぶことができます。
 
 

返せなくなる可能性とは

審査を受けた時には十分な信用力があったとしても、将来のことは実際にはわかりません。借金が返せなくなるリスクは生きている以上は存在することになります。
 
返せなくなる可能性が高いものとしては、借りすぎてしまったことや、収入が減ってしまったことなどがあります。借りすぎてしまうというのは、現在のキャシングやカードローンでは法規制が強化されたため少なくなっていますが、それでも本来返済にあてるべきお金を使ってしまった場合などは返せないケースがあります。
 
一方で失業や病気などで収入が減ってしまうケースもあります。この場合には十分な収入を得られなくなった状態であり、お金を用立てること自体が困難になり、借金を返すどころではなくなってしまいます。いずれにしても返せなくなったとしても金利だけは付いてくるので早めに対応する必要があります。
 
 

返せなくなった場合には

借金が返せなくなった理由によっては、はやめに対応することで余計な出費をしなくても済む場合があります。例えば病気をした場合には連絡をすることで返済の猶予を行ってくれるケースがあります。ただし、このさいの猶予は元金であり、金利だけは支払うのが一般的です。ただ連絡なしで延滞した場合には金利よりも高い利率の遅延損害金を請求されることになります。
 
一方で収入がなくなり返すことができなくなった場合には債務整理を行うのも一つの手段です。債務整理は借金が返せなくなった人向けの救済措置で、借金を減らすことが可能です。ただし債務整理を行うと信用情報機関に事故情報が登録されるので、5年から7年程度は新たな借り入れが出来なくなります。

 

基本 返済