借入審査

即日借入審査のカードローンで今すぐお金を借りるには

即日借入するための審査に通るには

カードローンの申込みは複数社に同時に申込むと不利になる

どうしても欲しい物があるけど貯金は全然ないし、給料日はまだ先だというケースもあります。給料の前借や友達にお金を借りるのはあまり好きではないという人は、金融業者からキャシングするといいでしょう。キャシングはカードさえ作っておけばいつでもどこでも、全国にあるコンビニATMから借入ができるのでとても便利です。


申込みはわざわざ店舗まで出向かなくても、パソコンやスマホなどからでも簡単にできるので、いろんな世代の人が利用しています。

申込めば誰でも融資を受けられるというわけではなく、場合によっては融資を断られることもあります。安定した収入があることが条件になりますが、安定した収入とは年収が多いことではなく、毎月決まった収入があることです。たとえ収入が少ないアルバイトや派遣社員でも、勤務年数が長く毎月決まった収入があるならば安定した収入とみなされ融資を受けやすくなります。
>>パートやアルバイトの人はキャッシングできるが、収入が少ないので返済計画は大事

一度に同時に複数の金融業者に申込むと、申し込んだ履歴が個人信用情報機関に残るので、この人はよほどお金に困っていると判断され融資を断られることになるので気をつけてください。複数社の金融業者に申込む場合は、ある程度の期間間隔をあけて申込みましょう。

スポンサーリンク

借入審査に一度落ちた場合

カードローンの利用者は最近とても多くなりました。大手銀行や大手消費者金融だけではなく、地方銀行や信用金庫、街金でも多くのローン商品を扱っているので、いろんな人が利用しています。

限度額以内なら何回でも融資を受けることができるので、いろんな用途に使えますが、気をつけなければいけないのは、限度額を高くしすぎると、借金をしている感覚がなくなり借り過ぎてしまい返済が追い付かなくなります。借入審査に落ちた場合は、すぐに他の金融業者に申込まない方がいいです。

申込んだ履歴が信用情報機関に残るので、すぐに申込むと申込みブラックになり、他でも借入を断られやすくなります。借入審査を断られた原因はいろいろ考えられますが、申込み時に誤字脱字があることも原因となります。誤字脱字があるだけで、嘘の申告をしていると思われるので、書類を提出する前は何度も確認するといいでしょう。

勤務先の電話番号も間違えてないかよく確認することが大事です。在籍確認で会社に電話をかけるので、間違った電話番号を書くと在籍確認ができなくなります。大きい会社の場合は、代表の番号を書いても取り次いでくれないので、自分の働いている職場の電話番号を書くといいでしょう。

一度借入審査に落ちた時の対処法

突然冠婚葬祭などでお金が必要になることもありますが、突然だと周りの人に借金を申込んでも断られる可能性が高くなります。そんな時のためにローンカードを作っておけば、いつでもキャシングができるのでいざという時はとても頼りになります。

しかしカードローンの審査に落ちることもありますが、そんな時はすぐに申込まず、なぜ借入を断られたか原因を考えることが大事です。返済遅延が多いことが原因になることもあります。自分は過去にキャシングの返済遅延はないから大丈夫だと思う人もいますが、携帯電話や通販の遅延があるだけでも借入審査を断られることがあるので注意が必要です。

他社からの借入がある場合も気をつけてください。借入額が多すぎると、融資を断られることもあります。どうしてもお金を借りたいからと、他社からの借入額をごまかして申告すると、個人信用情報機関で調べられて嘘の申告がバレてしまいます。嘘がバレると、この人は信頼できない人と思われるので、より融資が受けにくくなります。
>>キャッシングでお金を借りる時、他社借入件数や借金総額、勤続年数などの嘘はダメ

一度審査に落ちて同じ金融業者に申込む場合は、原因をしっかり追究してから再度申込みするようにしましょう。その時最低でも半年~1年以上は開けてから申し込むようにしましょう。

八十二銀行でお金を借りる~来店不要で仮審査OK、自動融資機能もある


スポンサーリンク

長野県周辺地域限定のカードローン

八十二銀行は、長野県を中心に精力的に営業を行っている、地域密着型の金融機関です。お金がなくて困っている、今すぐ借金をしたいという人におすすめのカードローン「ニューマイティー」という商品を、八十二銀行では取り扱っています。
 
ニューマイティーは、全ての人が利用できるわけではありません。長野県の全域の他、新潟県上越地区、岐阜県中津川市や恵那市、群馬県高崎市に住まいがある人のみに限定して、商品が提供されているのが特徴です。
 
利用者が限定されている代わりに、お得なサービスが充実しているという魅力があります。知名度の高い金融機関の方が便利だろうと、そちらでお金を借りようと考えがちですが、その前にニューマイティーの内容をじっくりと調べてみると、さらに条件のよい借入ができる可能性があります。
 
 

ニューマイティーの特徴を紹介

金融機関でお金を借りるときには、利息を上乗せして返済することになります。ニューマイティーに関してもそれは同じです。利息の安さは金利の低さに比例しますので、確認しておきましょう。
 
ニューマイティーの金利は、年率8.975%~13.575%です。カードローンの場合、15%を切る年利だと、かなり低いと判断されますが、ニューマイティーの14%を切る年利は、驚愕といえるほど低く、大変お得だといえます。さらに、八十二銀行の口座を給与振込に指定したり、住宅関連ローンや無担保ローンの契約、確定拠出年金に加入していると、基本の年利から2.5%も割引になります。
 
借入限度額は30万円、100万円、300万円の3種類とシンプルです。総量規制対象外のため、年収に関係なく借入れがしやすくなっています。
 
 

申し込みで気をつけるべきこと

圧倒的な金利の低さが魅力のニューマイティーですが、注意したいのが専業主婦と学生です。パートやアルバイトでも申し込めるカードローンではあるものの、専業主婦と学生は申し込めない点が残念なところです。
 
年齢制限の低さについても気を付けましょう。完済時点で60歳までの年齢制限となっていますので、申し込みは若い内に行うことが推奨されます。
 
申し込みはネットや郵送、ファックスに窓口など、多くの手段が用意されています。一気に手続きしたいなら、店舗の窓口がおすすめです。電話にて審査の結果が知らされます。ネットや郵送、ファックスを利用した人は、この後に店舗の窓口まで赴きます。契約手続きを済ませれば、最短5営業日でローンカードが手元に届きます。
 
返済方法は自動引き落としと、ATMが利用できるようになっています。

 

金融機関別 地方銀行・信用金庫・その他

残高不足時にお金の融資が受けられる自動融資とは?


スポンサーリンク

お金の借り入れができるサービスの利便性について

昔と比較して現在では借金を手軽に行える世の中となっていて、様々な金融業者がカードローンのサービスを提供しています。お金を借りる必要があるときに、簡単な手続きのみで融資が受けられるものも多く、それぞれの業者ごとに設定されているサービスの内容が異なっています。
 
そのためにカードローンを選ぶときには、金利や融資までのスピード、使いやすさなど利用者ごとのニーズによって選択するものに違いが出てくるものと考えられます。
 
消費者金融が行っているサービスの利便性はますます向上しており、すぐに融資を受けたいときには24時間いつでも申込みができる業者や、審査のスピードが早いところを選択しておけば即日融資にも対応してくれます。
 
低金利で借りることを目的としているときには、無利息期間のサービスが行われている業者を選択することや、金利そのものが安いところ、ATMを使って借り入れや返済をするときに手数料が無料になるところを選ぶとお得です。便利さを重視したときには、インターネット上で振込み融資が行える業者であれば店舗やATMまで来店する必要がなくなりますし、ATMを使うことを考えているときには、提携先に大手のコンビニATMがあれば全国の様々な地域で使うことが可能です。
 
 

銀行口座の残高不足に対応してくれるサービス

このように消費者金融の行っているサービスは、利便性の側面においての向上が目覚ましいですが、その中でも注目するべき機能として残高不足のときに融資が受けられるサービスとなります。
 
お金を借りることを考える時期は、一般的には給料日前になることが多く、色々な人からの誘いや飲み会、突発的な出費が必要になったときに、預貯金を使い切ってしまって残高が不足してしまう事態があると思います。
 
金融業者のサービスによっては、銀行口座を指定しておくことによって、光熱費やクレジットカードの支払いについて、その口座から自動的に支払われるように設定しておけば、残高不足のときに連動して融資を行ってくれるサービスをしているところがあります。銀行口座の残高不足と連動して、光熱費などの支払い時において残高が足りなくなってしまったときに、自動的に融資を行ってくれるカードローンの機能があれば、万が一お金が無くなったときに便利です。
 
消費者金融のキャッシングの場合には、指定の銀行口座に振込み融資の依頼をすることで対応する形となりますが、それだと手続きが必要になりますし、融資が実行されるまでに時間がかかってしまうことも考えられます。
 
 

自動融資サービスのメリットについて

カードローンの種類には消費者金融が行っているものの他に、銀行が提供している融資サービスも存在しています。ほとんどの人が特定の銀行口座から、電気代や水道代などの光熱費を引き落とす形にしているものと思います。銀行のカードローンを選択しておけば、その銀行の口座を振込み先に指定しておくことで、残高不足時における自動融資のサービスを行っているところもあります。
 
また、大手銀行であれば借り入れ用のカードを作らなくても、元々保有しているキャッシュカードに借り入れ機能を付けることで、ATMを使って現金の融資が受けられるサービスが提供されています。
 
この方法を利用できる銀行であれば、新規に手続きを行わなくても、元々持っている口座からキャッシングが行えるようになります。自動融資サービスの大きなメリットというものは、引落日を万が一忘れていても支払いをすることができる点や、今まで使用しているキャッシュカードをそのまま使えるということ、新規の借り入れの手続きをしなくても良いことなどが挙げられます。
 
借り入れをすることで利息を付けて返済することになりますが、利便性が高いことから自動融資サービスのある銀行を選択しておくことがおすすめです。

 

コラム