借入審査

即日借入審査のカードローンで今すぐお金を借りるには

借入金額によっては収入証明不要でのキャッシングも可能である?消費者金融でもOK




スポンサーリンク

収入証明書不要でキャッシングをする

長い人生の間には、どうしてもまとまったお金が必要になることもあります。日ごろからしっかり貯金をしていればいですが、あまり貯金がないという人は、誰かに頭を下げて借金をするよりは、金融機関からキャッシングするといいでしょう。
 
最近は消費者金融だけでなく、銀行もいろんなカードローンを扱っているので、以前に比べるとお金を借りやすくなりました。
 
しかしキャッシングの申し込みをすれば、誰でもお金を借りれるわけではなく審査というものがあります。審査は貸したお金をしっかり返済する能力があるかを確認するため、収入を重要視する所が多いです。
 
特に消費者金融では総量規制があるために、年収の3分1までしか貸しだすことができません。なので高額な借入を希望する場合は収入証明書が必要になります。収入証明書は源泉徴収票や確定申告書など収入がわかるものですが、希望借入額が少額な場合は収入証明書不要でキャッシングできる所も多いです。
>>キャッシングと年収の関係には何がある?
 
キャッシングに申し込むとほとんどの金融業者では、在籍確認審査があります。申し込み用紙に書かれた職場に本当に働いているか電話で確認するものですが、金融業者名などを名乗ることはないので安心です。
 
 

キャッシング申し込みの時の必要書類

カードローンは限度額以内ならば何度でも借入ができるので便利です。ローンカードを持っていれば、いつでもどこでもお金を借りれるので最近ではいろんな世代の人が利用しています。
 
申し込みには担保や保証人も必要ないので、誰にも迷惑をかけずに借入ができます。必要書類は運転免許書や保険証などの本人確認書類で、借入金額によっては収入証明書が費用なケースと不要なケースがあるので、申し込む前によく確認するといいでしょう。
 
本人確認書類の住所と現住所が違う場合は、今住んでいる住所がわかる住民票の写しや、公共料金の領収書を提出しなければいけません。
 
即日融資を受けたい場合は、必要書類をしっかり揃えておかないと、審査が遅くなり即日融資が受けられなくなるので気をつけてください。
 
キャッシング審査に通りたいからといって、他社の借入などを嘘の申告をする人もいますが、信用情報機関ですぐに調べられるので嘘がバレてしまいます。嘘がバレるとこの人は信用できない人と思われ、審査に落とされやすくなるので、正確に申告することが大事です。
 
申し込み用紙に誤字脱字があると、嘘を書いていると思われ審査に通りにくくなります。提出する前に誤字脱字がないかしっかり確認してから提出しましょう。
 
 

キャッシング審査に通るコツ

キャッシングに申し込みをする場合は、いろんな書類を揃えなくてはいけないので、面倒くさいと感じる人も多いです。しかし最近は担保や保証人も必要なく、収入証明書も不要で申し込める金融業者も多いです。
 
収入証明書が不要になるケースは、借入額が少額な契約が多いですが、総量規制の関係で銀行と消費者金融では不要になる額が大きく違うので、よく確認することが大事です。
 
キャッシングの申し込みをすると、どこの金融業者でも審査をおこないます。審査はその人の返済能力を重視するので、勤務期間が短いと安定した収入がないとみなされ審査に落とされやすくなります。
 
たとえ収入が少ないパートやアルバイトでも、勤務期間が長ければ安定した収入があるとみなされるので、審査に通りやすくなります。できるだけ半年以上勤務してから申し込むようにしましょう。
 
どうしてもお金を借りたいからといって、複数の金融機関に同時に申し込みをする人がいますが、信用情報機関に申し込み履歴が残るので、この人は相当お金に困っていると思われ審査に落とされやすくなります。
 
一度審査に落ちた場合は最低でも3カ月以上の間隔をあけてから、他の金融業者に申し込むようにしましょう。

 

タグ :

基本 お金を借りる