借入審査

即日借入審査のカードローンで今すぐお金を借りるには

即日借入するための審査に通るには

カードローンの申込みは複数社に同時に申込むと不利になる

どうしても欲しい物があるけど貯金は全然ないし、給料日はまだ先だというケースもあります。給料の前借や友達にお金を借りるのはあまり好きではないという人は、金融業者からキャシングするといいでしょう。キャシングはカードさえ作っておけばいつでもどこでも、全国にあるコンビニATMから借入ができるのでとても便利です。


申込みはわざわざ店舗まで出向かなくても、パソコンやスマホなどからでも簡単にできるので、いろんな世代の人が利用しています。

申込めば誰でも融資を受けられるというわけではなく、場合によっては融資を断られることもあります。安定した収入があることが条件になりますが、安定した収入とは年収が多いことではなく、毎月決まった収入があることです。たとえ収入が少ないアルバイトや派遣社員でも、勤務年数が長く毎月決まった収入があるならば安定した収入とみなされ融資を受けやすくなります。
>>パートやアルバイトの人はキャッシングできるが、収入が少ないので返済計画は大事

一度に同時に複数の金融業者に申込むと、申し込んだ履歴が個人信用情報機関に残るので、この人はよほどお金に困っていると判断され融資を断られることになるので気をつけてください。複数社の金融業者に申込む場合は、ある程度の期間間隔をあけて申込みましょう。

スポンサーリンク

借入審査に一度落ちた場合

カードローンの利用者は最近とても多くなりました。大手銀行や大手消費者金融だけではなく、地方銀行や信用金庫、街金でも多くのローン商品を扱っているので、いろんな人が利用しています。

限度額以内なら何回でも融資を受けることができるので、いろんな用途に使えますが、気をつけなければいけないのは、限度額を高くしすぎると、借金をしている感覚がなくなり借り過ぎてしまい返済が追い付かなくなります。借入審査に落ちた場合は、すぐに他の金融業者に申込まない方がいいです。

申込んだ履歴が信用情報機関に残るので、すぐに申込むと申込みブラックになり、他でも借入を断られやすくなります。借入審査を断られた原因はいろいろ考えられますが、申込み時に誤字脱字があることも原因となります。誤字脱字があるだけで、嘘の申告をしていると思われるので、書類を提出する前は何度も確認するといいでしょう。

勤務先の電話番号も間違えてないかよく確認することが大事です。在籍確認で会社に電話をかけるので、間違った電話番号を書くと在籍確認ができなくなります。大きい会社の場合は、代表の番号を書いても取り次いでくれないので、自分の働いている職場の電話番号を書くといいでしょう。

一度借入審査に落ちた時の対処法

突然冠婚葬祭などでお金が必要になることもありますが、突然だと周りの人に借金を申込んでも断られる可能性が高くなります。そんな時のためにローンカードを作っておけば、いつでもキャシングができるのでいざという時はとても頼りになります。

しかしカードローンの審査に落ちることもありますが、そんな時はすぐに申込まず、なぜ借入を断られたか原因を考えることが大事です。返済遅延が多いことが原因になることもあります。自分は過去にキャシングの返済遅延はないから大丈夫だと思う人もいますが、携帯電話や通販の遅延があるだけでも借入審査を断られることがあるので注意が必要です。

他社からの借入がある場合も気をつけてください。借入額が多すぎると、融資を断られることもあります。どうしてもお金を借りたいからと、他社からの借入額をごまかして申告すると、個人信用情報機関で調べられて嘘の申告がバレてしまいます。嘘がバレると、この人は信頼できない人と思われるので、より融資が受けにくくなります。
>>キャッシングでお金を借りる時、他社借入件数や借金総額、勤続年数などの嘘はダメ

一度審査に落ちて同じ金融業者に申込む場合は、原因をしっかり追究してから再度申込みするようにしましょう。その時最低でも半年~1年以上は開けてから申し込むようにしましょう。

アイフルのカードローンでキャッシングする場合、在籍確認なしも可能である


アイフルで即日融資を受けたい場合

アイフルのカードローンを選択する場合の最大のメリットとして、すぐにお金を借りることができるという点が挙げられます。即日融資に対応していることはもちろんですが、申込から融資までが最短で60分で完了するといわれており、その早さは他のカードローンではなかなかみられない特徴です。
 
当日の22時まで融資が可能で、時間帯に関してもほかと比べて長いことが分かります。利用するための方法は、インターネットや電話、窓口と契約ルームの4つがあり、契約ルームではアイフルの店舗に設置されている電話ボックスを使って、オペレーターを通して手続きを行うことができます。
 
審査は早いと30分で完了し、振込融資を受けるか自動契約機でカードを発行し融資を受けることで、お金を受け取ることが可能となります。
 
 

カードローンの特徴について

即日融資に対応している点だけでなく、在籍確認の免除が可能な点もアイフルが提供するカードローンの魅力の一つです。通常であれば勤務先への在籍確認の連絡が行われますが、健康保険証と収入証明書を提出すれば、免除することが可能な仕組みとなっています。
 
学生や主婦であっても在籍確認免除は利用することができる方法で、周囲の人にばれずにお金を借りる必要がある場合には安心して利用できるローンといえます。
>>専業主婦が旦那に内緒でお金を借りるなら三菱東京UFJ銀行カードローン?
 
一方、早くお金を借りることができるぶん、金利がやや高いという点もあります。借入額に応じて4.5%から18%の金利となっており、銀行などと比べると高金利といえます。また他の消費者金融のように、新規契約者に対して無利息期間を設けるなどのサービスがないというデメリットもあります。
 
 

申込や返済の流れについて

申込については、即日融資を希望しない場合、窓口から申込を行うこともできます。その日に融資が必要な場合には、平日の14時までに申込と手続きを行っておくと、より確実に即日融資を受けることができます。
 
また夜に必要になってしまった時には、自動契約機の利用がおすすめです。電話の場合には女性専用のフリーダイヤルがあったり、窓口では担当の人に質問をしながら申込ができるので、自身にあった方法を選択するといいでしょう。返済に関しては口座を使った方法や、窓口での返済を選ぶことができます。
 
毎月の指定した日か、返済日の翌日から35日以内に返す方法のどちらかを選びます。1万円から借入をすることが可能で、融資までの時間が早いことから借りやすいローンですが、借金はなるべく早く返すことが大切です。

 

金融機関別 アイフル

北陸銀行からお金を借りるときの特徴~カードローン「スーパーNOW」は即日キャッシング無理?


北陸銀行カードローンの種類について

お金を借りる必要性が出てきたときには、大手の金融機関から融資を受けたいと考える人が多いかもしれません。ただし、様々な人が生活している圏内には地方銀行という存在があることが多く、全国の地方銀行でもカ融資が受けられるサービスを提供している金融機関があります。
 
北陸地方に住んでいる人にとって、利用しやすいカードローンとして北陸銀行のスーパーNOWがあります。北陸銀行が提供しているカードローンとしてスーパーNOWという商品があり、EXカードとゴールドカードの2つの種類のサービスが用意されています。
 
北陸銀行が行っている融資サービスの特徴は、利息が安いこととインターネット銀行が利用できる点となります。EXカードの金利は12.6%~14.6%、ゴールドカードの金利は9.8%~11.8%に設定されていますので、他の金融機関と比較しても低金利の融資を実現しています。
 
 

北陸銀行にはお得なポイントサービスがあります

北陸銀行カードローンは低金利で融資を行っているわけですが、さらにほくぎんポイント倶楽部に加入している人であれば、北陸銀行と様々な取引を行っていく中でポイント数が溜まっていって、利息が安くなるというサービスが行われています。
 
ほくぎんポイントが1200以上溜まっている人の場合には、3%分の金利が優遇されますので、かなりお得なカードローンと言えます。安い利息で借金することを希望している人は、北陸銀行から融資を受けることがおすすめです。
 
ほくぎんポイント倶楽部は、登録料は無料ですので借り入れの申込みをする前に加入しておくようにしましょう。北陸銀行のサービスには、インターネット上に存在しているモバイルバンキングと契約することで、ネット上でも利用できるようになります。
 
 

北陸銀行の融資サービスのデメリットについて

北陸銀行にはダイレクトAというサービスが用意されていて、契約を行うことでインターネット上で返済が可能になります。ダイレクトAを利用することで、ATMまで足を運んで返済をする手続きをしなくても済みます。北陸銀行から融資を受ける際の注意点としては、即日融資を受けられないことがあります。
 
借金をすることを希望している人の中には、すぐにお金が必要な状況であることも考えられますので、即日融資を受けられない点は大きなデメリットになると言えるでしょう。
 
また、口座を開設しておくことも借り入れの条件となりますので、事前に口座を用意しておくようにしましょう。ゴールドカードの方を申込みするときには、店舗に来店する必要がありますので手続きに手間がかかります。申込方法としてはインターネット上からの方法以外に、郵送や電話、ファックスによる方法があります。

 

金融機関別 地方銀行・信用金庫・その他